04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

絶対可憐チルドレン 376th sansa. セブンス・ヘブン(3) 

フェザー葵ちゃんが美人すぎてやばい。超好み。
以下いつもの短いネタバレ感想。っていうか少佐に萌えながら色々こねこね考えて楽しんでるだけ。
---

「カタストロフィ号の魂となって、未来を見届けさせようと思ってたのさ」
「ノーマルと戦う旗印としてふさわしいと思っていたんだが、残念だ」

あ、コレあれだ。実現しちゃったら表面は「狙い通りだククク」と高笑いしながら内心傷付いていく系のパターンだ。
この人天邪鬼だから誰かがフォローしてやらないと勝手に自分で自分を追い込んでどんどん不幸にしていくんですよね。そんな面倒臭いおじいちゃんが好きだ……!


んで、ええと。
わざわざ皆本に「いざという時はためらうな」なんて伝言を残したってことは、フェザーは未来がああなってしまった時、皆本が薫ちゃんを撃ち殺すのもやむなしと思ってるってことですよね。つまり悲劇の要因は“皆本が薫ちゃんを撃つこと”ではなく“皆本が撃って止めなければならない何かを薫ちゃんがしてしまったこと”にある?
アンリミ8話(過去編後半)では予知の光景と対比させるシーンとして少年少佐を撃つ早乙女のシーンがあったわけですけど、早乙女のアレが本人が追い込まれた末の独善的な行動だったせいで、なんかこれまで自然と「皆本も同じように独善的な動機で薫ちゃんを撃つ」というイメージを持ってました。独善的は言いすぎとしても、皆本の気持ち一つで状況は変わるんじゃないか?的な。
でもそうじゃなくて実際は、もう状況があそこまで行くと皆本が撃つのは仕方がない、ってことか? んー、どんな状況なんだろう。そもそもフェザーは歴史を変えようとはしても皆本や薫ちゃんの想いを変えようとはしなかったしなぁ。

それとフェザーが消える瞬間に超能部隊の幻が見えたってことは、この人たちもフェザー化に参加していた?
物理的に無理がある気がするけど、他にもファントムシステムにされて死んだはずの未来ユーリちゃんがフェザーの中にいたことも考えると、ひょっとしてフェザーは時間軸をすっ飛ばした過去未来すべての超能力者の意識を内包していたりするのかも。少佐風に解釈するなら、そういう設定がされているだけで、実際のところは本当にただの幻でしかないんでしょうけど。
……あ、ところでその「フェザーは未来を書き換えるための装置」解釈でいくと、今回の超能部隊の幻も未来を書き換えるためにわざと少佐に見せた可能性がありますよね。そもそもフェザー京介君の意識を少佐の中に残しているのも、少佐の意識改革を行って、ひいては未来を変える足掛かりにしようという(たぶんフェザー自身無意識の)狙いがあるからかも。……でもそういう風に考えると冷たくて嫌な感じだなぁ。そんな合理的というか打算的な理由で少佐が変わってしまうのもそれはそれで嫌だし。

スポンサーサイト

Posted on 2014/02/21 Fri. 07:19 [edit]

category: アンリミ・絶チル

thread: 絶対可憐チルドレン  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/827-dca79edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。