07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

THE UNLIMITED 兵部京介 #06  『闇、走る(As true as a lie)』 

30分ドキドキしっ放しでした。そんな気になる所で一週間お預けとか、くそっ!くそ……っ!
やっべえよ少佐ガチギレしてるよ。アンディに感情移入して見てる分、ラストの少佐がマジ怖ぇ……。
こんな余裕ない少佐、原作込みでも初めてですね。薫にマジで当たるんだから、これは相当怒ってる怒ってる……ひいぃ。そんだけアンディがお気に入りで、スパイに徹された事に腹を立てたんでしょうけど。
アンディもアンディでバレるの早いよ! いや、展開的にもう仕方ない感じだったけど、だってまだ6話だぜ? 残りの話数どうすんだ主人公。次回次々回は少佐の過去編らしいから除くとして、あと、……あれ、もう残り3話か4話くらいしかないのか。早っ。
てか、ホントにアンディどうなるんだろう。少佐はかなり本気で殺す気っぽかったですが、まっさかココで死にはしないと思うんですよね。身元バレした後を描かずに何を描くんだって感じのキャラですし。でも少佐の方は手心加えてくれそうにないし、……もしかして少佐VSアンディになってアンディが勝っちゃったりする? 少佐あんまり体調良くなさげだし、一定時間封印能力の方が少佐に知られてなければ十分勝ち目はありそうな気が、しなくもない、ような。いや、見てた当初は少佐が怖すぎて「あ、アンディ死んだな」と思ったんですが、冷静になって考えると、あの狭い部屋の中ならアンディ有利ですよね。下手すれば部屋全体が無効化圏内に入りそうですし。でもアンディ勝っちゃったら今度は少佐が、アンディか或いは制圧にきた合衆国の人間に殺されそうだし……。うおおどうなるんだ! 気になる!

あと、アンディがユウギリにピーターパンの絵本を読み聞かせていたシーンは「お」と思いました。やっぱアンリミテッドの制作陣も永遠のモラトリアムとかそういうの意識して話作ってるんだなー。
因みにちょっと興味が湧いて「ピーターパン」で色々検索してみたんですが、結構この作品を連想させるワードなんかが見付かって楽しかったです。

『ピーター・パンはロンドンのケンジントン公園で乳母車から落ちたところをベビーシッターに見つけられず迷子となったことから年を取らなくなり、海賊のフック船長やインディアンのタイガーリリーが住む異世界・ネヴァー・ネヴァー・ランド(ネバーランド)に移り住み妖精・ティンカーベルと共に冒険の日々を送る永遠の少年である。

ネバーランドにはピーターと同じように親とはぐれ年を取らなくなった子どもたち(ロストボーイ)がおり、ピーターは彼らのリーダー的な存在である。』
(wikipediaより)

幼少期にとある不幸が起こったせいで永遠の少年になる――この辺の設定が凄く少佐っぽいなーと。そんでもって、ピーターパンに絶対服従のロストボーイたちはパンドラのメンバーっぽい。
原作でもパンドラの事を『犯罪組織』ではなく『不良エスパー集団』と表現するシーンがあったりするし、やっぱりパンドラは(特に原作では)、ネバーランドの子供達みたくどこか思春期を脱しきれていない子供の集団をイメージして描かれてる気がします。それでもやってる事はマフィアを相手にした裏取り引きだったり虐殺だったりする訳で、その辺のギャップというか歪みみたいなものがパンドラという組織、そして兵部京介というキャラクターの空恐ろしいところでもあり魅力的なところでもあるんだろうなー、……なんて事をピーターパンの記事を見てニヤニヤしながら考えてました。(笑

因みに、
“ネバーランド=永遠に子供であることが許される要素=超能力”
“ウェンディ=ピーターパンが同士であり母親である事を求めた存在=薫”
ってのも当てはまるかな。
後者の一致も中々面白いですね。少佐が薫に抱いてる感情ってだいたいそんな感じっぽいですし。

じゃあアンリミテッドのアンディはどうなのかなーと考えると、……やっぱり彼もウェンディ要員? 現実世界(=ノーマルの社会)からネバーランドにやってきて、ピーターパンにも子供だけの世界にも惹かれはするけれど、その危うさも同時に感じとってる辺りとか。まぁ、アンディもウェンディも視聴者や読者の視点誘導役なんで、自然と似たポジションになるんでしょうけど。
6話で実際アンディが読みあげてた通り、ウェンディは最終的に自分の意志でネバーランドを去って、大人になっちゃうんですが、さてアンディの方はどうするのかなー――なんて同じ事を先週にも書いた気がしなくもないですが、ホントにどうなるんでしょうね、彼。最後は結局彼も、何らかの形でパンドラ離脱ENDに突入しそうな気がヒシヒシしてるんですけど、……あああああ続きが気になる!
あーもーあーもーオリジナルストーリーアニメってやっぱイイなぁ! 一週間やきもきしながら次の放送を待つこの感覚が楽しくてたまんねぇっす。アンディ死ぬなよ! 少佐も死ぬなよ……!

スポンサーサイト

Posted on 2013/02/13 Wed. 22:21 [edit]

category: アンリミ・絶チル

thread: THE UNLIMITED -兵部京介-  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/799-7b4b28a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。