04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ヱヴァンゲリオン・Q 観てきました。 


説明を要求する。
視聴者にじゃない、シンジ君にだ!!

「エヴァにだけは乗らんといて下さい」 ――だからその理由を説明しろっつーの! ギブミー状況説明!

なんかもう、「いいから誰かもっとシンジ君のメンタルを気にかけてやってくれ、頼むから」という感じだったヱヴァンゲリオン・Q。とにかくシンジ君が可哀想で可哀想で仕方なかったです。状況を知らされないまま責任だけ負わされて決断迫られるとか酷すぎる。
特にミサトさんですよ。サードインパクトのトリガーになったシンジに思うところがあるのは分かるし、状況が状況だったから呑気に説明してる暇がなかったとは思うんだけどさぁ。それでも、最初にシンジが目覚めた時点でちゃんと現状を把握させて、やるべき事とやってはいけない事を教えておいてくれれば後々あんな事には……。そりゃ彼女だって、彼女なりにシンジ君に情を持ってるんでしょうけど。そもそもシンジ君の事を殺さずに生かしている時点で相当な譲歩ですしね。でもさぁ、生かすんだったらアフターケアまでちゃんとやろうぜー葛城大佐。
つーか、TV版の頃から思ってたけど、みんなシンジ君のメンタル軽んじすぎじゃね? 新旧通して、彼のメンタルケアさえしていれば未然に防げた悲劇が一体どれだけあった事か。シンジ君はポテンシャルは高い筈なんだから、モチベーションを与えて維持するお膳立てを周りがしてやれば化けると思うんだけどなー。だって突然戦場に放り込まれた十七歳の子供が自分でモチベ管理とか無理に決まってるじゃん。そりゃ周りのサポートなしじゃ鬱ったりへこたれても仕方ないよ。


そんな感じで主人公に優しくない事に定評のあるエヴァンゲリオンですが、今回は視聴者にも優しくなかったですねー色んな意味で。
まーまー、大体流れで何がどんな事になってるかは把握できましたけど。

ゲンドウとゼーレの目的→フォースインパクトによる人類補完
ミサトさんやアスカ達の目的→ゲンドウとゼーレの目的阻止
カヲル君の目的→シンジ君の幸せ(人類補完されていない世界でシンジ君が周りに愛され生きる事?)の実現

でいいんだよね?
そんで終盤の展開はつまり、カヲル君がシンジ君の為にロンギヌスの槍を使って世界を復元しようとするんだけど、カヲル君の行動を見越していたゲンドウによってそのロンギヌスの槍はフォースインパクトを起こす装置とすり替えられていて、危うくフォースインパクトが起きるところだったのをカヲル君が自殺で阻止した、……っていう内容だったんだ、よ、ね?
うんまぁ、しかしぶっ飛んだ内容だったなぁ。
エヴァンゲリオンってエヴァが使徒と戦う作品だと思ってたのに、まさか今回、その前提がぜーんぶ華麗に吹っ飛んでるとは。主人公はエヴァに乗るのがタブーみたいに扱われるし、使途は何だか存在がオマケ要素に格下げされてるし……。そして舞台設定だけでも相当にアレなのに、碌な説明もないまま超展開に次ぐ超展開。たぶん世間では非難轟々でしょうね。この記事書き上げたらネットで感想巡りするつもりなんですけど、今から反応が超怖いっす。
……あ、因みに自分はこのぶっ飛び具合を支持したいクチだったりします。
寧ろこの色々な意味での理不尽さが心地良いというか、序・破が大人しすぎた分、やっと“らしい”エヴァが帰ってきたなーという感じ。序と破はわりと正統派な雰囲気で、そのまま行ってハッピーエンドに流れ込むのもそれはそれで良いかなとQを観に行く直前までは思ってたんですが、今は「やっぱ私がエヴァに求めてたのはこっちの流れだったんだな」と割かし本気で思ってます。少なくとも、現在Qを見てからだいたい24時間くらい経ってるんですが、この一日暇さえあれば内容を脳内でリフレインさせて「あのシーンはどういう意味だったんだう」と考え込んじゃってたくらいには楽しかったです。うん、楽しかった。



それにしてもカヲル君のループ説を思わせる数々の台詞は何だったんだろう……超気になる。
てっきり今回でアンサーが出るもんだと思ってたんですが、何も言わずにお亡くなりになっちゃいましたからね、彼。しかも「また会える」なんて意味深な台詞を残して。正体がアダムの魂だっていう設定からしてシンジ君とカヲル君の共存は不可能な訳だし、新旧共に彼が早期退場を余儀なくされるのは物語上仕方ないっちゃー仕方ないんですが、せめてもっと色々喋ってからいなくなって欲しかった……。周りがなーんにも説明してくれない現状、君だけが頼りだったのに! このままだと、その辺のカヲル君にまつわる謎は、次回のラストが終わっても明かされないような気がひしひしとして恐ろしいです。
あと、あのゼーレの老人たちはどういう状態になってたの? 知恵の身を手に入れたってどういうこと? ――とか、ラストシーンでアスカが「リリンが助けに来れる場所まで移動する」って言ってたけど君たちはリリンじゃないんかい? ひょっとしてエヴァに乗り続けると存在が少しずつ使途化(リリス化?)していくの? ――とか、色々と気になって仕方がない事が山積してるんですが、……おおお気になる! 監督の手の平で転がされてるって分かってても、こう意味深に謎を見せられるとホントのところがどーしても知りたくなるんだよおおぅ!

はー。次回は来年のいつになるんだろうなぁ。
いつになるにせよ次回は絶対また劇場に足を運びたいと思います。あー、待つ時間が辛いったら。

スポンサーサイト

Posted on 2012/11/19 Mon. 22:49 [edit]

category: その他アニメ

thread: 新世紀エヴァンゲリオン  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/791-c3d89c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。