06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

『人類は衰退しました』の感想というか紹介というか。 

あぁ、そういやもう新作アニメが流れる時期でしたね。
最近はどうも現行のアニメに対する興味がなくなって、深夜アニメの新作チェックとかも全くしなくなってたんですが、ちょっと手持ち無沙汰な時間ができたので気まぐれに見てみた『人類は衰退しました』の1話が意外とツボりました。


人類は衰退しました 妖精さんの、ひみつのこうじょう [Blu-ray]人類は衰退しました 妖精さんの、ひみつのこうじょう [Blu-ray]
(2012/09/19)
中原麻衣、石塚運昇 他

商品詳細を見る

絵柄は可愛いけど内容はシュールブラックで皮肉を交えた社会風刺満載。
おまけに「起承転結?人間ドラマ?盛り上がり?泣き所?なにそれおいしいの?」……という感じの、“物語性”っつーモンをバッサリ捨ててる作品なんで、正直ちょーっと安易にオススメできないアニメでしたが(笑)、ストーリーじゃなく設定そのものを追うことを楽しめるタイプの人なら、まぁ楽しく観れるんじゃないかなー。
旧人類と新人類の世代交代が間近に迫った世界観の中で、両者の調停官なるお仕事に就いている女の子が見聞きしたものを綴っていく――作風はそんな感じでした。どっちかというと、ファンタジー作品を観ているというより、手記やエッセイを読んでいる感覚に近い感じ。
必然的にこっちは主人公の目線に依存しながら世界観に触れていくわけですが、その主人公の女の子が妙に淡々としているというか、考えが大人びているというか、あまり感情的にならずにあくまで仕事として物事を見て回っているので、人類絶滅寸前という悲壮な世界観と主人公の目線との距離の置き方がすごく独特な風になってるんですよ。
だって普通、人類はかつての繁栄も空しく滅びに瀕している――なんて事になれば、「滅びたくない!」と足掻くか、「滅んでも仕方ないよね……」と諦めて受け入れるかの二択じゃないですか。なのにこの主人公は、絶滅って事実にもなーんか他人事なんですよね。足掻くわけでも諦めるわけでもなく、「私たち旧人類はもうすぐ絶滅しちゃうけど、そんな事より私は今のお仕事がんばります」みたいな。そういう主人公と世界観の温度差が、どうやら私のツボをぐりっと圧してくれたようです。これもいわゆるギャップ萌えの一種……なのか? 
とにかく、人は選ぶけどハマる人はハマるかもしれないよ、っていうお話でした。

ふむ、ちょっと調べてみたら、どうやら原作はライトノベルみたいですね。テンプレな萌えキャラ推し作品が氾濫する昨今のラノベ界にも、まだこんな類の作品あったんだなぁ。
値段も手頃だし、手を出してみるべきか、アニメが終わるまで我慢するべきか……うむむ。
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/07 Sat. 21:58 [edit]

category: その他アニメ

thread: 人類は衰退しました  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 1

07

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/08/02 11:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/782-21fbbfea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。