08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロックマンゼロ4 プレイメモその1 

ロックマンゼロシリーズ最後の作品、遂に開始。
因みに今回、1周目は特に縛りはせずにやっていこうと思ってます。属性攻撃もサイバーエルフも(入手できればサブタンクも)ガンガン使っていくつもり。とりあえず、まずはクリアすることを最優先に。
で、ハードモードやSランク取得等のやり込みの方は、クリアした後の2周目以降にやっていきたいと思います。

 
ダーンダーンダーンジャカジャカジャカジャカジャーンと、回を重ねるごとに派手になっていくタイトルコール。自分的には2のタイトルコールが一番好きでした。時点で1。やっぱロクゼロはそういうとこはシンプルな方が良いですよ。

お、4からイージーモードが追加されてますね。うん、でもイージー付けるタイミングが遅いよ。1、2、3とクリアしてきた自分が今更イージーを選ぶ訳ないじゃないですか。
…ただハードを選ぶのも怖いので(笑)、初回はノーマルでいきます。ハードだとどんな鬼畜制限が付けられるか分かったもんじゃないですし、まずこのゲームを存分に楽しむならノーマルですよネ。


2以降お馴染みの、前回のあらすじタイム。
BGMが3のオリジナル・ゼロ戦直前の曲だ!って、ボイス付き…だと…!
最初はシエルさんの声かな、と思ったんですが、どうやらネージュのものみたいですね。透明感のある綺麗な声だ。

4のオープニングは干からびた荒れ地から。2も荒野でしたが、あっちが砂漠だったのに対しこっちは川の跡地みたいな感じ。
ゼロの登場シーンは相変わらずのカッコよさ。でもあれ、何か絵の感じが違う…。シエルさんの顔も…。
なんか気になってちょっと調べてみたら、4だけ中山徹さんじゃなく前田浩克さんがイラストを描いているんだとか。えー何で中山さんから変えちゃったんだよぅ…えー…。


・ミッションその1

…気を取り直していきましょう。
今回のオープニングミッションはバイルのレプリロイドに襲われているキャラバンを助けるミッション。あ、ミッションコールのボイスもちょっと変わってますね。

まずはメニュー画面をオープン。
作品ごとにメニュー画面が変わってるのも楽しみなポイントですよね。今回はパーツリストが独立してます。グラフィック超かっけぇ。
おや、初っ端から新しいゼロナックルなる武器が追加されているもよう。
早速ゼロナックルを装備して使ってみようとしたんですが、これがまたイマイチ使い勝手が分からなくて…。因みに4は中古で説明書&パッケージなしのものを買ったので、説明書は見たくても見られない状態。仕方がないので手探りで色々試していきたいと思います。とりあえずそこらへんにうようよいる雑魚から武器を奪ってみたんですが、何これ使えねぇ…。

進めていくと、何かデッカイのきたー!やばい演出派手で面白い!
ボスは敵艦のコア的なもの。まぁオープニングステージのボスなんで強さもタカが知れてます。ビームをよけつつ、雑魚を倒しつつ、チャージセイバーを叩き込みつつではい撃破。
あ、それと何か今作からチャージセイバーを放つ時に「ハァッ!」みたいなボイスが付いてきてますね。正直違和感バリバリなんですけど、まぁやってるうちに慣れる…のか…?


ミッション 20P
クリアタイム 19P
ダメージ 16P
エネミーカウント 15P
リトライ 15P
ウェザーレベル 10P
エルフ 0P

---

トータル 95P
アベレージ 95P
レベル A
コードネーム ハヤテのセンシ

ウェザーレベル…?
よくわかんないけど、トータルの点数を見るにコレは10点満点なのかな?



バイル軍を叩きのめした後は、キャラバンの人達とのイベントに突入。
ここで流れるBGMの透明感がすげー良いっす。2のシエルさんの部屋の曲に通じるものがあって癒される…。これに歌詞が付くと『freesia』になる訳ですね。

「レプリロイドに、人間は礼も言えない奴だなんて思われたくないもの」
わお、何という上から目線。こっちは善意の無償奉仕だっつーのに、レプリロイドが人間を助けるのは当たり前と言わんばかりの態度。
ネオ・アルカディアの人間がレプリロイドに対する態度って、基本はこんなんなのかな。今まで漠然と、街の中じゃレプリロイドへの差別も激しいんじゃないかなーとは思ってたんですが、いざ目の当たりにすると結構ショックですね。

しかし仲間が去った後だと割と態度が柔らかくなったネージュさん。
ネージュさんは仲間に合わせてレプリロイドを嫌っているフリはしているものの、彼女自身にレプリロイドへの差別意識はないらしいです。…それにしてもデザイン結構可愛いですねネージュさん。ゼロやシエルさんなんかの絵には物凄く違和感あるんですけど、この子のグラフィックは普通に可愛い。
ネージュ曰く、ネオ・アルカディアは今やバイルに乗っ取られ奴隷の巣と化したんだとか。ネージュたちは、好き放題やっているバイルから逃げ出すためにキャラバンでネオ・アルカディアから荒野へと飛び出してきたんだそうです。
…正直自業自得だと思うんですけどね。バイルの心の内も知らずにコロッと騙されてエックスの後任としてバイルを支持したのは、他でもない人間自身なんですし。
で、ネージュたちが目指しているのはネオ・アルカディア外にある人間の集落『エリア・ゼロ』。だからもう自分たちには関わらないでくれと言い残し、ネージュたちは去っていきます。
「‥人間は、貴方が思ってるほど強くもなければ優しくもないの」


ゼロたちも自分のトレーラーに帰還。
今回はベースには戻らずトレーラーを拠点にするっぽいです。故に金髪のオペレーターさん等大勢のレジスタンスは今回はベース滞在で出番なし。ココに来てるのは、アルエットやセルヴォさん、自称情報通のイロンデルに茶髪ロングのオペ子さん、それから、えーと、この左端のごついヒト誰だっけ…。

人数が少なくなっちゃったのは残念ですが、その分ベース探索は楽になりました。今はまだ暇みたいですし、早速うろちょろしてきます。
アルエットー!今回もこの子はかわゆいなぁ癒される。でもこんな子供を現場に連れてきちゃって大丈夫なんでしょうか。いや嬉しいですけど。
セルヴォさーん。お父さんは今回も保護者やってますね! うむ、ゼロナックルやらチップやらレシピやら、色々ややこしそうな設定が追加されてますな。それぞれ実地で頑張って覚えていきたいと思います。

…ふぅ。ロリっ子分とお父さん分を補給し終えたので、一旦指令室に戻ってシエルさんとオペレーターから情報を聞きます。
エリア・ゼロとはイレギュラー戦争の折に巨大なスペースコロニーが落ちた場所。そこはコロニーの環境維持システムのおかげで徐々に自然が回復しつつあるらしく、人間が生活するのに充分な環境が整っているんだとか。――因みにその巨大なスペースコロニーってのは、X5で地上に墜落したコロニー・ユーラシアと同一のものらしいです。
ただ、まだ人間の集落の場所は特定できていないらしいので、ゼロが自分の足で行って調べてくる事に。いつものパターンですねわかります。



・ミッションその2

そんな訳でエリア・ゼロに転送されてきたんですが、……おお!ちょ、グラフィック美しい!ていうかBGM!BGMが美しすぎる!!
すごいすごい、こんな木漏れ日の落ちる森とか冷たくて気持ちよさそうな水があるステージなんてロクゼロ初じゃないですか!うわーすごい!これはすごい!
……あ、音楽と森の雰囲気に感動してる間に水に落ちた。やばい背景に見とれて操作が全然できない(笑

ま、ステージ自体はまだ短くて簡単でした。多分次ぐらいから激ムズになっていくんだろうなーとこれまでのパターンから推測。
ってうお、なんかロクゼロらしからぬ巨大ボスきたー!
ステージは広いし敵はデカいしの異色ボス戦ですが、特に避けるのが難しい攻撃はしてこないし、顔にしか当たり判定もないので、別段強くも何ともありませんでした。突然出てくる緑のわっかにだけ気を付けつつ、ほい撃破っと。
……しかしコレなんか、明らかに今までと全然デザインの方向性が違いますよね。ああそっか、ボスのデザインもキャラデザの人が考えてるんだっけ。中山さーん何で降りちゃったんだよーぅ!…いやコレも悪くないけど!悪くはないんだけど!でもコレから私の好きな『ロクゼロらしさ』がなくなっちゃってて寂しいんだよ…orz


ミッション 20P
クリアタイム 10P
ダメージ 13P
エネミーカウント 4P
リトライ 12P
ウェザーレベル 10P
エルフ 0P

---

トータル 69P
アベレージ 82P
レベル B
コードネーム カンゼンシュギのセンシ

上でステージもボスも簡単とか抜かしていた割に、早速ボロボロである。
で、ウェザーレベルって何だ。もしかして難易度のことか…!?


今回はリザルト後も更にイベントが続きます。ボス部屋の奥に行くと、暴れているニワトリを発見。
「‥まだザコが残っていたか‥」 ゼロさん流石の口のきき方っす。
さっきのが中ボスでコイツが本当のボスか!?と思いきや、奥にわさわさとボス級のレプリロイドが。あ、これは単なる顔見せイベントですね。
そして聞いても居ないのに好き勝手にベラベラと情報を喋ってくれるアインヘルヤル八闘士さんたち。敵にわざわざ作戦内容を教えるというまるでどこぞの戦隊モノのようなノリのボスたちに、ゼロが若干ノリについていけなくて困ってるように見える…(笑。
しっかし全員揃ってる今のうちに総攻撃でゼロをボコっちゃえばいいのにねー。立て続けにネオ・アルカディアの攻撃部隊を単身で3つ屠ったり、ネオ・アルカディアの最終防衛ラインを2回も破った武勇伝を持つゼロ相手に、随分余裕ですねクラフトさん。

因みにアインヘルヤルっていうのは、北欧神話に登場するヴァルハラという宮殿に集められた戦士たちのことらしいです。「単独で戦う者」の意なんだとか。
因みに、某所で「神話でアインヘルヤルを束ねていた神の名がバイル」って話を聞いて、それは面白いネーミングだと思って調べてたんですが、そっちの方はどうやらガセだったみたいです。アインヘルヤルの主はワルキューレですね。バイル(vile)は英語で『卑しい』の意味みたいです。…ちっ、バイルの名前の由来が神なら、ゼロが神を殺す=レプリロイドが神(レプリロイドにとっての人間)という概念を打ち壊す、っていう面白い構図になったのに。



スポンサーサイト

Posted on 2010/10/30 Sat. 23:30 [edit]

category: ロックマンゼロ4

thread: ゲームプレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/694-2a11d2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。