10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロックマンゼロ3 プレイメモその1 

何やらタイトルコールの映像の趣向が変わりましたね。エグゼっぽくなったというか。
あと、ステージの雰囲気もなんとなーく様変わりしたような気がします。こう、全体的に色彩が明るくなったような…?
 

・オープニング

どんなゲームでも、一番最初にタイトルだったりOPだったりを見る時って凄いドキドキしますよね。今回も例に漏れず、若干緊張しながら『はじめから』をプッシュ。
まずは微妙に分かり難い前作までのあらすじからスタート。――だからBGMがかっこいいんだってばー!この重い曲調がイイ! 背景のセピア色の一枚絵も超かっちょいいっす。やっぱこの物々しさこそロクゼロだよなー。

1は研究所から、2は荒野から物語が始まったんですが、今回は雪山から物語がスタートするもよう。2の砂嵐もカッコよかったけど、この吹き荒ぶ雪の演出も綺麗ですね。
そしてこのOPイベントの為だけに作られたシエルさんのコート姿ドット絵!流石我らがシエルさん超愛らしいっす!万歳!!
オフィシャルコンプリートワークスにこの服装の設定画が載ってるんですが、これがまた可愛いのなんの。しかしどうせドットでしか表現しないのに、フード上げた姿とか余計なところまで設定してあるんだなー。すげぇな。
「最近ネオ・アルガディアからの攻撃がなくなったよねー」とか「シエルさんの研究が遂に完成したんだよー」とか雑談しながらプレイヤーに現状説明してくれるレジスタンスたちと一緒になってお喋りしててゼロに怒られるシエルさんかわゆす。
しかし早速ゼロとシエルさんたちとの絡みが見れて嬉しかったです。無口キャラなせいで主人公にも関わらずゼロが自発的に喋るシーンって結構少ないんで、こういうゼロと他キャラとの会話シーンは希少なんですよね。…いや、まぁ今回の派会話っていうか、ただ「黙って歩け」って窘めただけなんですけど。

それは兎も角、どうやら2と3の間の2ヶ月間のうちに、シエルさんが新エネルギーの開発に成功してしまったらしいです。
その名も『システマ・シエル』。…しっかり自分の名前を入れてる辺り、シエルさんも結構ちゃっかりしてるよなー。
2でベビーエルフの研究をしていたので、多分サイバーエルフが発するエネルギーからヒントを得て確立したって感じなんでしょうね。確かサイバーエルフの研究は彼女の十八番でしたし。
でも、そのエネルギーを持ちこんだところで全てが円満解決するかどうかは、うーん…。幾ら生きるために仕方がなかったからとはいえ、これまでお互いに相当殺し殺されをしてきたっていう軋轢があるからなぁ。それに向こうは人間をただひたすら甘やかす人間至上主義社会だし、立派なテロ活動を起こしていたイレギュラーたちを今更受け入れるのは難しいんじゃないかなーと素人ながらに思う訳なんですよね。


…話がズレた。えー、ストーリーに戻ります。
雪景色の中に、宇宙から落ちてきたゼロ曰くの『フネ』とやらを発見する一行。
――ところで、また話がズレるんですけど、ゼロがいうフネってのは海の上を走るあのフネのことを指してるのか、はたまた飛行船やら宇宙船やらのフネとして言ってるのかが気になったり。ガンダムとかだとフネ=宇宙船ってのが常識だったりしたんですけど(因みに私は平成ガンダムファンでござい。宇宙世紀も見てみたいなーと思いつつ結局見ずに今日に至る)、ロクゼロの場合はどうなるのかしらん? これだけ完成度の高いロボットが蔓延ってる世界観なんだし、宇宙船や宇宙ステーションの1つや2つあったっておかしくなさそうな気もするけどなー。



・ミッションその1

で、そのフネの中からダークエルフの反応があるから調べに行きましょーってことで、今回のOPステージは行きすがらの雪道~そのフネの中みたいです。
…ってうお!?なんか敵倒したらフロッピーみたいなのが出てきたんだけど何コレ!?(←説明書見てない奴
まぁいいや後で調べよう。2から3への変更要素は今のところそのフロッピーみたいなのくらいっぽいですね。あとは最初からいきなり武器のチャージができるようになってるくらい。武器のレベルアップ制、廃止されたのかな。

で、中間まで進めるとイベント発生。わーハルピュイアさんだー!
ハルピュイアの姿を見るが早いか武器のチャージを始めるゼロかっこよす。
何やら向こうは向こうで立てこんでいるらしく、一言「ここから立ち去れ」と警告して慌てて去っていくハルピュイアさん。そして警告を普通に無視してフネに入っていくゼロ。シエルさんを差し置いてガンガン仕切ってるなー。

あ、ステージ自体の難易度は、1,2とクリアしてきた私にとっては激甘でした。
針なし溶岩なし滑る床なし嫌らしい敵なし中ボスすらなし長さは短めという天国のようなステージ。素晴らしい、素晴らしすぎる。…まぁそりゃオープニングステージだし難易度低めなのは当たり前なんですけど、ちょっと前に2のラスダンで泣く思いをした身としては、このすんなり具合はちょっとした感動モノ。全部こうやってちょちょいとクリア出来ちゃえばいいのになぁ…。

一番奥のボス部屋で更にイベント挿入。いきなり残りの四天王も登場で(やられ役としてだけど・笑)私のテンションゲージが急上昇。ああもう相変わらずゼロ大好きだなーこの人たち。そんな貴方達が私も大好きデス!
しかしボス戦のお相手は四天王ではなく、何やらゼロとの因縁ありげな『オメガ』。手ビームと顔から出るエネルギー弾の2つしか攻撃パターンがなく、両者ともに動きが直線的で尚且つ速度もそんなに早くないので避けるのは難しくなかったです。今回はえらく楽勝で勝てましたけど、どうせ本気を出してないとかそういうオチなんだろうな。
戦闘が終わると、ハルピュイアが乱入してきたり、凄いデザインの服?を着た空飛ぶお爺さんドクター・バイルが現れたり(逆三角形…)、復活したコピーエックスまで登場したりと色々な事が起こって何やら展開がややこしくなってりましたとさ。コピーエックスが出てきた瞬間、これまで四天王登場シーンでよく流れてた例のBGMが流れて私歓喜。英雄コンプレックスは相変わらずみたいですねコピーさん。

…因みに、このボスのオメガに関してですけど、オフィシャルコンプリートワークスでネタバレされてるので私はコイツの正体を既に知ってたりします。うん、クリアもしてないのにそんなものを買って熟読した私が悪いよね。全シリーズをクリアした人向けの書籍なんだからそりゃあネタバレも容赦なく載ってるよね。…あーやっちまったなー。


ミション 20P
クリアタム 18P
エネミーカウント 15P
ダメージ 3P
リトライ 15P
エルフ 15P
---
トータル 96P
アベレージ 96P
レベル S
コードネーム ユウシャ

3からアベレージなる項目が追加。現時点でトータルと同じ数字ってことは、これまでのミッションも合わせた総合値ってことかな。今まで表示されてなかっただけで、これまでのシリーズもちゃんとアベレージが計算されててそれによってレベルやらコードネームやらを決めてありましたよね。
しかしSランクとか初めて取ったぜひゃっほう。でも多分次のステージからいきなり点数が下がることは請け合いなのであしからず。



・ベース探索その1

お、ドアの開閉音が追加されてますねー。こういう地味な仕様変更ってちょっと嬉しいです。
相変わらずのアンドリューお爺ちゃんからお話を聞いたり、アルエットを探して基地中を回ったり(シエルさんの部屋にいました)(どうやらシエルさんは全然自分の部屋に帰っていないようで、ちゃんと休めよーシエルさん!)、2階でサボってるレジスタンスを発見したり、あっちこっちに落ちてるディスクを拾ったりしてると、サイバーエルフについての耳寄りな情報がゲット出来ました。
「サイバー空間で自動的に発動したエルフは死ぬこともない」…マジっすか!
「エルフの減点もないので安心してくれよ!」…マジっすか! ――ていうか、あのリザルトってプレイヤーに対してだけのものじゃなくて、ちゃんとロクゼロ世界の中で付けられてるモノなんですね。ゼロが自己評価してるって設定なのか、コンピュータが計算してくれてるのか、はたまたシエルさんがゼロの行動を監視して逐一チェック入れていたりでもするのか…。
でもそのサイバー空間とやらに入るたびに減点かー、そりゃ高得点は目指したいしなぁ。
んー、じゃあサイバー空間はミッションクリアが難しい時のみに救済措置として利用するだけで、普段は使わないことにします。因みに1、2でやってきたサイバーエルフ縛りはサテライトのみ解除、フュージョンもサイバー空間でのみ使用可ということで。元々サイバーエルフを殺すのが嫌で使わないようにしてただけなんで、死ななくなってくれたんならジャンジャン使っていきたいと思います。

一通り探索し終わったのでセルヴォさんに話しかけて、お馴染みシールドブーメラン(殆ど使ってないけどね!)と新武器のリコイルロッドを調達。ドアさんとひと月かけて開発したらしい新武器ですが、申し訳ないセルヴォさん、私にはまるで使いこなせる気がしないんだ…!
「リコイルロッド‥‥使いやすそうだ。感謝する‥」 …うは、流石ゼロ。ごめんね私がプレイヤーで。ごめんね!
「シエルにはまだ‥‥世界は、重過ぎる‥‥。支えてやってくれ、ゼロ‥‥」
セルヴォさんはシエルさんのオトンだのぅ。ところでシエルさんの実の両親ってどうなってるんでしょうね。シエルさんは遺伝子調整で生まれたデザインベイビーらしいですし、もしかすると生まれた時から親と呼べる存在が居なかった可能性も…。



・シークレットディスク

何やら呼ばれていたようですが、とりあえずそれを無視してディスクを読んでみます。
ファイルA:『ミュートスレプリロイドとは、人間を守る為に神ジュウなどをもとにして作られたレプリロイドのことである』 ――神ジュウ?ああ、神獣か。神龍とか百虎とか朱雀とかいうアレですね。あれ、でも、蛙とかクワガタとか象なんかの神獣なんていたっけか…?
他には雑魚敵やらレジスタンスメンバーやらの簡単な紹介文とドットが書いてあるモノがあったり。シエルさんのものもあってニヤニヤしたりもしたんですけど、いかんせん説明文が味気ないんですよねコレ。私、作品の無駄な裏設定とか大好きなんで、こういうモノにはもっと色々小ネタ的なものを書いて欲しかったな!

それと、ディスクを漁っている最中にサイバーエルフのビーナイプをゲット。…って何でサイバーエルフやエネルゲン水晶がディスクから入手出来るんだ!?
データ生命体っぽい感じのサイバーエルフはもしかしたらディスクに入れて持ち歩けるのかもしれないとしても、エネルゲン水晶って物質だよ、ね…? 謎だ…。


スポンサーサイト

Posted on 2010/06/04 Fri. 19:20 [edit]

category: ロックマンゼロ3

thread: ゲームプレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/662-bb4db0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。