05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロックマンゼロ2 プレイ日記 その8 

ようやっと終わりが見えてまいりました。
・ラストミッションその3

炎の神殿の次は『氷の神殿』。…次は風の神殿とかなんだろうなぁ。
2個目のZパネルが置いてある直後のポイントで死にまくりました。アレ普通に左の壁を蹴りながら上がればよかったんですね。私、一度右の壁を蹴ってから左の壁に行かないといけないと思って、何度も何度も何度も……。
…こうやって同じステージを何回もやり直す場合、強制スクロールゾーンが凄く鬱陶しいんですよね。氷の足場が水位が増すことでどんどん上にせり上がっていくあのゾーンのことですけど。もうステージにもだいぶ慣れてきたし早く先に進みたいのに、あの時間はプチプチを潰すのと同じような気持ちで飛び跳ねる魚のメカニロイドを狙い斬るくらいしかないという…。
そして途中に取り易いZパネルが二個も置いてあるんで幾らでもリトライ出来るようになってるものの、どうせどこで死んでも一番最初からやり直しだから全く意味がないっていう。でっていう。

ま、回数さえこなせば嫌でも上手くなります。
何とかあの針壁の地獄も乗り越えて、いざボス戦、レヴィアタンへ。
「貴方の事考えると‥ダークエルフなんて、どうでもよくなっちゃう‥。例え、世界が滅びても貴方さえ、倒すことが出来れば私‥幸せなの」
ヤンデレ可愛いよレヴィアタン。そして強いよレヴィアタン。 あーだめだステージが広いボスって苦手だ…!前作のコピーエックスも苦労したなぁ…あぁ悪夢が蘇る…。
特にあの2体の竜の捌き方が苦手でした。厄介なことにゼロ追尾型と足場に変化する型との2パターンがあるので、見極めが難しくて…。最終的にはあの竜にはダメージ受けるのもやむなしの覚悟で挑んで、サブタンク使いつつ撃破しました。


ミション 20P
クリアタム 0P
エネミーカウント 0P
ダメージ 0P
リトライ 0P
エルフ 15P
---
トータル 35P
レベル C
コードネーム ドンソクのケンシ

未だかつてないほどの点数を取得。鈍足ってレベルじゃない!


「私は、どんどん愚かな女になっていく‥。貴方と戦うこと以外‥考えられなくなっていく‥。でも‥幸せよ。貴方をいつか‥この手で、引き裂くことを夢見ながら‥しばらくは、生きていくとするわ」
「危険な目にあわせて‥ごめんね‥ゼロ‥」
何というハーレム(?)。シエルさんも可愛いのぅ、ああぁ幸せだ…。
でもシエルさん、今回危ない目にあわせてるのは貴女じゃなくてエックスなのでそんなに気にしなくとも…。



・ベース探索その6

斜に構えた銀髪のレプリロイド 「あんた、すごいねぇ。流石のオイラもあんたにゃ頭が下がる思いだぜ。オイラに言われたくはないだろうが、ガンバれよ!」
ピック……!!(一向に名乗ってくれる気配がないので自力で名前を調べてきた私
さんざ無気力で努力なんてバカらしい的な発言をしときながら、最後の最後でコレとか!じんわりきたじゃねぇかこんにゃろう…! ――前回にも書きましたけど、こうやってゼロの献身的に頑張ってる姿を見た皆が後に続こうと思ってくれたら、それが一番ゼロの行動に意味をもたらしてくれるんじゃないかなと思ってます。

「なぁ、若いの。最近、どことなくあの伝説の勇者に似てきたのぅ」
あ、アンドリューお爺ちゃんみたいな結構古いレプリロイドもゼロのことを伝説って認識してるんだなー。
でも目の前のゼロと伝説のゼロをイコールで結べないお爺ちゃん。…実は全部ボケたフリでホントはゼロのこともちゃんと分かってて、4の最後のミッションに挑む直前になってちらりとそんなことを匂わすような台詞が来れば感動するだろうなーとかちと思ったりしたんですけど、…ないか。

と、上の方のめぼしい人物に話しかけた後は、階下に移動。
2階まで来て、あれ何かヒトが増えてるなーと思ったら、例の洗脳されていたレジスタンスたちでした。ミッション終了後にちゃんと保護されたみたいです。レジスタンスの中にもゼロがエリアを攻略した後の後処理みたいなことをやる部隊とかも居るんですかね。
「ゼロさんも洗脳されないように気を付けて下さいね」 …いやいやそもそもゼロが洗脳されるような事態になったらレジスタンスは終わりますて。ていうかロクゼロ自体が終わるお/(^o^)\

そして一階書庫のペロケの台詞。
「司令官レプリロイドの暴走‥エルピスさんの変化は‥、イレギュラー戦争のきっかけとなったあるレプリロイドの記録と似てる点が多い‥」
シグマのこと、かな。ゼロがその身に持っていたウイルスに感染したΣがイレギュラー化し騒乱の引き金を引いた――ってのが確かXシリーズの設定だったと思うんですが、ってことはひょっとするとダークエルフはゼロがかつて持っていたウイルスと関係があるのかなと勘繰ってみたり。そのゼロのウイルスを研究して生み出したのがダークエルフ、とか。




・ラストミッションその4

お次はやっぱり風の神殿でした。ボス戦はハルピュイアですねわかります。

「行って‥しまうのね‥?」
うおおおおかわいいいいい!シエルさんかわいいいいいいいいい!!……ごめんなんかこの台詞が苦渋の思いでヒーローを送り出す健気なヒロインすぎてツボにきた。やっぱり人は王道に萌えr、燃えるんだなぁ。
とか言いつつ結構邪道が好きな私なんですが、そういう変化球的な設定って大筋が王道だからこそ映えるんですよね。全然関係ない作品を例えに使ってすいませんが、アンチ王道的なイメージのあるコードギアスやらデスノートなんかも変化球なのは主人公の思想と能力だけであって、意外と話の芯は王道を逸れていなかったりするんですよね。寧ろストーリーの流れがロボットモノやバトルモノの王道に沿っているからこそ主人公のアンチヒーローぶりが映えてた感じ。 ロクゼロだって、シエルさんもゼロも基本的にはテンプレ通りなヒーローヒロインなんだけど、反政府組織のリーダー兼科学者だったり、例え相手がお上の命令で引っ張り出されてきただけに過ぎない善良なレプリロイドであっても邪魔をするなら何の迷いもなく切り捨てるキツい面を持っていたり、そういう王道からちょっと外れた一面が織り交ぜられているおかげで私の眼には凄く魅力的に映るんだよなー、、、
……と、長々と語ってみたり。読み飛ばし可。


って風の神殿とか言っときながら電気じゃないか!詐欺だ!
いやまぁ良いんだけどね、即死な針とかマグマじゃない分すごいクリアしやすくて寧ろ有難いんだけどね。
ていうか電気ゾーンは凄い楽に通り抜けられました。その向こう側のトップガビョール(ピンクの独楽みたいなヤツ)(すげぇ名前だ)やらポップラン(近付くと噛みついてくるヤツ)やらのトラップが沢山仕掛けられてるゾーンで2回ティウったりしましたけど、これまでの他の神殿に比べれば楽勝な感じでステージクリア。

さぁボス戦はハルピュイア、…と思ったら既にエルピスに負けてらっしゃいました。 四天王はレジスタンスが束で掛ってかかってきても軽く足蹴に出来るレベルな設定なのに、エックスに封じられているせいで完全覚醒してない状態でもエルピスを四天王に勝るまでに底上げできちゃうらしいダークエルフすげぇなぁ。
そして借り物の力に酔ってどんどん態度が高慢ちきになっていくという、いかにもな小物臭全開のエルピスさん。あ、でも、「無駄にエネルギーを消費するゴミのような人間と‥、それをやみくもに守ろうとするネオ・アルガディアを‥、この世界から一掃することが出来る‥」の台詞は好きだなぁ。凄い純粋な本音って気がする。
……って、結局ハルピュイアとは戦うのね。

四天王の第二形態の中では一番ハルピュイアのが好きかも。あの脚が良いっす。
しかし攻撃は避けにくくなったものの、相変わらず耐久は紙なハルピュイアさん。弱点属性とサブタンクを使ってゴリ押しすれば普通に倒せちゃう気がするんですが、今回は真面目にパターンも見てみることにします。
背景からの突進攻撃は普通に左右に走り回ってれば当たらないからいいとして、ミサイルは攻撃して撃ち落とす…と間に合わないから気合で避けて(おい)、低空体当たりはタイミングよく逆方向にダッシュ、電気をヨーヨーみたいにしてくるアレは端っこの崖を壁蹴りしてると避けれるみたいです。まぁ全体的にタイミングがシビアなので分かってても避けれなくて喰らいまくったりするんですけどね!
結局うまく攻撃を避けられるほどに上達しないまま、うっかりサブタンク使い忘れて2回ほどティウった後撃破。


ミション 20P
クリアタム 0P
エネミーカウント 0P
ダメージ 0P
リトライ 0P
エルフ 15P
---
トータル 35P
レベル C
コードネーム ドンソクのケンシ

リザルトとかもうどうでもいいや、どうにでもなってしまえ!


例によって四天王戦はミッション後にちょこっと敵側との会話アリ。
「あの男からエックスさまを……、世界を‥守ってくれ‥…」
「分かった‥あとは、任せろ」
ハルピュイアとゼロが会話してるー!と何だかほんわかした会話。
レヴィアタンやファーブニルほどではないにしても、2からだーいぶゼロに惹かれ始めている面が描かれているハルピュイアですけど、ゼロの方もハルピュイアの性格は割と好きな分類に入るんじゃないかなと思うんですよね。ゼロって真面目で真摯でその分色々うだうだとした悩みを抱えてそうなお人が好きなんじゃないかなーと思ってるんで、敵同士な立場でさえなければ結構仲良くやれそうな気がしたりしなかったり。


スポンサーサイト

Posted on 2010/03/24 Wed. 22:50 [edit]

category: ロックマンゼロ2

thread: ゲームプレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/649-014227d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。