09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロックマンゼロ2 プレイ日記 その4 

別にプレイする時間がとれないとかそういう訳では全然ないんですけど、基本気が向いた時にだけプレイしてるんで、更新速度は亀並みの速度になりそうな感じです。
ロックマンゼロっていう作品はホントに大好きなんですけど、このアクション音痴っぷりのせいで中々手が進まないんですよね。でもロクゼロはアクションだからこそのゲームだしなぁ、…頑張ります、うん。
 
・中間イベント

さて、これで表示されていた4つのミッションが終了しました。
因みに私、昔プレイした時は確か『どうろくりょハカイ作戦』のミッションがクリアできなくて諦めた筈なんで、ここからは完全に初見になります。
お、指令室のBGMがふっつりと消えた。怖っ。

シエルさんのところにセーブしに行ってから戻ってくると、作戦準備完了の報告が。
このモニターに映っている金髪イケメンさんのお名前が凄く気になります。名無しのモブには勿体無いデザイン。
しかしエルピスさん、正義の一撃作戦ってネーミングは正直どうかと思いマス。ていうか嫌な予感がひしひしとするから止めといた方が…。

シエルさんとエルピスの口論勃発。
「私も現場で指揮を取ります、転送して下さい」
「もしうまくいけば‥シエルさん‥わたしは‥わたしは‥」
功名心が逸ったのか相手を過小評価しすぎてたのか、結局全部をパーにしちゃうエルピスなんですけど、こうやってちゃんと自分も戦場に出向く辺り、良い司令官ではあるんですよね。シエルさんへの恋慕とゼロへの嫉妬心というドロドロした人間らしい感情(レプリなのにね)も持ち合わせた、良いキャラクターではあると思います。
こういう人間の醜い部分を象徴したキャラクターって結構好きなんですよね。特にゼロとシエルっていうヒーローヒロインのテンプレみたいなお人達が傍に居る分、そういう面が映えて良いなと。

エルピスが転送された後、俯くシエルにちょっと歩み寄るセルヴォさんが良いお父さんしてて和みました。
セルヴォさんとオペ子の頼みなら断れるはずもない、と迷いなくゼロもエルピスを追っかけてあげることに。…今更ですけどこのオペ子二人も可愛いですよね。やっぱりオペレーターはミリアリアとかメイリンとかフェルトとかミレイナとかみたいに女の子じゃないと。(思い付く限りのオペ子を挙げてみる)(偏っててすいません・笑)



・ミッションその5

で、ゼロも遅れてネオ・アルガディア本部に出撃。
っておおおおおBGMが1のラストステージと同じだ…!!この曲好きだからすげー嬉しい…!
っていうか皆やられるの早いよ!まだ作戦始まってから5分と経ってないよ!?
ステージ自体は短い上に特に怖いトラップもないので楽勝ですが、途中のチェーンロッドで動かすブロックの活用法が分からず困惑。えっと、コレって何のために置いてあるの??
ボスは三連チャンのゴーレム。はいはい邪魔邪魔どいてどいてー。

ミション 20P
クリアタム 0P
エネミーカウント 15P
ダメージ 7P
リトライ 15P
エルフ 15P
---
トータル 72P
レベル B
コードネーム ドンソクのケンシ

ブロックを動かそうと突いたり引いたりしてるうちにクリアタイムが死にました。鈍足で申し訳ねぇ…!



奥の部屋に行くと四天王の皆様方が揃い踏み。
ハルピュイアー!レヴィアタンー!ファーブニルー!うわーんファントムがいねぇ…!
手早いお仕事ご苦労様です、レジスタンスと四天王じゃきっとお話にもならない戦力差だったんだろうなー。そして地味にこの人たちの台詞の前に身振り手振りのモーションが入るのが面白いです。レヴィアタン可愛いよレヴィアたん。
しかし全滅かぁ、最悪の結果だなぁ。あのイケメンさんも瞬殺かー…。

「だがな‥人間にだけは手を出させる訳にはいかんのだ」
明らかに1より態度が軟化しているハルピュイアさん。
ゼロの強さには惹かれるものがあるし、レジスタンス達の境遇には同情する心もあるけれど、人間だけは裏切れない。…ホントかっこいいなこの人。

しかしこのステージの背景は良い味出してました。レジスタンスの攻撃のせいでボロボロになってた入口の方の通路とか、ここで大半のレジスタンスが屠られたんだろうなと想像させるゴーレム戦の辺りの部屋の血塗れの壁とか、こういう細かな部分の描写が世界観に厚みを加えてるんでしょうね。
そんでもって最後のイベント背景のガラス張り(?)になってた天上に見えていた高い建物が、1でゼロが最後に潜入したネオ・アルガディアの本部、ですよね。ってことはやっぱりコレ軌道エレベーターのような構造になってるのかな。



・ミッションその6

とっくにベースの位置が特定されていたみたいで(折角綺麗に作ったのにまだ移動させなきゃならないのか…)、特殊爆弾を積んだ大型飛行物体がベースに接近中。
これを排除するためのミッションがお次なんですが、爆弾解体のためにシエルさんが同行してくれることに。私の女神との共同作業ktkr

わーん今回もBGMがカッコいいよぅ!
ていうかシチュエーションが良いなぁ、高速移動中の小型輸送機を踏み台にして敵方の爆撃機に乗り込むとか燃える燃える。
……ま、雰囲気を堪能する前に早速3台目に乗り損ねて落ちてティウったんですけどネ。
空気抵抗重いっす。

中ボスの出現の仕方までカッコいいなぁ…! 画面奥で突然飛び出してきた直後にぐるりんと回転してから加速とか超かっけえ。種のスカイグラスパーを思い出しました。いいですよね、横回転。
こいつは負けたら最初からやり直しになる点がウザいんですが、アイスチップで弱点を刺せば3発のチャージセイバーでお陀仏という雑魚仕様でした。他にも電撃ステージの攻略やボス戦にも盛大に役に立ってくれたアイスチップに敬礼。ロクゼロの弱点属性はえげつない威力ですね。


電気地獄に色々と手間取りつつ、何とか制御室に到着。
シエルさんを召喚して、そのまま彼女を90秒間敵から守るミッションに突入。90秒ってこんなに長かったっけ…、だが私の嫁シエルさんには指一本触れさせないぜ!
一度目は自分の体を盾にしつつバスターとソードで応戦してたんですが、ゼロの耐久が持たずにあえなくティウン。
二度目はセイバーとシールドを使いました。ぺこぺこエネルギー弾を吐いてくるヤツはシールドで返り討ちにして、あの這いずってくるパンテオンは近付いたところをチャージセイバーで一掃。これが多分一番安全な方法じゃないかなと。

やたらと長い90秒を耐えきったものの、ゼロの「シエル、先に行け!!」で、ああこの先もまだ何かやらなくちゃならないフラグだなと思いました。乱気流KY。
通信状態が悪いせいで転送できなくなってしまったとのことなので、ひとり格納庫に開いた穴から脱出することに。転送システムってちょとジャミングが入ると使えなくなっちゃうんですね…、まぁ繊細な技術を使ってるんだろうし仕方がないか…。そしてこんな場所から飛び降りろと言われて迷いなく飛び出すゼロさんは流石です。

ってこの音楽は…やっぱりボスか…! ていうかちょ、まっ、もう残機が0なんですけど…!
……一度死んで最初からやり直してきました。ええと、ボスはクワガタ型のレプリロイド、クワガスト・アンカトゥス。クワガタの癖に無駄にかっこいい名前しやがってこんにゃろう、てめぇのせいでこの鬼畜ステージを1からやり直さなきゃならなくなったんだぞ…! ――しかし、「おまえもこのクワryと一緒に炎の矢となれ!」ってことはつまり、この人最初っからゼロと心中するつもりで来てたってことですよね。
「あ、あにうえーーー!あなたの仇はーーー討てませんでしたーーー!!」
…なんかそう考えると切ないなぁ。死を覚悟して兄の仇を討ちに来た相手を返り討ちにしたゼロはその時どんなことを思ったんだろう、とかそういうことを考えちゃいます。
いや、まぁぶっちゃけ、冷静に戦えばそんなに強い敵じゃあなかったですけど。弱点攻撃当てるとボスの行動がキャンセルされちゃうんで、アイスチップを使えば本当に楽に倒せちゃいます。合掌。

ミション 20P
クリアタム 20P
エネミーカウント 0P
ダメージ 0P
リトライ 9P
エルフ 15P
---
トータル 64P
レベル C
コードネーム ハヤテのセンシ

初めてのCランク。エネミーとダメージが見事なまでにすっからかんに。




スポンサーサイト

Posted on 2010/02/13 Sat. 00:57 [edit]

category: ロックマンゼロ2

thread: ゲームプレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/636-7d51c5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。