06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

うみねこのなく頃に散 エピソード6 ~Dawn of the golden witch~ 

やっとこさクリアしました。
んー、個人的には、正直今回のEpは他のに比べて歯応えのない印象でした。いや面白かったか面白くなかったで言えばそりゃ勿論前者なんですが、展開がえらくスローで尚且つ肝心なところには殆ど触れてくれなかったところがちと悪印象。
ただ、その分次回にはぐわっと来そうなフリが最後にあったので、EP7には今からめちゃくちゃ期待してます。


以下、プレイ時の感想メモ取り。ネタバレ注意。
オール箇条書きです。


・この時計の音が久しぶりすぎて滾る
・いきなり新キャラ…いやモブキャラか…?
・「あなたたち」
・つまりメタ戦人=六軒島に閉じ込められている全員を象徴?

・縁寿の話はまだ続くのか
・メッセージボトルの作者、八城十八
・偽名っぽいなぁ
・っていうかコレ現実なのかなぁ…
・私は縁寿はビルから飛び降りて死んじゃったんじゃないかと思ってるんで、それ以降は全部怪しいと思ってるんだけどなぁ…
・ああややこしい

・贋作家の目的は六軒島の真実を迷宮入りさせることにある気がする
・少なくともそういう流れになるように主導した人物がいる気が

・色々とくどくどしかったけど、要するに真相に辿りついちゃった戦人の代わりに縁寿が視聴者の目になるってことだよね?

・恋人に自分を「お父様」とか呼ばせる戦人さん
・と思ったらベアトが勝手に呼んでただけでした
・でもそういうプレイってもえるよね
・げふん

・ていうか前置き長いよ!ゲームに入るまで1時間掛ったよ!

・紗音ちゃんが嘉音くんを押し倒した!
・嘉音 「じぇ、………朱志香さん……。」
・うっは!うっは!
・嘉哉…意外と普通の名前だ…寧ろ普通すぎて違和感を感じるぜ…

・昔のベアトが極悪魔女だったのは『そういう設定』だったからじゃないのかと思うんだけど
・連続猟奇殺人を行う極悪な存在であってほしいと誰かが望んだから悪女になっただけで、
・実際に彼女が猟奇殺人を行ってた訳ではないかと思うんですがねー

・因みにチーズの問題は朱志香が立体で考えろと言ったあたりで一つ目の答えが分かりました
・そんでもって次の1回の回答は霧江さんの「出題の時点で、チーズの形状や、その柔らかさなどには触れられていなかったわ」で分かりました
・でも、それなら例えぶ厚いケーキ大のチーズでも7つ同じ方向に突起の出てる妙ちくりんな形状のものなら一回切っただけで8つに分けられますよね
・そんな風に言いだせばきりがないですし、
・こういう問題って出題者の記述に穴があっても、その辺には目を瞑って出題者がこう解いて欲しいっつー意図を読むべきものなんじゃ?

・密室に閉じ込められている謎の人物出現
・えっ、島にいる人数の上限は17人+ヱリカだからもう一人存在できるはずがない、よね?
・じゃあ閉じ込められている男?は誰?これも幻想?
・それともこの時点で既に17人のうちから誰かが欠けてる?
・この場にいないキャラは嘉音くん、郷田さん、熊沢さん…
・嘉音くん怪しいよ嘉音くん

・真里亞VSヱリカ
・ヱリカさん超大人げないっす
・いやでもそうだよね、これくらいマリアを問い詰めてほしいとは常々思ってたしね
・でもエリカさんよ、そんな誰でも分かるトリックじゃなくて、誰がベアトリーチェに扮してマリアに接触したかを問い詰める方が重要なんじゃ…

・ていうかこの謎の男は誰だ
・チェーン云々は密室トリックの比喩?
・Ep.1の絵羽&秀吉殺害犯人の心情表現?

・「そなたが魔法にて、伏せたカップの中に黄金の花びらを生み出した。」
・屁理屈だなぁ…


・愛を司る二対の悪魔登場
・このテンションと表情と蛍光色の目の色が良い!
・で、この二体の寄り代は誰?嘉音と紗音?

・ヱリカには男にフられた過去がある
・つまり木戸ヱリカってのはこのゲームの為だけに魔女に造られた存在じゃなく、実際この六軒島に流れ着く可能性のあった実在する少女ってことかな
・「六軒島で事件があった実際のその日に六軒島近海で海に落ちて行方不明になった少女が居た」という情報を得た贋作家が、話の中にそのヱリカって少女を登場させたのかも

・そして始まる恋人たちの試練
・それを読んでいた私の感想↓
・( ゚д゚)ポカーン
・たぶん作者は此処も真剣に読み解こうとして欲しいんだろうけど、ごめん無理、このテンションには着いていけない
・だってどうせ幻想なんだもんなぁ

・まさかの戦人リタイア
・ルドルフが泣いた…!
・ていうかもう視聴者には大体の想像がついてるんだから、あんたさっさと戦人の出生を打ち明けようぜ?

・「私に出来ることしか、遂行できない。……いや、違う。私が遂行したことを、“魔法”に、変える。」
・おおーゲーム中でちゃんと断言された!
・てか、種明かししたならもうこの無駄な幻想描写は止めね?
・もう多分誰も騙されないよ

・「楼座は、真里亞ちゃんのことが絡めば、子連れ熊みたいに怒りっぽくなるヤツだ。」
・何故かルドルフのこの一言に感動した
・結局楼座の真意はどこにあるんだろう

・お見事ですヱリカさん
・ていうかやっぱベルンとラムダ好きだなぁ
・ついでにヱリカも
・このトリオには薄っぺらい善人にも噛ませにもなって欲しくないです

・あぁ成程、前回の探偵宣言も、実際ヱリカが実力で場をコントロールした様を幻想描写で彩っていただけってことか
・じゃああの探偵宣言の有無がどうたらこうたらって話に意味はなかったってことじゃん!
・てことは実際その分のレートは全然上がってないってことだよね?
・戦人騙されてる!騙されてるよ!

・やばいこの手紙が現れただけでテンションが上がる
・でもさ、今から戦人が話の筋書きを変えることって出来るの?
・もう最初から最後までストーリーは決まってるんじゃないの…?
・あ、後にそのことに対して触れられてましたね
・本当は駄目なんだけど、要は「バレなきゃいいんだよ」と

・答え合わせきたー
・魔法には2種類ある
・「その時これこれでこんな不思議なことがあったんだよ」と嘘を吐いて真実惑わすパターンと、
・「私は魔法を使ってそれを実行したんだよ」と張本人が主張するパターン
・…書いてて思ったけどそれってどっちも同じ事じゃね?

・って戦人は生きてるんかい!
・ヱリカすげええええ!
・わざとクローゼットを残して逃げ道を与えて、相手がそれに乗った瞬間に、
・「……あの時、私は、すぐに扉を閉め、チェーンロックを掛け直し、この部屋を封じました。」
・ 鳥 肌 立 っ た
・でもガムテでチェーンの継ぎ直しは無理なんじゃないかなぁ現実的に考えて
・赤字と同じく「そういうものだから」で納得するべきところなのかな

・ていうかヱリカも戦人もすげぇ…
・そして動機が本当に狂気すぎる
・探偵気取りの女の子が、自分の推理を正しくするために、悪ノリした5人を本当に首を切って殺していく

・風呂の排水溝を通れる大きさになる前に失血で死んじゃうと思います!
・いや分かってて言ってるんだろうけど!
・しかし謎の男の伏線はこれだったのか…本当に凄いなぁ

・ふむ、ラムダの言葉によると、
・ベアトリーチェ=魔女幻想を作り出して六軒島の真相を闇に葬ったミステリ愛好家、ということに
・いや、その愛好家たちが作った幻影そのものの擬人化ですかね

・このラムダの過去話良いなぁ
・てかこの魔女勢大好きだ
・何かもう前回の顔を崩しだした辺りから加速的にベルンが好きになっていくんですが…!
・ベルン=梨花ちゃま、ゲームマスター=羽入、でいいのかしらん?
・ベルンは精神が死ぬまでにループを抜け出せなかった梨花?

・「最上級のいじめっ子の作り方って知ってる?」
・「簡単よ。短い時間でもいいから、たっぷり虐めて、不意にそれを止め、今度は力を与えるの」

・愛がなければロジックエラー回避の策は視えない
・だーめださっぱり分からん
・そもそも戦人の手すら全く思い付かなかった私にそんなもんが分かるかい!
・……でもさ、確かにヱリカと戦人やベアトとの対決は熱いんだけどさ、
・今回ホンット話進まないなぁ…
・六軒島では何が起きたのかっていう主軸からは外れまくってるんですよね、この論争
・いや確かに本人たちにとっては生死を掛けた大切な勝負なんですけど、
・こっちとしては、どういう幻想を作るかでモメるよりも、早く真実を暴くシナリオが見たいです、正直


・嘉音 「生まれた時、すぐに死ねればよかったんだ。」
・紗音 「……それは、お父さんの罪だね。」
・嘉音 「そうさ。だからあいつも死ね。みんな死ね。」
・紗音 「うん。みんな死ぬよ。もうすぐね。」
・ヒント、かな?
・嘉音の「みんな」は紗音の口ぶりからして六軒島の人間を表している
・ってことは嘉音のお父さんはその中の一人…?
・嘉音と紗音はもうお互いが邪魔になった
・なんか凄いヒントな気がする

・めがねー!ドラノールのめがねー!!!

・逆れいーぷですねわかります
・良い趣味してるぜ竜騎士さん

・嘉音くんの遺体消失
・→嘉音くんがどうにかして部屋を脱出して戦人を助けた
・→同じ部屋に居た全員が、嘉音くんが突如額から血を流して倒れたという魔法の証言をする
・→要するに同室の皆が共犯者

・ヤバい、ベアトは特に好きキャラって訳でもないのに、このテンションにカルタシスを感じてしまう
・しかしベアトのロジックエラー回避の回答がさっぱり分からんです
・嘉音くんが部屋を抜け出した方法も、密室の中から忽然と姿を消した方法も分からない
・……あ、いとこ部屋を抜け出すトリック思い付いた
・嘉音くんがいとこ部屋と隣部屋との間にある壁をぶち破って隣部屋の窓から外に出たとか
・或いはストレートにいとこ部屋のドアの横の壁をぶち壊して廊下に出たとか
・……無理ですよねそうですよねゴンじゃないんだから

・で、結局何が何なのか良く分からないまま本編終了
・EP.5に引き続いてまたゲームを中断しやがった…!
・あああなんか凄い煙に巻かれたような気分
・最初の頃と違ってもう幻想描写が真実を隠すための煙幕だって分かってるからなぁ
・煙幕を愛を持って視ろと言われてもなぁ…


・須磨寺霞とSPを撃ち殺したのが天草であることがほぼ確定
・ってことはこの段階まで縁寿はちゃんと生きてたのかな…?
・どっちにしろこの年で縁寿は死ぬんだよな…

・角と着物の色を見た時から「あれ?」とは思ってたけど、フェザリーヌ・『アウアウ』ローラは全然気付かなかったっす
・そういやベルンとフェザリーヌの目の色が同じだ
・そして次回作がベルン好みの真相を抉って引き摺り出すゲームになるらしい流れに私歓喜
・もう知的強姦者でも何でもいいや、ベルンの物語超楽しみ…!
・だいぶ毒されたなぁ私も
スポンサーサイト

Posted on 2010/01/20 Wed. 17:53 [edit]

category: うみねこのなく頃に

thread: うみねこのなく頃に  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/630-fe90d25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。