10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

テイルズオブヴェスペリア(PS3版) プレイメモその28 

スターサイン・フレイム!

バーストアーツ発動→スカカカカカカカ
今までの箱版ヴェスペリアを含めたテイルズシリーズはずーっとセミオートでやってきたんで、今回からマニュアルにも挑戦してみてたりするんですが、敵との距離の取り方が凄く難しいっす。

今回はザギさん2戦目から第1部終了まで。
いやぁイベントをスキップしまくると面白いくらいにサクサク進むなぁ。寧ろサクサク進み過ぎてボス戦以外に書くことがなくて困るなぁ。
さてどうやって書いたものかと悩んだ末、箇条書きテイストでいくことにしました。…ん?この書き方は箇条書きっていうのか…?



・ザギ戦(2戦目)

シーンスキップした直後にザギさんの顔アップがあって吹いた(笑
つー訳でもうザギさん2戦目です。さっき1戦目やったかと思えばもう2戦目だよ。
まだまだ物語も序盤なので、単純に攻撃力が高い&オーバーリミッツを使ってくる、という点以外で脅威な部分はありません。が、問題なのがSMなんですよね。どうやって取ろうかなぁと思ってたらなんと仲間が勝手にあっさり取ってくれました。GJリタっちのトラクタービーム。
SMさえ取れればこっちのもんだと、後はライフボトルとグミの数に任せてゴリゴリと押しまくりました。



・畏怖されし巨体戦

カルボクラムでFS習得。 戦闘に徐々にバラエティーが増えてきて、面白くなってきました。
畏怖されし巨体のボス戦超キツかったっす。地震の全体攻撃がウザすぎる! プレイヤー操作のユーリはジャンプでひょいと避ければいいんですがCPUの残り3人は当然避けてくれないので、あの地響きが一発くるだけでパーティ壊滅の大打撃。あぁライフボトルが湯水のように消えていく…。
ここも兎に角アイテムにモノを言わせてのゴリ押し戦法。アイテム最大所持数が15個のままだったら絶対詰んでただろうなーこの方法。


・凸凹戦(3戦目)

強い…強すぎる…。
アンノウンでの1対2戦闘のムリゲーさ加減と、負けたら一々カルボクラムからやり直さなきゃいけない面倒臭さに負けて、ハードに下げました。イベント戦闘みたいなもんだし、別に良いよね。


・ヘリオード

早いなーもうリタがデレたよ。破竹の速さだ。
ここのイベント大好きなんでコレだけはスキップせずにちゃっかり視聴。
エス「うう~ん……ふにぅ……」 リタ「(くすっと笑って)……幸せそうな顔しちゃって」 かっわいいいいいよおおおぅエステルもリタもかわいいよぅぅぅううう!!

因みに今付けてるアタッチメントはコレ↓。称号は引き継いでないので無いんですけど、そもそものデフォの衣装がめちゃくちゃセンスいいんでまぁいいかと。

いぬみみ
何で成人男性にこんなに犬耳が似合うんだよだめだこのひとかわいすぎる…!

帽子
リタっちのアタッチメントはこれと耳飾りが一番気に入ってます。両方組み合わせられるといいのに…。

ハーフフレームメガネ
エステル+眼鏡=ジャスティス。



ヘリオードでのイベントが終了したので、サブイベントも回収回収。
忘れずカルボクラムに戻ってデュークとの会話イベントもこなしておきます。今まで見逃してばっかりだったんで何気にこのイベント初見だったり。
『魔物』の括りに関する会話があったのは個人的にかなりの収穫。ずーっと気になってたんですよね、魔物と動物の違いは何だろうって。んー、カロル先生曰く人間を襲う獣の総称として『魔物』という呼び名が使われているらしいですが、結界が魔物とラピードみたいな犬や始祖の霊長とを識別出来てるんですから生物学的にも何か違いがあるんじゃないかなーと思うんですけどね。
リタ 「まぁあたしらには関係ないヤツでしょ。どうせ」 …ところがどっこいラスボスなんだよなーこの人。




・ギガラルヴァ戦

ケーブ・モック大森林のボス、ギガラルヴァ。攻撃力は1253…。
物理防御も4ケタに迫るくらいに高いので、リタっちの魔術でひたすら弱点属性を突きます。っていうか遠距離から攻撃しないと殆ど一撃でノックアウトだしね!
凄まじい勢いで貯まっていくオーバーリミッツゲージを利用して、他のメンツは作戦『身を守れ』で後方待機させながらリタっちをオーバーリミッツさせて雨のように闇属性魔術を浴びせる(因みに敵がオーバーリミッツ使ったらすかさずユーリに操作を切り替えて逃げ回る)という、殆ど反則に近い戦法で倒しました。だって正攻法でいったら4回返り討ちに遭ったしこうでもしないと勝てねぇんだもん!
で、何が大変だったってSMですよ。ここかなーと思った場所に土竜をしかけまくっても全然当たってくれないんで、痺れを切らして回復中の相手に殆ど体当たりするような形で特攻していって土竜を使ってようやくゲット。相手が馬鹿みたいな攻撃力してるから近付くの怖いんだよ…。
因みにグレードは73.72でした。FSチェインとバーストアーツで凄い点数貰ってる…。

…ってそうだ!後先考えずにガンガンアイテム使っちゃったけど、ドン戦の時どうするんだ私!



・ドン戦

よく考えたら、いくらアイテムがあろうとも私のテクじゃドンには勝てないっていうね。
イージーまで下げればもしかしたら勝てるのかもしれませんが、一応下げるのはハードまでって縛り課してるんで止めときます。勝つと手に入るらしいダイアモンドも普通に合成で作れますし。

ドン戦後に新スキット発生。ユーリは普通に負けず嫌いだよなー隠して飄々とした態度取るのが上手いだけで。



・ジュディス登場

ガスファロスト突入までのイベントは何となく一通りスキップせずに見ました。やっぱこの帝国・ギルドに焦点の当たっていたシナリオが一番面白かったなぁ、ってのが自分論。
初見でいかつい鎧の割れ目から可憐な女性の顔が見えた瞬間のトキメキは忘れない。初登場時のジュディスの魅力は異常ですよねホント。お美しいですお姉様。


・バルボス戦

第1部ラスボスのバルボスには、ユーリ・フレン・レイヴン・リタのパーティで特攻。
まずリタっちのダイダル祭り(オーバードライブ発動→ダイダルウェーブ連発→終わったらすぐにまたオーバードライブ発動→ダイダルウェーブ連発の以下無限ループ)で周りの雑魚を一掃。ついでにSMもゲット。ずるいやり方ですが、こうでもしないとあっという間に囲まれて各個瞬殺されちゃうんですよね。残りがバルボス一人になったらちゃんとマトモに戦いましたけども。
というか、難易度アンノウンのボス戦で複数の敵に出てこられるとまず勝機がありません。故に自分ルール追加。リタっちのダイダル祭り他魔術ラッシュは強力すぎるのでボス戦では基本封印の方向でいくつもりですが、相手が2体以上の場合は特別に使ってOKとします。



…うん、やっぱりこの書き方が一番書き易いです。しばらくはこれで行こう。

スポンサーサイト

Posted on 2009/11/27 Fri. 01:46 [edit]

category: TOV(PS3版プレイ日記)

thread: テイルズオブヴェスペリア  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 2

27

コメント

 

アタッチメントの破壊力はすごいですね
コスチュームでジュディスが優遇されてるのは何でだろう
カロルなんてあんまりにも・・・

URL | 名無し #- | 2009/11/30 23:23 | edit

Re: 名無しさん 


>カロルなんてあんまりにも・・・
カロル先生はイジられキャラですから(笑

ジュディもそうなんですけど、コスに関しては全般的に女性キャラが優遇されている印象。
まぁスタッフの気持ちは痛いほど分かるんですけどねー、可愛い女の子に可愛い服を沢山用意したくなるのは当然の心理ってヤツです。
…決して愛の差ではない筈。たぶん。

URL | 藍(管理人) #- | 2009/12/01 14:40 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/608-ddea5dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。