04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

テイルズオブヴェスペリア(PS3版) プレイメモその26 

タルカロンの頂上

遂に最終決戦です。


※…もう注意書きは要らないよね。次回から割愛します。

 


1周目のやり込みはしないと決めたので、タルカロン内部は宝箱も右のエレベータルートも総無視して最短距離を走破。
流石ラスダンなだけあって全部回ろうと思えば結構な時間の掛る造りになってるんですが、最短ルートだけを辿ればそんなに苦労もせずに頂上まで辿り着けちゃえたりします。面倒なのは最後の方のBGMが無音になる箇所であっちこっちに盥回しにされる仕掛けくらいですな。

ま、その前にザギさん倒してかなきゃいけないんですけどね。
ザーギさん、あーそぼ。っていうかアンタどうやってタルカロンまで上がってきたのさ。
このザギさんで遂にボスのHPが100万を超える段階にまで来た訳ですが、正直この人体力多くてウザいだけであんまり強くないです。あと普通に戦ってるだけじゃSM取れないんで、狙って魔道凶身使ってもらわなきゃいけないくらい。

ユーリはほんとザギさんが嫌いだよなー。そりゃ傍から見てると面白いお人でもストーキングされてる本人からしてみればたまったもんじゃないだろうしなぁ。
そしてやっぱりザギ戦後のスキットのおっさんの台詞が良い…! 「力があるヤツってのは、力のあるダチがいないと何かが歪んじまうのかもねぇ」「ま、おたくらは大丈夫だな。良いダチもってるから」 カロル先生はまだ兎も角、ユーリは一時期本当にいつ落ちてもおかしくないくらいに危ういところまで行っちゃったキャラクターなんで、なんかしみじみと考えちゃいます。



その後もサクサク進んで、遂に最後のセーブポイントまで到達しました。
あぁ、感慨深い…。まだまだやることは沢山あるんですけど、でも何かこう、じんわり来るものが…。

此処でパーティの最終調整をします。因みに現時点での平均レベルは丁度60。
パーティメンバーは、能率を無視してユーリ・フレン・エステル・ラピードを選びました。何となく、このメンバーの中から最終決戦に相応しい4人を選べと言われたらこいつらを選びたい。何となく。
装備もスキルも確認し(ユーリはしっかり明星弐号を装備)、さぁ、いざラスボス戦へ!



ラスボス前のデュークとの対話は、パーティトップキャラによって会話内容が変化するらしいです。何れ全員分の会話を聞いてみたいなーとは思ってますが、とりあえず1回目はユーリをトップで。
皆良い目してるなぁ。特にカロルとエステルの目は、初期の頃とは比べ物にならないくらい真っ直ぐで強かに感じます。同じポリゴンなのに何でこんなに違って見えるんだろう…不思議だ。

フレン 「変化とは痛みを伴うもの。でもそれを恐れていては前に進めない……。誰もが同じように進める訳じゃないというのなら、僕らがそれを支えます」
この台詞聞いてちょっとジーンときました。
変革を恐れてはならない、ってところまではアレクセイと同じことを言ってるんですけど、その後の台詞がアレクセイとは決定的に違うんですよね。良い騎士団長になれよ、フレン。

何とかデュークを説得しようとするも、結局は力尽くで押し通ることに。
てな訳でデューク戦に突入。まずは相手のステータスを調べるためにセオリー通りにメニューを開いてアイテム欄を開いて、…………ス ペ ク タ ク ル ズ が な い 。
あぁ、そういや直前の雑魚戦で全部使い切っちゃったんだっけ…。という訳でリセットして買い直し。


アイテム食材諸々もちゃんと揃えてきたので、テイク2いきまーす。
因みにアタッチメントも弄ってきました。
ラスボスをおちょくる会
デューク 「 帰 っ て く れ 」

皆通る道だよね。どうでもいいけどユーリの犬耳可愛過ぎるよね。



第一形態のステータスはこんな感じ。
第一

まだ第一なので驚異的な攻撃はしてこないんですが、既にこの時点で感覚的な強さはさっきのザギさんどっこいかそれ以上。
あとステータス異常付きの攻撃が凄まじく鬱陶しいです。アミュレットを付ければ良いだけの話なんですが、コレ付けると他の良い装飾品が装備できなくなるんだよなー。TPの消費抑えたり防御力をぐんと上げたりする良い装飾品沢山持ってるのに、使えなくなっちゃうのは勿体無い…。Sみたいに装飾品が2つ装備出来る使用だったら良かったのに…。


そして第二形態。
第二

ひゃくじゅうまんだってよひゃっほう!
よかった魔装具集めないでよかった。このレベルじゃ絶対に第三形態には勝てん。
っていうか第二形態でもだいぶヤバいです。やっぱ全然のけぞってくれないデューク相手に前衛3人は無茶だったなぁ。エステルは回復に手一杯でなかなか魔法攻撃に移れないし、フレンは術使えても魔力がからっきしだし…。
ビックバンも痛い…。おっさんの愛がないせいで体制の立て直しに苦労します。

結局ライフボトルが尽きて全滅しました。あと残り17万まで減らしたのに…!



そんな訳で、申し訳ないですがラピードには外れてもらって、代わりにリタっちを入れてみることに。
あ、アタッチメントもちゃんと普通に戻しときましたヨ。

最後の方はもう、グミ系とライフボトルが全て尽きたせいでトリートとスペイシフックで必死に命を繋ぎつつのギリギリ極限な戦闘になってたんですが、粘った甲斐あって何とか勝つことが出来ました…! あぁあヤバい、アドレナリンがヤバいよぉぉぉ…!!
でもSMミスった…!レベル4のオーバーリミッツ解放してたのに秘奥義発動する前に倒しちまった…!
ま、いっか。倒せただけで良しとしよう、うん。


そして漸くエンディングムービーに突入。
おおぉ、ムービーにすっごい自然にパティとフレンが溶け込んでる。
ていうかハイタッチ!ハイタッチ!
ハイタッチ
戦闘終了時の画面で2回くらい見たことのある、下で腕コツン→上でハイタッチの仕草がね!もうね!


…ふぅ、書くことはこれくらいかな。
うーん、爽やかに終わったなぁ。後半のギルドや帝国から焦点の外れたストーリーにはやっぱり不満もあったりするんですが、でもこのさっぱりしたエンディングはそれはそれで良いなぁと思います。
魔導器がなくなったから下町の水補給のために井戸が掘られたり、リタが魔導器に変わるものを着々と開発していたり、ギルドと騎士の混合部隊っぽい組織をおっさんが率いてたり、カロルが凛々の明星の首領としてちびっこ達と活動していたり、ジュディが新しいアルバイトらしきものをやってたり、パティがまた海竜の牙を再結成していたり(凛々の明星には入ってくれないのかな…)、エステルがお城で仕事をしつつ『Tales of Vesperia』を書いてたり、ユーリが例のあの場所を一人で回っていたり。スタッフロールの後ろの後日談がすっごい面白そうなんですが…! 2出ないのかなー出れば良いのになー出たら買うのになー、とこんな辺境でスタッフに催促してみたり。




さて、プレイ総時間、117時間4分12秒。ようやっと1周目クリア致しました。
続けて2周目の分の記事もゆったりと書いていきたいと思いますので、お暇な方はもうちょっとお付き合い頂けると私が諸手を挙げて部屋の中を喜び舞うかもしれません。

では。



スポンサーサイト

Posted on 2009/11/20 Fri. 15:27 [edit]

category: TOV(PS3版プレイ日記)

thread: テイルズオブヴェスペリア  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 2

20

コメント

 

とりあえずお疲れ様ー!
二週目は隠しダンジョンとか追加イベも楽しみにしてます^^
モンスター図鑑取り逃しに注意してねw

URL | 名無し #- | 2009/11/22 14:37 | edit

Re: 名無しさん 

コメントあざっす!励みにまります!

>モンスター図鑑取り逃しに注意してねw
それが一番怖いんですよね(笑
終盤で取り漏らしに気付いて絶叫――なんて展開にならないよう、なるべく慎重に進めていきたいと思います。

URL | 藍(管理人) #- | 2009/11/24 17:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/606-d79c9f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。