04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメうみねこのなく頃に episode Ⅱ-Ⅱ 『early queen move』 

提供で遊ぶの禁止!

原作Ep.4クリア済みの視点で書いている為、さらっと先の展開のネタバレ混ざってます。注意。
アニメ版Ep.1はホントに粗筋に触るくらいの淡白な進み方でキャラクターの描き込みなんてあってないようなものでしたが、Ep.2からアニメの方でもどんどん皆のキャラが立ってきました。その最たる例が前回でスポットの当たった譲治・紗音と朱志香・嘉音の二組と、今回の真里亞・楼座の親子ですな。
そしてどんどん魔女に浸食されていく六軒島の物語。既になんか居ちゃいけないモノが居たりしてますが、これでも今はまだ戦人や視聴者には優しい方です。これから話が進むにつれて浸食具合がどんどん酷くなっていきます。きっと次回は原作をプレイしていた多くの人が「はァ!!?」とパソコン画面殴りたくなっただろう例の鬼門のあのシーン!
そんな中でも魔女幻想を否定しなきゃならない戦人さんのささやかなお手伝いとして今週分の私のチャチな感想考察いってみましょう。

さて、今回出てきた魔女に係わる超常現象は、ざっと纏めると、
①真里亞のお菓子を元に戻したベアトリーチェの魔法
②っていうか盤上に並んだベアトリーチェの存在そのもの
③Ep.1の戦人とベアトリーチェが居る六軒島の舞台とは異次元の場所(通称メタ世界)の存在
の三つになるので、とりあえずこの三つに焦点を当てて魔女魔法を否定していきたいと思います。


①真里亞のお菓子を元に戻したベアトリーチェの魔法

これは簡単。直前にベアトは真里亞に同じお菓子を貰っているので、単純に「魔法で直したよ!」って言いながら自分が貰った方のお菓子を差し出せばいいだけの話ですからね。ご丁寧に真里亞はその瞬間目を瞑らされている訳ですし。
同じ場所で目を開いていた楼座も、彼女はこの段階では既にお菓子を踏み潰したことを悔いているので、真里亞のためにベアトに話を合わせて魔法を見た“ことにした”のだとしても何ら不自然はありません。或いは楼座本人が「ベアトリーチェが魔法で直してくれたわよ」と言って別のお菓子を真里亞に渡したのかも。


②盤上に並んだベアトリーチェの存在

これに関しては、戦人が彼女の姿を目撃していない、というのがミソなんじゃないかと私は思ってます。
つまり、楼座・霧江・源次(・紗音・嘉音)が「ベアトリーチェと名乗る肖像画そっくりの女性がやってきた」と嘘を吐いていただけで、本当はベアトリーチェなんて人は六軒島には来ていなかった――と。今後の殺人の際に架空のベアトリーチェに罪を擦り付けるためだとか、金蔵の愛人を登場させることで遺産配分の流れを変えたかったからだとか、彼女らがそんな嘘を吐く動機だって幾らでもありますしね。
本当に肖像画のモデルとなった金蔵の愛人ベアトリーチェの孫娘が訪ねてきたという可能性もありますが、後々出てくる島の人数を制限するルールを考えると、六軒島の登場人物は少しでも減らしておいた方が色々な推理の助けになるんですよ。
故に、『19人目の来訪者ベアトリーチェは嘘の証言が作り出した架空の存在であり実在はしない』という説を私は推したいと思います。


③Ep.1の戦人とベアトリーチェが居る六軒島の舞台とは異次元の場所(通称メタ世界)の存在

アニメのメタ世界の演出は面白いなぁ。背景がモノクロだとさぞかし赤が映えるでしょうね。どんな風に赤字演出が来るのか今から結構楽しみです。アレが最初に出てきたのはいつだったかなー…。
それは兎も角。戦人が否定しなければならないのは“六軒島で起こる殺人事件は魔女の仕業であるという幻想”なので、事件を起こしたのは人間であったもののファンタジックな羽入やループもまた存在していたというひぐらしのように、「殺人の犯人は人間だけどメタ世界やループはあるよ」的に例外と考えてもいいのかもしれません。
でも、どうせアンチファンタジーを目指すなら徹底的にやりたいよね!…という考えのもと、メタ世界とループ構造についても私なりにそれらを否定する一つの仮説を持ってたりします。…が。コレはEp.4で新しく開示された情報を基盤にした仮説だから此処で詳しく語るのは流石にアレなんじゃないかと思うので、一応この場では自粛しときマス。
兎に角、魔女と超常現象を否定するならば、メタ世界とループ構造も例外とせずに一緒くたに否定しちゃってもいいんじゃないかなと。物語のオチがどうなるかは(原作者の竜騎士さんを除き)まだ誰にも分かりませんが、ありとあらゆる可能性は考えておくべきでしょうしね。青き果実のショットガン!



…しかし真里亞のあの不気味な表情はどうにかならんもんかなー。
平気なフリをするために嘉音にきひきひ笑ってみせたのがちゃんと視聴者に伝わってるのかな…。真里亞も楼座もそれなりに思い入れのあるキャラなんで丁寧に描いてほしいものです。
しかし予告めっちゃネタバレだよ!カオスだよ!
嘉音くんのあのシーンが色々な意味で楽しみデス。…たぶん爆笑するだろうなぁ。

スポンサーサイト

Posted on 2009/08/15 Sat. 19:10 [edit]

category: うみねこのなく頃に

thread: うみねこのなく頃に  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/542-50eb38d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。