07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#10 『天の光』 

もう10話だよ…時間が経つのって早いなぁ…。
デスクトップにパソコン買い換えたんで、タイピングがめっさやり難い。キー出っ張りすぎだろうと思わず文句を言いたくなる元ノート使いです。



池田さああああん!カタロンに入ってたのか!
こういう分かる人だけ分かる小ネタを入れる脚本は好きだぜ。


先週は寂しいことになってましたが、今週のマリナは出番多めでした。や、物語のヒロインと思って考えてみると相変わらずの冷遇なんですが、今までの蚊の命のような出番の量に慣れたせいで、これだけでお腹いっぱいになってしまう悲しい姫様ファンの性…。
マリナ様可哀想可愛いよマリナ様。

マリナ 「戦いは戦いを呼ぶわ。力でアザディスタンを取り戻して、それでみんなが幸せになれると思うの?」

マリナにはこういうスタンスを崩してほしくないなぁ。勿論泣き寝入りは論外ですが、彼女に担ってほしい役割は『刹那(やシーリン)とは違う手段の模索』ですからね。沙慈君共々、タメの爆発に絶賛期待中。



グッドマン 「観測班からの報告によると、ソレスタルビーイングのスペースシップはラグランジュ3に向かった公算が大きい」

モロにアロウズにバレてるううううう!!
まぁ拠点のうちの一ヶ所でしかないんでしょうけど、オーライザー開発してたってことは結構重要なの筈な場所ですよね。予告で早速爆発してましたけど…。
留美ならこういう拠点の情報も持ってそうなものなんですけど、イノベイターがオーラーイザー完成後にようやく奇襲を仕掛けるってことは、イノベとCBの戦力拮抗を狙ってリボンズにそういう類の情報を教えてないんでしょうかね。


カティ 「そんなものは夢想にすぎん、世界から戦争がなくなるわけがない」

姫とシーリンの論争といい、各々のやり方、考え方が交錯する描写が面白いです。
近頃CBの描写が正義の味方チックになっている感じなので、正論でスメラギさんのやり方を否定するカティさんの存在はホッとします。正義が悪を討つ展開よりも、信念と信念がぶつかり合う戦闘の方が面白いと思うんですよ、絶対。
だからリボンズ、こういうお人が離れていっちゃうようなやり口は止めておくれよ…。



VSブリングでは、イアンはオーライザーの方に行っているので整備担当はミレイナに。セラヴィーがまだ修理中なので出撃できないティエリアはブリッジの砲撃担当に。
万年人手不足組織故の、このクルーの使い回し感が良いなぁ。操舵担当+予備パイロットのラッセみたく、それぞれ普段は突出した得意分野を担当してるものの、やろうと思えば色々マルチに対応できるんでしょうね。
ていうか一体何しに来たよブリング。「牽制と警告」がスメラギさんの推測ですが、リボンズがわざわざそんなことをするとは思えないんだよなー。何やら生真面目そうな性格っぽいブリング本人の独断、かな。



リンダさん、若、い、か…? いや、おっとりママって感じで可愛いけれども。

アレルヤ 「今、ママって言わなかった?」
刹那 「ああ、言った」


ノった!刹那がノった! (クララが立った風に)
さりげなく沙慈も同調してて和みました。相変わらず一歩引いた感じのライルが気になりますが、しっかしこいつら仲良くなったなー、お姉ちゃん嬉しいよ。これからもどんどんこういうシーン挟んでください監督。


新キャラのアニュー可愛いいい!!…と言いたいところですが、配色がどう見てもイノベイターです本当にありがとうございました。貴女(貴方?)一期最終話でリボンズの後ろにいたじゃないか!留美の紹介とかあからさまに怪しい!怪しいよ!
でもアニューを通しての情報はイノベ側に流れてないんですよね。んー、どうなってるんでしょう。
あと、女性として紹介されてましたが、8話のティエリアの例があるんで信用できない…。無性かなー、無性だろうなー、風呂場でべりっとシリコン胸剥がしたりしてたらそれはそれで…。(何だ



カタロンの子供 「宝物を見せ合ったり!」

宝物=メメントモリ&オーライザーですねわかります。見せ合ったら仲直りどころか殺し合いになるよ…!
しかし保母さんマリナ様は可愛いな…。こないだ一人ぼっちで遊んでた子供がもう他の子と溶け合っている姿に、姫の真価を見た気がします。こういう些細だけど温かなものを世界中に広めることができたら、それが一番の理想だなぁと思うのですけど、そんな時間はないからなー…。



マリーの髪ふわが可愛かった!
CBの中で微妙に居場所のない同士な沙慈とマリーの組み合わせ和むよぅ。

沙慈 「何かしないと……!自分に出来ることを、何か……!」

沙慈は本当に好青年ですよね、ルイスの気持ちがよく分かります。彼氏にしたいなぁ、こういう人。
そんな沙慈の台詞を聞いて顔を逸らすマリーも、内心では「何かしなくては」という焦燥を感じていそう。自分が身を寄せている組織が、かつての自分の同士を殺している。そういうのを見て見ぬフリができる人じゃないと思うんですよね、マリーは。「CBに属しているアレルヤの傍にいる以上、責任は持たなければいけない」と考えて自分から引き金を引くタイプの人なんじゃないかと…。
そしてルイスゥううううう!!もう嫌だよ…本気で不憫だよ…。



アリー 「めっきり女らしくなっちまって」

エロいよーぅ。
ていうか、ん?ネーナって歳とるの…?
小説版の描写を見るに、トリニティの実年齢は外見年齢よりずっと低い筈なんですが、元々ある程度育った状態で生まれた後、ナノマシンで不老の能力を持つイノベイターと違い、そこから歳を重ねていくのやもしれません。
いや、単にアリーは一期の子供っぽい無邪気な雰囲気がなくなったことを指して「女らしくなった」と言ったのかもしれませんが。作監によって顔が変わる00なんで、刹那くらいの激変がないとぱっと見て成長したかどうか分からないんだよなー。



いやしかし、メメントモリは反則ですな。
種で似たような兵器を4つくらい見掛けた気がするんですが、今回はカタロンの地道な工作なんかを描いてあったので、それを一撃照射でパーにされたのを見て、うっわズルいなぁ、と、ね。政策も戦術もあったもんじゃねーよ。

アリー 「言いつけどおり探し回ってみたが、それらしいのはいなかったぜ、大将」
リボンズ 「そうかい、ならいいんだ」


大将…!!?
いやそれは兎も角、「それらしいの」=ネーナ、かな。リボンズからトリニティの生き残りの捜索を依頼されていたがあえて報告しなかった、ということでいいんでしょうか、この会話は。となると、アリーが留美と繋がっている可能性も…。
しかし、アリーとリボンズの組み合わせって絵的に凄く不釣り合いですよね。いかにも戦場渡り歩いてますなアリーと、浮世離れしたひらひら服のリボンズのツーショット。…シュールだ。



アロウズ側の切り札とCB側の切り札の機動を合わせた演出は中々に良い感じでした。
相変わらずEDへの入りが綺麗だなー(やってることは虐殺なんですけど)とか思っているうちにCパート。

楽しみにしてた予告のシャワーシーンが一瞬だったことに全私が泣いた。何かイベント来るかとワクワクして待ってた結果がただのサービスシーン…!もうちょっと下まで映してくれなきゃ何も分からないじゃないか…何なの監督はティエリアで何がしたいの…!
…………でもGJ!


オーライザー付き00ガンダムかっこいいなぁ。
というか、オーライザーのすらっとしたシルエットがカッコいい。動けばどんなメカも例外なくカッコよくなる00なんで(先週あたりに初めて公式HPでアヘッドのデザインを見て吃驚したクチです)(アニメじゃあんなにカッコよく見えるのに!)、戦闘シーンにゃかなーり期待してます。OPみたく、オーライザーだけで飛んでみてくれないかなぁ。

そしてハレルヤきたああああおかえりいいいいいいいいいいい!!!
いや、でも、何故に?? 粒子濃度が上がったことでティエリアらの感度(?)が上がりメメントモリの攻撃を察知した、ってことは分かるんですが、GN粒子を触媒に使うらしいイノベイターのティエリアは兎も角、超兵も高濃度の粒子で脳量子派の感度(?)が上がるのか…? 駄目だこの辺のごちゃごちゃした設定が理解できてないわ…あとで整理しよう…。
それにしても大量散布されたGN粒子は綺麗でした。オーライザー装着00が太陽炉をフル稼働して宇宙に飛び出す光景が凄ーく楽しみです。




さて、まとめまとめ。

今回は一種のターニングポイントだったのか、ティエリア、カティ、沙慈、マリー、マリナ、刹那など、それぞれのキャラクターの『迷い』が比較的丁寧に描かれていました。戦う目的を持っている人も、持てないでいる人も、取るべき道を迷っている。
既に00に破壊されるフラグが立っている気がひしひしとするメメントモリなる大量殺戮兵器が出てきたので、とりあえず次回あたりにでも一時的にこの迷いが反アロウズにぐらっと傾くんじゃないかなーと予想。
しかし、種だと物語にラストスパートをかける役目を担っていたジェネシス的な兵器が、10話というこのタイミングで出てきたのが気になるんですよね。1クールのラストはVSメメントモリで〆られるんだろうなと思うので、そこでCBVSイノベイターの構図が崩れて2クール目からは土台の違った展開になるとかたら面白いだろうなぁ。




[追記]

コーラとセルゲイさんに触れ忘れた自分万死! セカンドシーズンは情報量が多すぎていくら書いても何か書き足りてない気がするんですよね。
とりあえずコーラ可愛いよコーラ。泣くな男よ。
セルゲイさんは無事です。死んでません。爆風に煽られただけです。死んでない死んでない死んでない!(自己暗示中
 
スポンサーサイト

Posted on 2008/12/08 Mon. 00:26 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 4    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/447-ae4c6ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO 2ND SEASON 第10話 「天の光」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る 連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。スイールの蜂起とそれによる中東諸国の追随を懸念する連邦は、スイールへのアロウズ派遣を決定、正規軍のセルゲイに、スイ

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2008/12/08 03:28

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#10 『天の光』

もう10話だよ…時間が経つのって早いなぁ…。

手探り。 | 2008/12/08 07:41

ワイはガンダムや!プロゴルファー00や! 第10話

 いやですね、本当はオートマトンの事とか00弱っちいですとかそういうネタを予定していたんですが、数日前の朝目覚める直前に見た夢が凄...

【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/12/09 20:35

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第10話「天の光」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第10話を見ました。第10話 天の光ユニオンの国際大学でエイフマン教授の下でMSの研究を続けることにしたビリーがスメラギに卒業後の進路を尋ねる。「あたしなんてまだまだです…カティの足元にも及ばない」「カティ…戦術予報の天才。...

MAGI☆の日記 | 2008/12/10 22:17

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。