05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#9 『拭えぬ過去』 

報告するのをすっかり忘れてましたが、OPテーマ『儚くも永久のカナシ』、CD買いました。
だが、あれ…?ソレステで聞いたイントロ部分のテレビサイズにない前奏がない…?うおお楽しみにしてたのに何故だ…!?
基本的に私、こういうCDを買う時は、前奏とか間奏とかCパートとかのフル特有のテレビサイズにはないメロディを楽しみにするんですよね。だから私的にこれはちょっと微妙…、いや良い曲であることに変わりはないんですけどもうちょっとフルなりのオマケ的アレンジが欲しかったな…!そして〆がちょっと盛り上がりに欠けて気の抜けた感じで残念に聞こえるのは私だけ…?

とまぁCDの話題はこれくらいにして、以下本編感想いきます。
キャラ画が…。二期始まって以来最悪の崩れ方だったぞ、しんぼさん…orz
今週は演出の方にも難有りだったなぁ…。その代わり、先週なかった分を補うかのように戦闘シーンがやたらと動いてましたけどね。



何故誰の命令でアリーがここに居るのかとか諸々の説明をすっ飛ばしてアバンからいきなり始まるアリー戦。以前スルーされた折の鬱憤が溜まっていたらしく(違)、反動のように暴れ回ってくれました。
純粋な1対2の戦闘シーンって、ファーストシーズンも含め今回が初ですよね。しかも主人公側が2で敵側が1、そして1の方が優勢という、ある意味00らしい状況に。因みに私、『マイスターの技量』<『正規軍エースやベテランMS乗りの技量』ってのが00の面白いポイントの一つだと割と真面目に思ってます。劣っている部分は技術力と戦術でカバー。それがなければ今回のようなことになりますよ、と。
いやぁそれにしてもアリー強いなぁ、怖いなぁ。体が半分消し炭になってしまったそうですが、ロックオンは結局半分くらいは復讐を果たせたことになるのかな…。

セラヴィーの膝から手が!…ってこれ、今回は演出でカバーしてますけど、傍から見るとえらくシュールな図ですよね。接近戦のこともちゃんと考えてそれ用の武装を増やしてきているのは好印象ですけども。もう四年前のようなアドバンテージはない訳ですし、重武装の機体とはいえ大人しく砲撃に専念はさせてもらえないでしょうからねぇ。
しっかし、戦闘のたびに何かしらガンダムの新しい性能がお披露目されてる気がするんですが、一体どれだけ武装&隠しシステムを内臓しているのやら。ギミック考える人もそれを全部脚本に盛り込む人も頭捻ったろうなー。



所変わって、イノベイター組はまだ件の部屋で悠々寛いでました。
前回ティエリアが飛び出して行った窓ですが、なんか凄い割れ方してるぞ…?(笑

リボンズ 「彼らには、僕たちに対抗して欲しいのさ」

本当かなー。何だかんだ理由を付けてティエリアを遠ざけたがっているように見えるのは気のせいですかね。

リジェネ 「2つのGNドライヴを搭載したガンダムは、ソレスタルビーイングが独自開発したものか、それとも、トランザムシステムと同じように、イオリア・シュヘンベルグの遺産か、」
リボンズ 「どちらにしても構わないよ。あの程度の性能、ガデッサに遠く及ばない」


いや、リジェネが問題にしてるのはそこじゃないだろうリボンズ。分かっててはぐらかしたんでしょうけど。
ツインドライヴがイオリアの意思なのか否かに関してはもうリボンズの中で答えが出ている気がするんですよね。前者だって分かってて、それ以上突っ込まれると痛いからこそはぐらかした。で、リジェネはそんなリボンズに「自分達はイオリアの計画にみせかけたリボンズの計画を実行させられているんじゃないか」と不信感を抱いている、と。
…リジェネのポジション良いなー、何を考えどう転ぶか分からないキャラクターなだけに今後のアクションが楽しみでならないです。



『アンドレイ』、…と書くと何か違和感があるので以下『小熊』でいきます(笑)。
その小熊がノーリアクションなところを見るに、ルイスの指輪は小熊の目に入ってないんでしょうねー。いくら一途に想っても駄目だぞ小熊、沙慈のルイスに手は出させん。私が。
ルイスの方は、刹那がCBの一員だと知ってビリーの如く憎しみを滾らせるかと思いきや、反応が微妙…? どうも「CB憎し」よりも「どうしてあの人が」的な疑問の方に重点が置かれている感じ。前回刹那がルイスに沙慈の心を伝えようとしたシーンで「刹那も変わったなぁ」としみじみ思っていたんですが、そういう姿勢がルイスに好印象を与えたが故のこのリアクションなんだったら嬉しいなぁ。



刹那 「連絡取ってないのか」

刹那の言葉遣いがくだけた感じになってるのがちょいと気になりました。普段なら「連絡を取っていないのか」と言いそうなものなのに…相手が沙慈だからか…?

ライル 「全て過ぎたことだ、昔を悔やんでも仕方ねえ。そうさ、俺たちは過去じゃなく、未来のために戦うんだ」

うーん、懐が深いというよりは、冷淡というか関心が低いように感じたり。いや、家族が殺されてるのに関心が低い訳がないんですけど、どうも建前っぽく聞こえるんだよなぁと思うのは穿ちすぎでしょうか。
しかし、一期での刹那とロックオンとの対話の盛り上がりを思い返してみても、刹那とライルとのあれこれがこれで片付いてしまうのはちょっと納得いかないです。この点に関しては、もう一波乱あることに期待してます。



カティさんとタッグを組んでリントをずばっと押さえ込むリヴァイヴに「いいぞもっとやれ!」と思ったのは私だけではあるまい。
リヴァイヴはちゃんとカティさんの実力の方を買ってくれてるんだなーと現金にもイノベイター株が上がった瞬間でした。というか、リヴァイヴの性格かな。こいつら自己主張強そうだなーというのがイノベ勢の印象だったんで、有能と見定めた人間の指揮下に入るのに抵抗はないらしいリヴァイヴの協調性はちと意外で、好印象でした。ちゃんと個性出てるなぁ。
つか、上がる算段があるから降りてきたんでしょうよ、そりゃ。



ビリー 「グラハ、……いや、今はミスター・ブシドーだったね」
ブシドー 「勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だな」


……何!?
そういや、自分で名乗ってたことはありませんでしたな。一体誰が言い出したのやら。
バリバリ私怨の入っているこの二人のタッグには空恐ろしいものがありますが、出来上がるMSは素直に楽しみです。彼の新型にアリーのアインとタッグで襲って来られたら、今度こそCBは終わるだろうなー…。
つか、赤一色で統一されてるアロウズのMSの中にポンと勝手に黒の新型を投入して良いんでしょうかねぇ、当たり前のように作戦をサボっているブシドーには今更か。



ティエリア 「己の正義に殉じて生きる。だが、それが本当の未来に繋がるのか?」

ああ、悩んでる悩んでる。
刹那らには、アロウズのやり方を容認できない理由があるんですよね。リジェネ曰くの計画の第一段階は、リボンズらには本当に第一段階でしかなくて、しかもその目的は『紛争根絶』ではなく『世界の統合』。刹那らCBメンバー的には、それじゃあ困る訳で。
でも、ティエリアは、他のメンバーとは『イオリアの計画』の占めている割合が違う。これまでは計画遂行とロックオンの遺志の引継ぎが同じ方向を向いていたのですが、計画の根本が揺らいだことにより完全な板挟み状態になってしまった、と。
情報が少ない故に余計に混乱してる、ってのもありますよね。イオリアの計画の真意が今一つ不透明だからなぁ…。



それにしても今回は戦闘シーンがぐりぐり動いて良い感じです。ラッセかっこいいよラッセ。
今週のメカ作監は高瀬健一さんだそうですが、こういう戦闘描写ってどういうスタッフがどこまで影響してるんだろう…? 兎に角、今週の戦闘シーンは凄かったです。

船の推進力にトランザムを仕様&敵の爆撃を加速に利用

地上部隊MSの追撃をGNミサイルで一掃

上空待機のガデッサに進行方向をずらされる

宇宙上で待ち伏せ襲撃

途中発進していた00が待ち伏せ部隊に不意打ち

この流れが、テンポが良くて凄まじくカッコイイ。


地上部隊の中にいたコーラですが、早速、活躍らしい活躍もないまま撃退され離脱というコーラクオリティを見せ付けてくれました。
…うん、コーラはこれでいいと思うんだ。戦果なんざ上げなくて良いよ。ただ死ぬな、頼むから。


あと、スメラギさんの「逃げられないのね、私は」の台詞の間に刹那、ライル、ティエリアの顔が映るのがちょいと意味深。
サブタイの『拭えぬ過去』に直にかかってくる台詞ですが、スメラギさんやティエリアだけでなく、ライルや刹那に関してもその拭えぬ過去とやらが今後影響してくるんでしょうね。やっぱり今週のあれだけじゃ因縁消化には弱いからなぁ。『絆』回の再来に期待。
…で、アレルヤはハブですかそうですか。



ところで、今回微妙にOPとEDが変更されてましたよね。というか、OPはピッチそのものが早くなっていたような。EDは前奏シーンの絵が追加されてました。
それと、途中でサントラのCMが流れてましたが、あの曲に凄く惹かれました。CD買おうかな…出費がかさむなぁ…。



そして予告の爆弾その1。まさかのシャワーシーン。
何かティエリアが最近えらい優遇されてる気がするんですが、あの女装といい一体誰の作為なんですか名乗り上げてくださいよ一発殴った後で褒め称えますから!
…………真面目に考えると、ようやっとティエリアの性別に関するイベントが来るんでしょうね。だって00がただのサービスでシャワーシーンを持ってくるとは思い難、…いや先週の前例があるからなぁ、どうだろう。
あと、何故か髪が肩下まで伸びてるっぽいのが気になります。作画の都合、にしてはちょっと長すぎる気がするので、やっぱりイノベイターの体の仕組み云々について明かされるんじゃないかなぁ、と期待。

予告の爆弾その2。
トレミーに新キャラ…?(リンダさんに非ず)
ていうかあの髪の色どう見てもイノベイターなんですけど!(00は基本的に、普通の人間=黒髪・茶髪・金髪等の現実的な色、人外=赤い髪や紫の髪等の蛍光色、で分けられてます、多分。ちなみにフェルトのピンク髪は染めてあるらしい…)
おおおお楽しみだ、まさか直にCBに乗り込んでくるとは。どうやらもう少しイノベイター&ティエリアのターンが続きそうですね。ティエリアファンとしては現状はほくほく状態なんで、どんとこいや。



で。
今気付いたんですけど、今週、姫様の出番が…orz
折角1話からずーっと登場していたのに、遂に皆勤賞ならず…。

 
スポンサーサイト

Posted on 2008/12/02 Tue. 00:14 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 2    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/444-f2959be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン/感想/第09話「拭えぬ過去」

 「試作段階のあの機体を私色に染め上げて欲しい」(ミスター・ブシドー)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン』の視聴ネタバレ感想、第09話「拭えぬ過去」の感想です。

ランゲージダイアリー | 2008/12/02 05:19

乙女はティエリアに恋してる 00第9話

 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...

【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/12/02 20:55

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。