09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#4 『戦う理由』 

「二人は恋人なのですか?」

おおおよく聞いたミレイナ!
だがしかし、せめて恥らうくらいはしようぜ主人公とヒロインよ。
 
マリー可愛いよマリー。
カプセルに入れられた少女と、少女に惹かれる少年の、ガラス越しの会話。頭の中には無邪気な声が響いてくるのに、目の前に居る少女の体は瞬き一つしない。――こういうSF的シチュエーションは大好物です。
マリーの言葉を聞いた瞬間世界に色が付く、あの演出にゃ鳥肌が立ちました。あんな状態ですら「生きていることに感謝する」と言ってしまえるマリーの台詞にも、ね。アレルヤがあそこまでマリーに執着する理由をアバンのみで十二分な説得力を持って描いてしまう脚本はお見事。
ソーマには、是非ともマリーだった記憶を取り戻した上で、アレルヤ(=マリーとしての自分)と中佐(=ソーマとしての自分)の間で葛藤して頂きたいものです。こういうパターンのキャラは大抵「どっちも私なんだ!」というところに落ち着いてしまうのが常なのですが、相手が片やソレスタルビーイング、片や連合の軍人ということで、少なくとも今の状態のままならどちらかを選べばもう片方とは悲恋(?)になってしまいそうな感じなんですよね。
私としては、心情的にはまだまだ中佐寄りなんですが。
というか、まぁ、別にソーマは今も実験を続けさせられている訳でもないんだし、荒熊さんとも上手くいってそうだし、この子のことはもうそっとしておいてやろうぜ、なんて思ってる訳なんですが。
…あ、そういや超兵という理由だけで強制的にアロウズに召集されてたっけか。これでソーマがアロウズに反感を持てば(アロウズはかなり徹底して『悪』として描かれているから可能性は結構高い筈)、ソーマがアロウズから脱出してカタロンに拾われるような展開も十分に有り得る訳で、つまりEDの図式――カタロンっぽいラフな服装のソーマとCBの制服を着たアレルヤが手を取り合っている――にも繋がるワケで、うーん中佐とソーマの二人組みが好きなこっちとしては複雑だなぁ…。



とりあえず誰か姫様にまともな服を用意してあげてください。今回最初から最後まであの格好のままだったよ…!
何だか当たり前みたいに囚人服を着こなしてる我らがヒロインでしたが、CBのメンバーを相手に皇女としての立場からしっかりと意見を述べてる姿を見て「マリナもちゃんと姫だったんだなー」と思ったり。
つか、ラサ死んでたのか…そしてアザディスタンは更に泥沼化してるのか…。薄幸ここに極まれり、姫様不憫すぎる…。

フェルトの件は、今週は多分ライルを殴り飛ばしたくなるだろうなーと思っていたらそうでもなくてホッとしました。兄と同じ顔を利用してフェルトから情報を引き出すくらいのことはやりそうだとかいう失礼なことを考えてたんですが(そして本当にその通りなら今回の冒頭は「ライルは私の前に正座して歯を食いしばろうか?」で始める予定だったんですが)、意外と兄に対するコンプレックスのようなものを持ってる、のか?
それにしてもフェルトが可愛い…。ぱっと後ろを向くモーションとか、00には珍しい演出ですよね。愛らしくて良い感じですな。


一方のアロウズ、銀髪キノコから小物臭が…。
うぅ、前期のアレハンドロみたく、敵にこういう分かり易い小物を出されるのは「あっちが悪ですよー悪い奴ですよー」的な意図が感じ取れて嫌なんだがなぁ…。主人公≠正義の線を踏み外して欲しくないのもありますし、何よりやはりカティや荒熊さんや今回漸くまともに登場した『あの人』のようなお方が光っている方が戦闘が盛り上がって良いと思うのですよ。
しかし、ミスター・ブシドーの名前を聞いた瞬間爆笑したのは私だけではあるまい。ビリー!あんたがスメラギさんの相手をしてる間に、微妙に日本文化を勘違いしてる相方が素敵な方向に暴走してるぞー!

ルイスはルイスでかなり重要なポイントまで出てきているものの、1話以降延々母艦の中で待機中…。や、ルイスと沙慈の幸せを願う側としては、別に全然出撃なんかしてくれなくていいんですけど!
…ん?経験のない素人のルイスが精鋭部隊らしいアロウズに入れたのは、本人の多額の寄付のおかげなんでしょうか。私はてっきりリボンズが権限使ってルイスを捩じ込んだんだと思ってたんですが。


そしてお待ちかねの刹那とマリナのトークきたー!
刹那がマリナの横を通る際に明らかになったコブシ程度の身長差萌えですよ。四年前は刹那の方がずっと小さかったのに、こんなに大きくなっちゃって…(感涙
刹那自身の幸福を望むマリナと、そんな彼女に自身の信念を語って聞かせる刹那という、私が先週からずっと期待していた通りの会話をしてくれるだけに留まらず、姫様からヘッドハンティング(違)が…!
此処ではきっぱり否定してみせる刹那ですけど、実はそのお誘いにぐらりと揺れてたんですよね。一瞬、むしろそのまま姫様のところに行っちゃおうぜ刹那とかあるまじきことを考えてしまいました。アザディスタンで姫様の護衛してる刹那の図とか考えると、それが凄く魅力的に思えて、つい…。
刹那も、CBに入る前にマリナと出会えていたら、例えばあの時0ガンダムでなくマリナに助けられていたら、今頃はマリナの隣に居たんじゃないのかなぁ、とかね。


イアン「戦場の最前線に送られた者、軍に体を改造された者、家族をテロで失った者、ゲリラに仕立て上げられた者。皆戦争で大切なものを失っている。」

ここでティエリアだけ触れられていないのが気になって仕方がない。
単に製作者側がまだ隠しておきたいから伏せたのか、イアン自身が全くティエリアのことを知らないのか。…両方かな。
ティエリアの伏線はイノベーター関連で回収するんでしょうね。イノベーターの存在自体が多分核心なので、それ関連のイベントが来るのは中盤以降になりそうですが、うー焦らすなぁ。
あ、沙慈に関してですが、どうも私にとってあまり歓迎できないネタバレを聞いてしまった、の、です、が、…まぁ今週イアンさんと話してるのを聞いて、シチュエーション次第では許せるかなぁとは思いました。どうせならこの調子でフェルトやらティエリアやらアレルヤやらとも会話して欲しいなぁ、沙慈君。


アレルヤの髪型、よく見ればちゃんとアレルヤとハレルヤだった頃のアレルヤっぽさが残ってますね。左サイドの髪が耳に掛かってるところとか。…あー畜生ホントに二期のビジュアルカッコいいなこいつ。
というか、マリーを取り戻したいってのは分かるんだけど(アバンを見てあれじゃあそう思うのも無理はないよなと納得出来もしたんですけど)、今は大分自由に動けるようになったと言えどガンダムを使って戦う限りはCBの理念に則って行動しなけりゃならない訳なんだけれども、もうさして紛争根絶を重要視していない今のアレルヤはその理念についてはどう思ってるのか…。
…何か、ライルを除いたCBの中で、アレルヤだけ信念の方向が違うんですよね。いつか刹那らと目的が食い違っていくんじゃないかなぁと嫌な予感がするんですよ。杞憂で終わればいいんですけど。



さて、戦闘シーンについてですが、今週も満足な出来でした。

何より覚醒したスメラギさんの戦術を核にガンダム四機を無駄なくフル活用してくれた点が好印象。未だ馴染めてない感じのライルは兎も角、残りの三人が華麗に連携してる時点で、目頭がじんわり熱く…。
しっかし、一期の頃からは考えられないくらい頻繁に戦術使った戦闘挟んできますね。ギアスよりも抑え目というか堅い感じがしますが、それも00らしくて良いかなと思ってます。というか、00の見所は戦闘シーンのインパクトじゃないですからね。勿論、あればあるにこしたことはないんですけど。

そして懐かしのBGMと共に例のあの人きたー!!
どうしよう、『ミスター・ブシドー』なんて入力面倒臭いものよりもっと呼びたい名前があるんだけど、何となく場の空気的に呼んじゃいけない気が…。どうせなら略してミスb、…いや、やっぱ止めとこ。
ああしかしこの人が来るとテンションが上がる上がる。やっぱり敵キャラはこういうのが良いよなー刹那との一騎打ちの熱いこと…! 逃走が目的だった刹那にはあっさり逃げられてしまいましたが。
んで、アレルヤは、どうやらハレルヤを失ったことで超兵としての能力が落ちてしまっているようで…。って、え、それ一体何のフラグ??


ラストはCBとカタロンの接触、シーリンの登場で幕引き。
姫様のヒロイン昇格(?)に伴ってか、シーリンも一気に重要キャラ化しましたな。
ちゃんとアザディスタンのことを考えて動いてくれてたのか…マリナのことを見捨てた訳ではない(というかむしろかなり大切に想ってくれている様子)みたいなので一安心。シーリンもそこそこ好きキャラなので、彼女も物語の前面に出てきてくれるのは大変嬉しいのですが。



と、すっかり終わった気でいたら、そういえばあったCパート。
EDの後におまけシーンが追加されているような心地なので、やっぱりこのパート三分割制は好きです。是非最後まで続けて欲しいところ。そしてスメラギさんの制服もそのサイズで続けて欲しいな…!
しかし、此処のクルー一同揃ってのシーンには、何となくほんわかさせられました。相変わらず刹那とティエリアはあんなスメラギさん見ても無表情なままなんですけど、以前に比べ精神的な距離が凄く近くなった感じが場の空気から伝わってきて、思わずニヤけてしまいました。
早くライルも溶け込んでくれればいいのに…っていうか次回公にカタロンと合流したらライルの立場ってどうなるんだ?


ところで余談。
前回の予告の「だが、罪は消えない」は一体何処に掛かる台詞だったのか気になるんですが…。スメラギ-ビリー間のことを指してるなら、それって違わね?と思うのですが…だってアレ思いっきりビリーの逆恨みだし…。
やっぱり紛争を無くした後で咎は受けるというイアンの台詞に掛かるのかなぁ。あるいは、今はもう刹那側に立って観ている人間の方が多いであろう視聴者への戒め、だった、のか?




…とまぁ今週もえらく長くなってしまいました。
見づらいかもしれませんが、私に文章を纏める能力なんぞ期待してはいけませんぞ、ということで次回以降の感想も多分こんな感じになります。

では、とりあえず今週はこの辺で。
次週は刹那(とマリナ)にとっての何らかの大きなイベントが起きる様子なので、物凄く楽しみにしています。それでは。
 
スポンサーサイト

Posted on 2008/10/27 Mon. 00:09 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 5    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/418-09e27e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン/感想/第04話「戦う理由」

 「神様への感謝の言葉よ」(マリー・パーファシー)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン』の視聴ネタバレ感想、第04話「戦う理由」の感想です。

ランゲージダイアリー | 2008/10/27 03:35

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #04『戦う理由』

4話目にして初めてリアルタイム視聴ならずだった機動戦士ガンダム00 。 冒頭の研究者の声がモロ中村さんじゃん、とまずは笑ってみる。 でもって刹那vsブシドー(爆)のひとときに感慨深くなってみた。

風庫~カゼクラ~ | 2008/10/27 03:53

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第4話「戦う理由」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第4話を見ました。第4話 戦う理由『誰か…誰か…聞こえる?誰か…』「頭の中に声が響く…」『此処よ、あたしは此処にいる』「此処…」『誰か私の声を…』「君が僕に言ってるの?」「あたしの声聞こえるの?どこ?どこにいるの?」少女・...

MAGI☆の日記 | 2008/10/27 12:51

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第4話 「戦う理由」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズは次なる作戦を展開するため、リント少佐を招聘する。カティは、前回のプトレマイオスの作戦を分析し、何かを感じ取っていた。カタロン幹部のクラウスたちはソレスタルビーイングとの接触を図ろうとするが、マリナの行

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2008/10/27 21:38

消えたプリンセス ガンダム00第4話ですか?

 主題歌はOPもEDもいいんじゃないかな?まぁジンでも「いいよいいよ」って言っちゃう人間なんでアテにはなりませんが。  個人的に最悪...

【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/10/27 21:51

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。