07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#2 『ツインドライヴ』  

二話にして刹那節全開。
折角第一話はナリを潜めてたのになぁ…w
うーん、一話のあの刹那が高重力下でどっすんどっすん歩いたりするような細かな演出を期待してたんですが、一話限りでしたか。ちっ。
しかし密度は一話同様ぎっしりみっちりでした。あぁ一期序盤のローテンポは一体何だったんだ…。


アロウズの接近戦ならこっちに部が云々言ってた人に、「いや刹那は接近戦の方が得意なんだぜ」と内心で突っ込みを入れてました。
接近戦が得意っつーよりエクシアの特性のせいか刹那の腕の問題なのか射撃が兎に角当たらなかっただけなんですが。最終話の「狙い撃つ!」以外、ね。

そしてこの度00ガンダムの初出撃となったワケですが、まぁ、アレだ、……ダサいね!(ずぱっ)
GNドライヴを180度ぐりぐり動かせるということで色々と粒子の新しい使い方が出来て便利そうではありますが、いかんせんGNドライヴのあの三角錐が横からにょきにょきっと生えてるのが視覚的にかなりウザいです(爆)。いっそあのにょきにょきが隠れるくらい豪快に粒子を放出してくれれば天使の羽根みたくなって綺麗なんでしょうけど。
逆にセラヴィーはカッコよかった…! 中の人が中の人だけに贔屓目入ってるかもしれませんが、ヴァーチェの頃から相変わらずの馬鹿みたいな火力の大砲とGNフィールドとの切り替えが良い感じだなーと。やっぱり戦闘シーンの描写は一期より遥かに細かくなっている様子ですね。

後、まぁ今回は00ガンダムのお披露目回だったのだから仕方がないのでしょうが、やはり次からMS戦は知略のある戦闘を期待したいです。00ガンダムが全て蹴散らして戦闘終了、じゃあまりにも面白みが無い。
00なら情報戦もちゃんと描いてくれると思うので、次回からは00ガンダムの存在も想定に入れた作戦が展開されることに期待。…その前に、次回はどうやらCBの方から攻め入るという一期後半の後手後手状態以来久しい攻勢展開になりそうですが。


とまぁメカのことはこの辺にして、以下はキャラ感想をば。


アロウズにも、まだ出番の少ない荒熊息子は置いておくとして、マネキン大佐、ソーマ、仮面の男(笑)と層々たる面子が集結。元々は陣営の違う三者が一所に集まっている光景に「おおおー」と何やら感激してしまいました。つーかハム周りから浮きすぎだw
ルイスも含め、やはり二期も(CBから見た)敵側に位置するキャラクターの魅力が光ってます。

半強制的にスメラギさんを連れ戻すやり口といい、さり気なく沙慈にスローネの行動は自分達の志とは違っていたという情報を流す方法といい(あれは絶対に意図的だと思う)、随分とあざとくなったなー刹那。というかCB。こういうあざとさは大好きです。
沙慈に関しては、刹那の口から「あれは俺じゃない」と言い訳がましく説明するより、ハロから情報を自発的に引き出させて見せるという形の方がより効果的でしょうからね。
ライルもといロックオンも何やら内偵のようなことをするためにCBのスカウトに乗ってきた様子ですし(それを見越した上で刹那はあんな強引なスカウトを行ったように思えます、…多分)、カタロンとCBとの腹の探り合いにも大いに期待。

そして姫ぇぇぇ!!
沙慈に続いて姫様にも受難が…。つーかマリナの現在の現状とかまだ何も説明されてないのに、いきなり真っ先に拘束とか…orz
一期は異様に影の薄かったマリナ様ですが、二期は彼女の役割と刹那との絡みにかなーり期待しています。OP詐欺は止めてくれよ水島監督。そういう意味では、彼女も物語の渦中に放り込まれるワケで、この身柄拘束は歓迎するべき展開、なのか…?

リボンズとリジェネは脳内でオンラインでのデータの遣り取りが可能、と。
いいなぁ、こういうSF設定は大好物ですよ。つーか飄々としたリジェネの雰囲気が予想以上に良い…!男か女かはまだ微妙なとこですが(でも多分男だろうな…)、これは好きキャラになりそうな予感。や、決して顔がティエと同じだからと言う訳ではなく。

いやぁそれにしても00ガンダムに乗ってる刹那の楽しそうなこと…ww
エクシアと0ガンダムの太陽炉の組み合わせは、刹那にとっては夢のコラボレーションなんでしょうね。テンションが跳ね上がってるせいか、口調が刹那節フルスロットルに。
ここで何の躊躇も無くトランザムを使うあたり、本当に刹那は変わってないなぁとニヤけてしまいました。リスクなんざ省みないし、人の話も聞きゃしない。


EDの姫が美しすぎる…。そして曲も絵も美しい…!
色々と気になるカットはあったものの、何より銃構えたティエリアの後ろにリジェネらが居るカットが一番気になるんですが。この状況になってまさかのティエリア離反フラグ?

そんでもって、このED後にCパートを挿入する方法はこれからも続くんですかね。だとするとEDの後にもオマケがありますよ的な感じで凄く嬉しいんですけど(笑)。
ライルの「腹に一物持ってますよ」な雰囲気が堪らないなぁ。そしてやっぱり動揺するティエとフェルト。CBを信用していないライルと、ニールの風貌をしたライルの存在に戸惑うCBメンバーのすれ違いが、今後の両者の信頼関係再構築のフラグに見えて凄く楽しみです。

さて、残る一人のマイスターは、次回で奪還作戦始動きたああああ!!
リボンズの動向やフェルト&ティエのロックオンへの対応、アレルヤの性格の変化(あんまり変わってなさげでしたが)やマリーとアレルヤの絡みなんかを心待ちにしつつ、では、今週はこの辺で。
 
スポンサーサイト

Posted on 2008/10/12 Sun. 21:03 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 5    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/395-923cad75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第2話 ツインドライヴ

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第2話「ツインドライヴ」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしていま...

機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 2008/10/12 22:14

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第2話 「ツインドライヴ 」

機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc) ソレスタルビーイングで共に戦う仲間を集める刹那は、ライル・ディランディの元を訪れていた。彼はかつてコードネームを「ロックオン」と呼ばれていたニール・ディランディの実の弟であった。ライルに真実を告げる刹那・・・そし

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2008/10/13 00:01

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #02『ツインドライブ』

何だかファーストシーズンより数倍テンション高いですよ自分(爆) 前回感想でも似たようなことを書いた気もするけど・・・ 『愛してるぞガンダム!!』かもしれん。 と言いたい事をまず吐き出してから落ち着いて書こう、うん。

風庫~カゼクラ~ | 2008/10/13 01:36

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第2話「ツインドライヴ」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第2話を見ました。第2話 ツインドライヴ3ヶ月前 ラグランジュ3GNドライヴが接続され、太陽炉二基が正常に稼動し、00ガンダムのマッチングテストを開始するのだが、安定稼働領域に達することができずにいた。「これで今ある全ての組み...

MAGI☆の日記 | 2008/10/13 09:20

渡る世間は00 第2話 「つい☆どら」

 まずはこちらを御覧頂きたい。  これは月刊アフタヌーンならびにガンダムエースの付録である。アフタのオマケはとりあえず組んでみたも...

【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/10/13 18:07

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。