08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

テイルズオブデスティニー ディレクターズカット プレイ日記その4 


無事クレメンテを手に入れる、もとい仲間にすることが出来、そのまま一行は船でチェリクに到達。
バルックのオフィスにて、例の「僕はおまえのように図々しくて、能天気で、馴れ馴れしい奴が大嫌いだ」の名台詞?を残してさっさと外に出てしまうリオン。
どうやらリオンはスタンが罪状と仕官のことで自分に取り入ろうとしているのだと思っているらしい様子…。即座にまさかスタンに限ってと言うシャルのように、リオンも本当はスタンのアレがただの天然だってことは分かってるんだとは思いますが、父親のせいで必要以上に人間不信になってるんでしょう。まぁ、あの父親なら無理もあるまい。
多分、マリアンとシャルティエ以外に一切気を許す気はないんでしょうね、この時点のリオンは。…疲れる人生だなぁ。

オフィスの外で、わざとらしく話し掛けてくる自称情報屋。
バルックにも伝わっていなかった情報を売りつけてきたコイツの存在ですが、これ、ディムロス達の言葉通りカルバレイスの他国排斥の象徴と受け取っていいんでしょうか。うーん、神の目絡みでちょっとでも不自然なことが起こるとついついヒューゴの根回しを疑ってしまうんですが…。

チェリクを出ると、フィリアの料理に関する新スキットが。スキットのフィリアとリオンの会話が可愛い…。
リオンに手料理のハンバーグを持ってくるフィリア。
ルーティ→いくら説明しても食べて貰えない
スタン→恥ずかしい
…ということでリオンに試食のお鉢が回ってきたらしい。ある意味勇者だよフィリア。この二人の会話とかももっと聞きたかったなー、きっと面白くも可愛らしい漫才が聞けると思うんですが。
…ん?ていうかマリーの存在は?


そんなこんなでカルビオラに到着。
神殿に潜入する夜まで暇の出来たリオンは、一人で適当に街の様子を見てくることに。
砂漠の中でたくましく生きている人々を賞賛するリオン。というか、一見他者を排除して生き抜いているように見えるその姿勢に憧れたらしいです。
リオン「彼らは生きるため、足手纏いを見捨ててきたんじゃないか?」
シャル「見捨ててきた?」
リオン「ああ、そうだ。だからこそ彼らは強い。いや、逆か。強いものしか生き残れない」

…弱肉強食の論理というより、拗ねた子供の考え方に聞こえるなぁ。
なんていうか、この辺でちょっと文句言わせて貰うと、リオンをガキっぽく描きすぎじゃね?、と。
通常版では、無口で無愛想で協調性がないながらも、しっかり常識は弁えてるしパーティの尻を叩く力もあるような、(対人関係の不器用さを除けば)それなりに大人な思考の出来る人間だというイメージだったんですが。まぁ、でも歳相応だと言えばそうなのかもしれませんけどね。
それと、シャルによる例のシーンの暗示めいた台詞がありました。
「坊ちゃんが決断を間違えるはず有りません。それに、僕がどんな時でも一緒にいます。だから、坊ちゃんは坊ちゃんが正しいと思った決断をして下さい。もし間違っていたとしても、その時の後悔は僕と半分ずつです」
お父さんでお兄さんで部下で親友なシャルが素敵。


神殿ではイベントバトルとしてVSバジリスクへ。
しかしホントになっかなかボスが出てこないなぁこのゲーム。とか思いながら戦ったバジリスクに全滅寸前の危機に追いやられてしまいました。難易度が高いのか?それとも私が雑魚いのか?
…ちなみに、私はリオン操作でパーティにスタン・マリー・ルーティの状態です。たまにマリーとフィリアを入れ替えますが。やっぱパーティメンバーにルーティとスタンは必須ですよね。前者は不可欠な回復薬として。後者は何となく居ないと寂しいから。
イベントで石になったスタンと、バジリスクを相手にするルーティ達をほっぽってグレバムを追いかけるリオン。…せめてパナシーアボトルだけかけていってやって下さい。
「あいつらは切捨てだ、シャル」っておいおい、本気で見捨てるつもりだったのか。絶対「これ以上一緒に居るとしんどいから」っていう私的な事情挟んでるだろ。
そんなリオンを諭すバルック。
「誰かの犠牲があるようでは、俺が基金を建てた意味がない。俺は人を助けるのに、理由なんていらないと考えたい」
誰かの犠牲があるようでは、か…。後々のことを考えるとこの台詞も興味深いですね。
その台詞にスタンの真意を重ねたリオンは、自ら神殿に戻り、スタン達を助けることに。

んー、しかしこの辺のイベントは改悪じゃないかと思ってしまうなぁ…。
スタンの行為を目にしても省みずに切り捨てようとしたリオン、っていうのが先ず嫌だったし、バルックの言葉ではリオンを素直にするのには少し弱いと思う。神殿に戻った途端スタンに対してコロリと態度を変えるリオンも唐突過ぎるように感じますしね。勝手に出て行って勝手に見捨てそうになって勝手に戻って、と、リオンの我が侭ぶりが悪い意味で際立っていたような…。ルーティ達ももっと怒っていいと思うぞ。
いくらリオンファンの為のDCといえど、出番を増やせばいいってもんじゃないです。このリオンの我が侭さ加減を強調するような描写はちょーっと残念だったかも。

以上、雪解けイベントでした。
さて次はいよいよアイスキャンディーです(笑)。


その5に続く…
スポンサーサイト

Posted on 2008/02/13 Wed. 23:32 [edit]

category: TOD

thread: テイルズ  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 2

13

コメント

楽しみにしてます。 

こっそり読んでいます。続きを楽しみにしています!

URL | ユーキ #FAbazaxU | 2008/02/15 12:07 | edit

ありがとうございます! 

ああ、読者さんいらっしゃいましたか。
そう言って頂けると物凄く嬉しいです。遅くてすみません。これからも頑張って書いていくので宜しくです。

URL | 藍 #- | 2008/02/15 14:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/297-4a5a8ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。