07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ プレイ日記その9 

 
ワールドカードは最初に並んでいる順番通りに回ります。
まずは、アグラバー。
闇を嫌っているリクには悪いですが、ダークモードになってストック技を連発しながら進んでいきます。後、リクの「王様!」が聞きたくてたびたび王様を召喚。適当にストックして発見した王様との連携技ホーリーバーストは便利すぎてヤミツキになりそうだ…。
VSジャファーは、攻撃が当たりにくいのでDモードでダークファイガを連発。で、あっさり勝利。

漸く匂いの正体がリクだと見破るゼクシオン。
リクが闇の扉の向こうに残ったことを知っているということは、こいつらはⅠでの戦いを全部傍観していたわけですね。もしソラが現れなければ機関とアンセム(正式には、ゼアノートのハートレス、ですが)はどうなってたのか、ちょっと気になる…。
リクが此処に現れたのは地上のソラに感応したからだとか。ヴィクセン曰く、地上組がソラを手に入れようとしているが下らない、本当に興味深い存在はリクの方、だそうで。
地下組からの視点だと、組織の内部抗争の様子が分かって面白いですね。

次はモンストロのワールド。Ⅰでリクがピノキオを攫った場所です。
ボスは本体よりも胃液が鬱陶しいパラサイトゲイジ。ビギナーモードで始めたせいか、ざくざく斬っているうちに簡単に撃破。

モンストロを出ると突然ヴィクセンが出現。アンセムの仲間かと問うリクに、半分だけ正しいと答えるヴィクセン。Ⅱにおいての重要な伏線ですね。
確かに俺の中には闇が残っている。でもそれがどうした、闇は俺の敵だ!…というわけで、VSヴィクセン。
ブレイクとダークファイガを適当に使って勝利。
「わざと怒らせた甲斐があったぞ。熱くなってくれたおかげで貴重なデータが取れた」
そして用は済んだとばかりにさっさと消えてしまうヴィクセン。…あぁ、このデータでレプリカを作るのか。

お次はネバーランド。
ボスはフック船長。こっちも適当に戦っているうちに撃破。…何かあっさりすぎて手応えがまるでないです。やっぱりスタンダートモードにするべきだったかなぁ。

現在地上では、ソラがナミネの力で嘘の記憶を少しずつ刷り込まれている状態。
ソラを手に入れようとするマールーシャとラクシーヌに不信感を抱いたゼクシオンは、マールーシャ達地上組へヴィクセンを向かわせます。ヴィクセンがマールーシャに敵対感情を持っていることを指摘するレクセウスに、「だからですよ。僕らの代わりに面倒を引き受けてもらいましょう」…結束がどうこう言ってた割に、いい性格してますね。

次はトラヴァーズタウン、と。…あれ?リクってトラヴァースタウンに来たことありましたっけ?
……(アルティマニアを調べる)……あーいたな。マレフィセントと一緒に、外に流れ着いたソラを見に。
ボスは鐘を鳴らすと現れるアイツ。ストック技を連発しているうちにカードが殆どなくなってしまったものの、王様との連携技で撃破。

街を出ると、そこには自分とそっくり同じ姿の人間が。
そいつは、自分はヴィクセンに作られたレプリカだと名乗ります。
「俺の偽者か」
「決め付けるな!自分が本物だからっていい気になりやがって!」
…シュールな会話だ。
俺はおまえみたいに闇に怯える臆病者じゃない、という挑発によりVSレプリカに。同じカードをぶつけることで発動する技を偶然二度繰り返せたことによって撃破。
勝利するや、リクは「おい偽者、さっき言ってなかったか?「おまえは俺に勝てない」って」と挑発返し。それに対して、俺はまだ強くなる、次を楽しみにしていろ、と吐くレプリカ。リクがトドメを刺そうと向かっていくものの、レプリカの闇の力に阻まれてしまいます。

ヴィクセンたちのところに戻ったレプリカは、リクを「ただの怖がり」と称す。…負けたクセに(ボソ
そんなレプリカをソラの元へ向かわせようとするヴィクセン。

出て来い偽者、と叫ぶリクに、再びアンセムの声が届く。
「偽者?はたしてそうかな」
どうでもいいけどこの偽者の発音が妙に笑える…。
おまえは闇を恐れすぎていると挑発するアンセムに斬りかかるも、簡単に弾かれてしまうリク。…このパターン多いな。
反抗的なリクの態度に嘆息したアンセムが渡してきたのは、新しいワールドカード。
「そのうち君にもわかるだろう。闇に逆らうのは無駄だと」
アンセムに貰ったカードは、アトランティカ、オリンポス、ワンダーランド、ハロウィンタウンの四枚。…ん?これは誰の記憶だ?アンセム、ひょっとしてソラからくすねてきたのか?




その10に続く…
スポンサーサイト

Posted on 2008/01/05 Sat. 00:12 [edit]

category: キングダムハーツ

thread: キングダムハーツシリーズ  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/281-c3632eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。