10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

HUNTER×HUNTER No.268~269 

すんません、また忘れてました…(汗
今回は(比較的)長くなります。


No.268

・ごめん、サブタイにもなってる「王。」のナレーションの入ってるコマで笑った。あの背景は違うんじゃないかと思うな…。ていうか眉毛あったのね、王。
・ちなみに見開きのピトーの横顔、というか後姿が美人(…いや美猫?美蟻?)だと思ったのは内緒です。しかし能力を使うということはピトーは暫く動けなくなるということですね。0.01秒単位で動き回っているような方々なので、このメリットはデカいか。
・しかし二対一でも王に勝てそうな気配が全くないな。会長もゼノも王の予想外の行動や力量に呑まれっぱなし…。
・一方のユピーVS師弟。なんかユピーの外見が恐ろしいことになってますが、モラウに不意を付かれ脇を通り抜かれたシーンで顔がちょっと元に戻ってホッ。そんでもって先週ひやひやしてたナックル達はちゃんと生きてました…!しかしその代わりにシュートが大怪我をしてしまったようで。「ズキズキ」とかそんな擬音語のレベルの怪我じゃないと思うぞ…。ぐちゃぐちゃ…。

No.269

・サブタイは「貸し」。でも十秒かけてたった590か、ゴールまで途方もないな…。
・シュートはずっとハイ状態。ポーズが華麗だ…。ナレの「逆境を糧にシュートは翔んだのだ」の『翔んだ』って表現が良いですね。ウチのパソじゃ『とんだ』で変換出来ませんでしたが…。
・モラウさん、物凄くカッコイイんですけど、それは死亡フラグです。
・弟に指摘されて、見開きのページ右上に突入からのタイムが記入されていることに気付きました。経過時間4.87秒、ってことでOK?…恐ろしいな。
・「イカルゴの…向かう先…!!!」キルアが振り向くシーン、そして駆けるキルアとそれを振り向きもしないゴンの対比のシーンが凄すぎる。本来、こんなに切迫していない穏やかな状況なら、おそらくゴンとキルアは反対の行動を取るんだろうに、と思うと鳥肌が…!
しかしハンター試験時のキルアを思い出してからコレを見ると、あぁこいつ変わったな、としみじみ思います。それはもう、かつてイルミに屈してゴンを選べなかった彼が、今は身体が理性を吹っ飛ばして真っ直ぐに『友達』を助けに行こうとするぐらいなんですから。試験編を読んでいて当時キルアのあの選択にショックを受けた人間として、今話のコレは結構感慨深いです…。
・逆にゴンは蟻編に入り怪物っぷりにどんどん磨きがかかっている感じですね。今回のキルアの一連のシーンで、ゴンの後姿しか見えない描写には戦慄が走ります。これだけを見るとゴンよりキルアの方がよほど人間的に見える…。まぁ、今ゴンが動いている根源にあるのはカイトへの情という人間的感情ではあるんですけど。


さて、いよいよ後は一話を残すのみとなりました。…今からちょっと泣きそうです。
あぁ、またいつ再開されるかも分からない――それどころかいつ突然終了のお知らせが載ってもおかしくない休載地獄に舞い戻ってしまうなんて、寂しすぎる…。


スポンサーサイト

Posted on 2007/12/06 Thu. 19:40 [edit]

category: HUNTER×HUTER

thread: 漫画の感想  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/263-bc5002b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。