09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

STAGE8.5 仮面の軌跡 

あまり印象に残ることがなかったので、危うく感想を書き忘れるところでした‥‥。

特に新規映像もない、普通に普通の総集編でした。一部、今までにないシーンがありましたが(ゲットーでおどけてゼロの物真似をする男のシーン)、多分9話のワンシーンでしょう。
独白の形でルルの心情が追われていた点は嬉しかったのですが、終始声はゼロモードでした。やっぱりルルのデフォはこっちなのか‥‥?


不意打ちだった。全ての事があまりにも突然すぎた。
あの時の俺はまだ9歳の子供で、何も気づかず、何も知らず、何もできなかった。
俺の母・ブリタニア皇妃マリアンヌは殺された。公式記録はテロリストによる凶行。
しかし、それは嘘だ。ブリタニアの帝都、それも皇族の住まうアリエス宮にどうしてテロリストが入り込めた?誰かが手引きしたに違いないのだ。
母の身分は騎士侯だったが、出は庶民だ。他の皇女達にとって見ればさぞや目障りだったことだろう。母を狙う人間には、心当たりがありすぎた。


俺とナナリーは地下資源「サクラダイト」を巡って対立していた日本へと送られた。
体の良い人質だ。
俺達兄弟は外交の道具とされたのだ。
当時の日本国首相・枢木ゲンブの家に引き取られた俺達はその息子・枢木スザクとであった。
それまで俺達の周りには皇位を狙うライバルと家臣しかいなかった。だから、スザクは俺にとって初めての友達だった。
ナナリーもスザクと親しくなり、俺達は異国の地で、小さな安らぎを手に入れたかに思えた。
しかし――
皇暦2010年8月10日、ブリタニアは突如日本に宣戦布告した。
俺とナナリーがいることは分かっているはずなのに!
本土決戦においてブリタニア軍は人型自在戦闘装甲機"ナイトメアフレーム"を初めて実戦に投入。その威力は予想を遥かに超え、日本側の本土防衛網は次々に突破されていった。
日本、帝国の属領となり、自由と権利と、そして名前を奪われた。
ブリタニアは俺とナナリーがようやくありついた小さな世界すらも奪ってしまった。
だから、俺は――


とりあえず、ルルとスザクと出会ったのはルルが外交の道具として枢木首相に預けられた時だということが、はっきりと語られました。まぁ、想像はついてましたが。


そしてラストに(画像は使い回しですが)新しいルルとナナリーの会話が。

「おかりなさい、お兄様」
「ただいま、ナナリー」
「最近、ずっと遅いんですね。どんな賭け事をしてるんです?シャーリーさんが心配してましたよ」
「してないよ、もう。賭け事なんて」
「ねぇ、お兄様。あまり危ないことはしないで下さいね。せっかくスザクさんとも再会できたんですもの。また、昔みたいに‥‥」
「分かってるよ、ナナリー。また、昔みたいに」
そう、そのために、ナナリー。俺は、世界を壊す!


やっぱりナナリーは、兄の雰囲気が変わったことを悟ってるんじゃないでしょうか。
女性陣の中ではナナリーが一番好きです。いつか視聴者が驚くようなアクションを起こしてくれるのではないかと期待してます。


後、第一話の契約のシーンが出てきましたが、何気にまだ明かされていない伏線が満載でした。ギアスの文様の石版と、その文様を顔に彫られた子供達。それから宇宙のカットが流れていったんですが、ひょっとしてC.C.は宇宙人‥‥?
C.C.の「異なる摂理、異なる時間、異なる命」の台詞の意味もまだ不明ですね。今の所、ルルには特に他の人間と変わったところはなさそうですが‥‥。


次回、STAGE9「リフレイン」

ついている
天は俺に味方した
まさかコーネリアの弱点が捕虜になっていたとは
ユーフェミアという弱点が
さぁここからが黒の騎士団の、俺の反撃だ
俺を閉じ込めた世界に
そして、動かなかった俺自身の心に


‥‥時々思うんですが、ブリタニアを壊した後、ルルは自分のことをどうするつもりなんでしょう?

NTネタバレ↓
ゼロは自分達の組織を〝黒の騎士団〟と名乗り、「弱者の味方」という彼の言葉どおり、横暴な軍隊や汚職政治家、犯罪組織などを始末していった。そんな中、日本で密かに広がっているという麻薬〝リフレイン〟の情報を得た黒の騎士団は、その調査に乗り出した。
メージュネタバレ↓
ホテルジャック事件以来、世間の話題は黒の騎士団一色に。そんななか、スザクに黒の騎士団を認めてもらいたかったルルーシュだったが、スザクと口論になってしまう。
スポンサーサイト

Posted on 2006/12/02 Sat. 10:45 [edit]

category: コードギアス

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 8    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/173-3968ab26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「大人は嘘つきだ」と思った少年少女の皆さん、どうも済みませんでした。大人は嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです…。それでは、これからも「コードギアス」の応援、宜しくね! コードギアス8.5話

 今回は完全なルルーシュ視点による回想でした。 ルルーシュの精神を形成した、母マリアンヌの死と、妹ナナリーの負傷、そして父帝の「お前は生きた事は一度も無いのだ!」という発言から、「僕は、スザク、僕は…&he

日がな一日ラらラら日記 | 2006/12/02 14:28

コードギアス 反逆のルルーシュ 第8.5話「仮面の軌跡」

STAGE.8.5 「仮面 の 軌跡」偽りの名と身分で生きてたルルーシュ。契約の魔女CCと出会ったことが、その運命を変えた。報復の力を得た時から、ルルはもうひとつの仮面をすることになる。その名は――ゼロ。総集編です。

SERA@らくblog | 2006/12/02 16:42

コードギアス 反逆のルルーシュ/感想&トラックバックセンター/stage8.5「仮面の軌跡」

 「分かってるよナナリー、また昔みたいに」(ルルーシュ・ランペルージ) 前回第08話「黒の騎士団」の感想記事では90を超えるトラックバックを頂きました。皆さんご協力ありがとうございましたm(_ _)m。当ブログの感想記事は管理人在住地域の放映日(金曜深夜)以降...

ランゲージダイアリー | 2006/12/02 17:13

コードギアス 反逆のルルーシュ 第8.5話

『仮面の軌跡』総集編だと、油断していたもんだから、ラストにギアスかけられそうになりましたw一番ツボだったのが、この…「仮面をとった私の精密なフィギュア」何言ってんだオマエはwwwそして、発音カッコイ

ACGギリギリ雑記 | 2006/12/02 17:38

コードギアス 反逆のルルーシュ #08.5 「仮面の軌跡」

 どこから見ても標準的な総集編でした。 新情報もほとんどありません。 やはりクォリティを保つための、骨休めなのでしょうか。 ですが、#09の次回予告もありますし、少し情報整理と考察をしたいので、記事にしておきます。♯記事内リンク:→今回の追...

月の静寂、星の歌 | 2006/12/02 18:12

コードギアス 反逆のルルーシュ stage8.5 『仮面 の 軌跡』

今日は総集編。さすがに25話編成なので、もう1話総集編はなしにしてほしいですけれど。ルルーシュの独白で綴られた今回の話。真新しい情報はとくにありませんね。というか、次回予告の……

根無草の徒然草 | 2006/12/03 02:46

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第8.5話 「仮面の軌跡」

コードギアス 反逆のルルーシュ 1ルルーシュ自身の口から語られる、その生い立ち、そして黒の騎士団結成までの経緯。彼が何を目指し、何を求めるのか・・・今その真実が明らかとなる・・・。

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2006/12/03 06:54

コードギアス・反逆のルルーシュ 第08.5話「仮面の軌跡」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:谷口悟朗・須永司・村田和也 演出協力:村田和也・秋田谷典昭・三好正人・三宅和男・鳥羽聡・工藤寛顕・馬場誠作画監督:千羽由利子・中谷誠一・佐光幸恵・山根理宏・しんぼたくろう・高瀬健一・高橋晃・前田清明・木村貴宏「全ての人間に支持

AGAS~アーガス~ | 2006/12/05 02:09

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。