03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

記事とは関係ないけどガルガンティア見てます。面白いです。 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

絶チル34巻特別版①
絶チル34巻特別版②

ええ。買いましたともよ。絶対可憐チルドレン単行本34巻アンリミドラマCD付き特別版いちきゅっぱ!(1980円)
とりあえずさらっとドラマCD感想。


「ずっと待ち続けている。この世の終わり、そう、破壊と救済を――」

ポエミーですね少佐。知ってたけど!
破壊と救済が欲しいのは世界じゃなくて少佐自身だと思うんだけどな。その辺を履き違えて(というか自分を世界や薫ちゃんに投影して?)根本的なところを間違いながら突っ走ってる少佐マジ少佐。
そしてパンドラマジ家族。
葉可愛いよ葉。アンリミは少佐・アンディ・ユウギリが主役だけど、準主役は間違いなく彼でした。アンディと喧嘩した次のトラックでは異様に仲良くなってて可ー愛いんだ可愛いんだ!
あとユウギリもアンディも可愛くて可愛くて大変結構でしたが、何より本当に一家の大黒柱やってるお爺ちゃん少佐にグッときて、その後ちょっとしんみりしました。まだ誰も隣に並んで立ってくれなかった時の少佐切ねぇよ。アンディ頑張れ。マジ頑張れ。

パンドラ家族でほのぼのやってる話も面白かったですが、一番楽しかったのは皆本と少佐のシリアスなトラック。
でもあれ、ノリこそシリアスなものの、単に少佐が皆本にじゃれついて遊んでただけですよね。こういう皆本を困らせるのが楽しくて仕方がない少佐なんかもアンリミの映像の中で見たかったなー。



……とまぁドラマCDの方も、ほのぼのしたりしんみりしたりほのぼのしたりで値段分は楽しめた感じでしたが、今回は何より原作が面白くてもうね! 貪り読んじゃいましたよ。
過去編メイン巻ということで完全に少佐が主役状態でした。大戦中の世界情勢やら、作品の根幹に関わる未来予知・未来改変に関する事やら、現在のややこしい少佐を作り上げた下地のエピソードやら、大事な情報がぎゅぎゅっと濃縮された凄い巻でした。
そんなこんなで以下絶チル34巻感想。いつものごとく半ば少佐感想になっております。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/21 Sun. 02:57 [edit]

category: アンリミ・絶チル

thread: THE UNLIMITED -兵部京介-  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

21

アンリミがまだまだ好きだ! 

syousa

アンリミテッドが終わって一週間が過ぎましたが、未だに全く熱が冷めないのでせっせと貢いでます。上がOPのCDで、下が可憐ガイスのキャラソン集。オープニング日本語Verの、テレビ版にはないイントロがクソカッコイイんです。後者は、声優に興味はないけど少佐のためならえんやこら。

あれから録画した各話をしつこいほどに見直してます。いいアニメだった。ほんとにいいアニメだった。
あと、四度目くらいに気づいたんですけど、最終話で記憶を失った早乙女の傍らを走っていく子供たち、姉弟なんですよね。全てまっさらになった早乙女と、幼いころの不二子さんと少佐を思わせる子供たちが楽しそうに駆けていく姿を一緒に映すのが意味深で、ホントに細部まで凝ったアニメだったんだなと改めて思い知らされたり。
原作者の椎名先生が毎週ブログで熱く語ってたのも、読んでてすごく楽しかったです。チラ裏のラクガキみたく、7~10年後のユウギリちゃんは立派なエスパー少女になっているのか。その時まで少佐は生きていられるのか……!(ぶわっ
続き、見たいなぁ。叶わぬ夢と分かっていても、今後のユウギリちゃんやアンディや少佐が見たい。ホントに見たい。
とりあえずサントラの発売を今かと待ち構え中です。5月終わりとか遅い! 遅すぎるよ! 時よ進め……!(えっ

Posted on 2013/04/04 Thu. 19:33 [edit]

category: アンリミ・絶チル

thread: THE UNLIMITED -兵部京介-  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。