02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 05

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アクエリオンEVOL#13追記とか。 

冷静になって改めてもう一回見ると、結構面白かったアクエリオン13話。ダブル合体とか普通に燃えたし、四脚ゲパルトのカッコよさが異常だったし、作画も戦闘シーンも普通に素晴らしかったです。
なんで最初見た時あんなにがっかりしたんだろう。ジン君しか見えてなかったからなんだろうか。多分そうなんだろうな。
しかしミコノさん可愛いなぁ、折れそうなくらい華奢なのに出るところはしっかり出てて柔らかそうで、カグラやアマタの腕にすっぽり収まっちゃう感がマジ堪らない。カグラがぶんぶん振り回したくなる気持ちも分かろうというもの。今後はアマタ・ミコノ・カグラの関係性に期待して見ていきたいと思います。
でもやっぱりそれよりもジン君のピュアっぷりをもっと見てたかった。見てたかったよぅ……。
そしてミカゲは禿げろ。


あと、一週間ちょい遅れのハンタ感想も書こうかと思ってたんですが、ちょっと時間がないので簡素にいきます。
地図の外側の世界かーその発想はなかった。新展開も面白そうでいいんですけど、この調子だとクラピカの出番はまだおあずけになりそうですね。うん、いいよ、そんな予感はしてたもの。
そしてそろそろくるだろうなーと思ってたらやっぱりきましたね。休載。いいですよ。待ちますよ。待ってますよ、ずっと。

そしてワンピのローがさぁ……!強いしカッコいいし良い人そうだしね!もうね……!
ワンピースについてもいずれ長々と語りたいなぁ。今出てるローとかスモーカーみたいな脇キャラの魅力が半端ないんですよねワンピは。キャラ立ての巧さは天下一品な作品だと思ってます。
もちろんルフィ達も好きですよ。あのアナーキーというかピスカレクというかアウトローな感じの彼らの価値観、大好きです。



スポンサーサイト

Posted on 2012/03/27 Tue. 20:43 [edit]

category: その他アニメ

thread: アクエリオンEVOL  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

27

アクエリオンEVOL #13 『堕ちた巨人』 

いや、うん、むしろ逆にこの展開は予想してなかった。
先週ベタ褒めして萌え萌えしワクワクながら一週間が過ぎるのを待ってたのに次の週にこれとかちくしょううううううううう!!!


※以下、批判する時だけ饒舌になる私の悪い癖がバリバリ出てるんで閉じさせてもらいます
-- 続きを読む --

Posted on 2012/03/26 Mon. 09:08 [edit]

category: その他アニメ

thread: アクエリオンEVOL  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

26

アクエリオンEVOL 

最近のアクエリオンEVOLが面白すぎて、寝ても覚めてもこの作品の事ばかり考えてしまう立派な中毒症状に見舞われております。いやーこんな面白いアニメだとは思わなかった。10話までは週遅れ放送のニコニコで見てたんですが、もうどうにも我慢できなくなって地上波の分にまで手を出しました。現在12話まで視聴済み。
今のところ、キャラとキャラの関係性というモノが好きな自分には延髄モノの展開になりつつあってもう最高です。どのキャラのどの関係性も琴線をくすぐってくれて涎が止まらない……!

・アマタとミコノ
この二人は、ミコノが好きで好きで好きでたまらないアマタと、アマタに愛されて愛されて愛されて幸せそうなミコノが好きって感じなんだよなぁ。未だにミコノをさん付けで呼んでるんだぜアマタ君。「ミコノさんがミコノさんのミコノさんでミコノさんなんだよ!」「アマタ君ったら……!」って感じの二人が好きなのです。
ただ、このまま平穏に終わらせてもらえそうにないのが主人公ヒロインの宿命な訳で。
前作は見てないんですが、ネットの方々の感想記事やニコニコのコメント等で、どうやらカグラが前作主人公、ミコノが前作ヒロインの生まれ変わり(かもしれない)ってところまでは把握してるんですよね。EVOLの作中でもカグラとミコノが運命の糸で結ばれているっぽい描写はありましたし。そこにゼシカも加わって、さてこの4人は最終的にどうなるのか。

・ジンとユノハ
ロミジュリ的美味しい立ち位置にいる二人ですが、それよりももう何よりもジン君がね!もうね!可愛すぎてね!12話を見ながら私が何回机をドンドン叩いたと思う!?
ホットドッグと格闘する姿に1ドン、合体に興味を示すところに2ドン、ユノハに挨拶するところで3ドン、「嫌われた……」で4ドン、ユノハに胸キュンする姿に5ドン、「もしかして、これが合体……?」で6ドンですよ! それ以降はシリアス展開すぎて机を叩いてる暇すらなかったんだけどね……!
けどジンが女子に囲まれてる姿を見て嫉妬するどころか安心してるユノハの様子をみるに、彼女から出てるベクトルは恋愛感情じゃないっぽいですね。どうするジン君。

・アンディとMIX
ちょくちょく挟まれるアンディとMIXの小話もイイ!
しかし、ホントにちょくちょく挟まれるだけで、9話以降あまりスポットの当たらないお二人。もっといちゃいちゃしてくれと思う反面、あまりスポットが当たると悲劇フラグが立ちそうなのでこのままでもいいよと思ったりもしたり。ジンとユノハなんかあからさまにヤバ気な空気が漂ってるんで、この二人には癒しであってもらいたいのです。
ていうかアンディが良い奴すぎて泣けてくる……! そっけなくて無愛想なジンにまるでめげることなく声をかけ続けたり、アマタのためにパジャマパーティを企画したり(しかも自分の本命のMIXの乱入を断ってまで!)、おまけにその行為が全部さりげなく押しつけがましくなくて、もうホント何なんだろうこの出来過ぎた人間は。
周りからはイジられキャラとして扱われてますが、この作品最高最強のイケメンは彼ですよ間違いなく。MIXとお幸せに。


他にも教師陣とか、アリシアとイズモとか、カイエンとシュレードとか(笑)、色々気になる人たちもいるんですけど、そろそろ萌えてばかりもいられそうにない雰囲気になってきました。
こんなに早くジン君の正体が露見するとはなぁ。もうちょっと引っ張って平和な学園生活が続くかと思ってたんですが、よくよく考えてみれば、もう既に起承転結の『承』の辺りまでは描き終ってるっぽいんですよねこの作品。
世界観の説明は終わったし、各キャラクターはこれでもかってほどに立ってるし、各々の関係性もきっちり描写し終ってる。ドミノでいうと、ここまでは駒を設置する過程を見せていたようなものですね。……じゃあ、ここまできたら、あとは崩すしかないじゃないか! ということで、12話の終わり方からしても、予告の激動の雰囲気的にみても、いよいよ折り返し地点に入るこの時期に、物語の『転』の部分に突入しそうな予感がします。
……正直、これまでギャグを全面的に展開させてきたEVOLがここでシリアス展開に突入して、果たして今まで通りに楽しめるんだろうか、っていう不安もなくはないんですけど、兎も角今は物語やキャラクターがどう転がっていくのかとても楽しみです。
せめてジン君が幸せになれますように……!

Posted on 2012/03/21 Wed. 01:51 [edit]

category: その他アニメ

thread: アクエリオンEVOL  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

21

アクエリオンEVOL 

やだ……ジンくん可愛い……。

アクエリオンEVOLが面白いです。
「前作は2、3話で切っちゃったんだよなぁ、続編のEVOLは面白いかなぁ」

「お、2話まで見たけど結構面白いぞ」

「土下座……だと!? やばいこの作品新しい!」

「毎回毎回面白いなぁ。ハマりそう(9話時点)」

「……!……ッ!!(10話時点)」←今ココ!

だって奥さんアレですぜ、アニメオリジナルストーリー+男女比のとれた色とりどりのキャラクター+ファンタジー+ロボットモノという私の琴線をくすぐる要素ばかりで構成されたアニメなんですぜ。(あとは世紀末でダークで退廃的な世界観があって、なおかつダークヒーローがいれば完璧なんですが!)
ミコノさんは超絶可愛いし、アンディとMIIXの夫婦にはニヤニヤされっぱなしだし、ゼシカはエロいし、そこにジン君という神キャラが加わって、これはもう萌えるしかないじゃないか……!
いやもう10話は悶絶しましたとも。まさかそれまでただの敵キャラだったジン君が、僅か1話でこんな出世を果たすとは。
ベタだからいいんです。王道っていうのは上手く使えば最高最強の効果を発揮するものなんです。それまでただ敵としてしか認識していなかった存在に、ある時急に情が移る。愛おしいと思ってしまう。その心境の変化が美しいんです。キャラクターの心が劇的に動けば動くほど、物語というものは名作になるんです。
何が言いたいかというと、ジン×ユノハ最高ってことです。もう何度あの挿入歌のシーンをリピートしたことか。

今のところバカギャグ押しが基本のアクエリオンですが、ここまでそれぞれのキャラが立ってきたなら、そろそろ一部で噂されてるドシリアス編に突入しても良いなぁと思うんですけど。気楽な学園パートの日常がぶっ壊れるような展開に移行できるくらいの下積みは既にできてる気がするんで、ワクワク半分怖さ半分でそんな展開も待ってたりします。

Posted on 2012/03/16 Fri. 19:33 [edit]

category: その他アニメ

TB: 0    CM: 0

16

HUNTER×HUNTER No.339 『静寂』 

クラピカあああああああ!!ローおおおおおおお!!!
ずっと再登場を待ってたキャラが二人も登場してくれて私は感無量だよ……。

選挙編も一応無事終わり(メルエムとコムギで〆とか粋だね!冨樫先生超わかってる!)、新章突入にあたってゴンとキルアはそれぞれ別行動をすることになったようで。
……キルアとアルカの二人旅かぁ。不安だなぁ。
キルアって、ゴンの傍にいてゴンを立てることで初めてバランスのとれたキャラになるんだと思ってるんですよ。ぶっちゃけ彼って、根本的には幻影旅団みたいな連中とそう変わりないじゃないですか。でも「ゴンと友達でいたいから」っていう殺しを忌避する理由があるからこそ、彼ら悪役とは一線を画する立ち位置にいる。つまりはゴンがストッパーになっていたんですよね。(ゴンはゴンで色々倫理観がぶっ飛んでるところもあるんですが、まぁ少なくとも彼は命に対する敬意はちゃんと持ってますから)
もちろんゴンとキルアの友情が消えてなくなった訳ではないので、これからキルアがそうほいほいゴンのスタンスを裏切るような行動を取るとは思えないんですが、……既にイルミとの追いかけっこの最中にゴトーや一般人を大勢見捨ててますからねー彼。
アルカがゴンの代わりのストッパーになれるかっていうと微妙だしなぁ。一見良い子そうに見えても、彼女もれっきとしたゾルディック家の一員だからなぁ。
……うーん、不安だ。

で、一方のゴンは世界中のてっぺんに。
ジンとの触れ合いが良いなぁ。いつぞやのテープの件を思い出してグッときました。
新しい設定も追加されて、未知の世界にワクワクしていた頃のハンタが戻ってきましたね。「この世界の天井が見えてきたんなら新しい世界を作っちゃえばいいじゃないか」的な発想にちょっと笑ってしまいましたが、やっぱ新章は超楽しみです。でもそろそろ休載して話を練る期間に入ってくれてもいいのよ冨樫先生……私ずっと待つよ……?

で。
クラピカああああああああああ!!(二度目)
うわあああんお帰りクラピカ!一時はもう二度と出番が与えられないままハンタが終わっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしてたよ!
クラピカの前に並んでるのは緋の目ですよね。なんか雰囲気的にマトモじゃない方法を使って集めてそうで怖いなー。レオリオの連絡に一切応じず、危篤だったゴンの前にも顔を出さずとくれば、レオリオやゴンに顔合わせできないような事をしたorこれからしようとしている、って事なのか……?
なんにせよ五体満足で生きていてくれたんで、それだけで嬉しいです。再登場時に既に目を失くしてるんじゃないかとか、旅団に殺されてるんじゃないかとか、そういう最悪の妄想はたっぷりしてたんで。
あ、でも、これっきりで終わらずにクラピカのエピソードがクローズアップされるようになったらもっと嬉しいデス。



しかしワンピのローさんかっこよすぎるだろう……。
今週のハンタはめちゃくちゃ面白かったけど、ワンピの今の章も凄く面白くて、Wの幸せを噛みしめ中。「スモやん」とかかーわーいーいー! ローもスモやんも早くルフィ達とかーらめ!

Posted on 2012/03/13 Tue. 04:04 [edit]

category: HUNTER×HUTER

thread: HUNTER×HUNTER  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

13

 

冨樫センセはもう休載してもいいと思うんだ……。
あ、でも、せめて休載に入る前にクラピカを一目見たいなーとか、ゴニョゴニョ。。。



今日、気紛れに見た「ダーウィンが来た!」でグッときましたた。
こういう作品って基本的に成功して生き延びた群れや固体しか見せないイメージがあったんですけど、今回の蟻編は容赦なかったですね。ひとつの群れが壊滅して喰い尽されるまでを描いてくれました。
子供のころは「シートン動物記」が愛読書だったんですが、そのシートン曰く、野生の世界では、老衰なんて幸せな末期はまず訪れないんだとか。歳を取って体力が落ちると真っ先に餌として狩り殺されるのが常なんですよね。その動物記では、どんなに頭がよくて体が強くてカリスマ的存在感を持った生き物でも、ほぼ必ず悲惨な結末が待っていました。オオカミ王ロボの野生の頃の栄光と、彼が動物園で餓死するまでの過程は未だに強く印象に残っています。
つい昨日も、「片目のオオカミ」というダニエル・ペナックの児童文学を読んでぼたぼた泣きました。誰よりも利口で賢いのに人間に捕らえられ死ぬまで檻の中で過ごすしかないオオカミと、誰よりも優しくユニークなのにアフリカの過酷な環境に押し流され続けた少年の物語。
彼らと比べ、私たち日本の人間は本当に特殊な立場に居るんだな、と。時々、強くそう思います。


Posted on 2012/03/04 Sun. 20:42 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。