12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ベルセルク 黄金世代篇Ⅰ 覇王の卵 

観てきました、ベルセルク劇場版第一弾。

ベルセルクの原作自体はそれなりに読んでる人間なんで、この劇場版の存在も前から知ってたんですけど、PVを見て「これはハズレかな」とか思って当初はスルーしてたんですよね。でも今回ちょっとした気紛れを起こして映画館に足を運んでみたところ、普通によく出来ててびっくり。っていうか寧ろかなり良い感じで、観終わった後「よし次も観に行こう」と思うくらい惹かれました。
いやー、ホントにベルセルクの魅力を分かってるなって感じの構成でしたよ。長い物語を無理なく纏め、且つここは見せなきゃって所は時間を取ってたっぷり見せる。
特に暗殺のシーンが凄かった……! 初めて無抵抗な人間を殺してしまったガッツの挙動も、胸を剣で貫かれて息絶える寸前の子供の姿も、真に迫った描写が本当に素晴らしかったです。暗殺→グリフィスの夢の話→グリフィスが不気味な表情をしてEND→次回予告、の一連の流れにもう燃えまくりました。

とまぁ、概ね満足だった劇場版でしたが、それでも「えぇーっ!?」と思った箇所がおよそ三つほどありまして。
・上映時間の短さ
・臓物成分の薄さ(原作比)
・CGアニメーション
……この三つがなぁ。
時間が短かったのは、まぁ製作の都合等もあるでしょうし仕方ないとも思うんですが、エンディングに入った時は「うっわ切りやがった!ここからが面白いのにちくしょう!!」と身悶え。それだけ引きがうまかったって事でもあるんですけど。
臓物成分ってのは、脳漿がどばっとか内臓がどちゃっとかいうあのベルセルク特有の視覚的な汚さというか生臭さの事なんですが、んー、まぁこれも仕方ないかなー。流石にあの大スクリーンで汚物が散乱するってのもそれはそれでアレな気もしますし。
だから上記二つはいいとして、問題は三つ目。
幾らなんでも浮き過ぎです。ファフナーやらマクロスFやらアクエリオンやらのロボットアニメがCGを使うのは寧ろ大歓迎なんですが、それを生身の人間でやられるともう違和感が半端ないのなんのって。武器や甲冑のような無機質なものならともかく、ゲームでもないのにCGで人間を描くのは本っ当に止めてほしいっす。2Dアニメーションのシーンがベルセルクの生々しさを見事に表現していただけに、人がお人形のように見えてしまうCG描写は残念でした。


……うーん、批判を書くときは饒舌になっちゃうなぁ。私の悪い癖だ。
いや、最初に書いたとおり総合的には凄く面白かったんですよ、この劇場版。続編も絶対観に行くつもりですし。楽しみだなー、ガッツとキャスカが接近していくシーン。

あ、それと特典の栞はゾフィスでした。かっちょえー。
P2012_0229_103557.jpg


スポンサーサイト

Posted on 2012/02/29 Wed. 20:53 [edit]

category: その他アニメ

TB: 0    CM: 0

29

HUNTER×HUNTER No.336♦解除 

えー、二か月以上更新が停滞してましたが、私はこうして生きております。ハイ。
精神的にだいぶ死んでましたがちょっとだけ生き返りました。んー、最近無気力感がひどくて何をするにも億劫なんですよね。やる気ってどうやって出すんだっけ……?
まぁでも何だかんだいって書きたい事が色々貯まってたりするんですが、とりあえず今日はハンタの話。


遂にアルカ編及び選挙編も終わりを迎えそうな雰囲気になってますが、何ていうか、うん、この終わり方は正直納得できないなぁ、ってのがあります。……いや、納得できないっていうより、もっと上を求めてたのにその遥か下で妥協されちゃって欲求不満になってる感じ。某所掲示板で「竜頭蛇尾」って表現を見て、ああうんまさしくそんな感じだわと思いました。この編が始まった当初はもっと面白くなると思ってたんだけどなー。
そんな感じでシナリオ自体にも不満があるんですが、個人的にもっと別に、読みながら心の中でゴリゴリしたしこりを感じてた箇所があるんですよね。
それは、“この編の主役であるキルアに感情移入できない”こと。
なにせアルカのキャラ描写が薄すぎるんですよ。見た目は凄く可愛いんですけど、ぶっちゃけ私が彼女(彼?)の内面に好感を覚えたのはナニカのためにキルアを叱り飛ばした今回が初めてで、それまで延々、なんでキルアがここまで必死になってアルカを守ろうとしてるのかさっぱり分からないし納得もできないまま読んでたんですよねー。
今回のナニカの内面描写のおかげでナニカの事は素直に好きになれたし、ナニカを大切にしてるアルカの事も好きになれた。でもやっぱりキルアの溺愛ぶりには納得がいかない。そんな心持ちなんで、今週のアルカとナニカのためにぼろぼろ泣くキルアのシーンはすっごいシラーっとした目で見ちゃいました。

……うん、でもまぁナニカは可愛いよ。キルアにもう二度と出てくるなって言われた時のあの三コマの表情にきゅんきゅんきました。くっそ可愛いなぁ可愛いなぁ、顔があんなな分ギャップ萌えの理屈が働いて尚更可愛く見えるぜ。
ただ、ハンタ世界の能力バランス的に、正直この子は正直いない方がいい気がするんですけどね。

あ、それと先週の話ですが、目的遂げちゃったぜ!?これからこの漫画どうするの!?……っていう気持ちはとりあえず横に置いといて、ゴン君おめでとうございます! ジンのセリフのドライさと温かさの混在具合が実に冨樫節だなーと嬉しくなりました。やっぱハンタの愛情劇はこういうさらっと風味の方が感動できるよ絶対。
あとチードルとパトスリンの関係はカップリングにするととても美味しs……ゴホン、何でもないです。


で、クラピカは?

Posted on 2012/02/21 Tue. 21:56 [edit]

category: HUNTER×HUTER

thread: 週刊少年ジャンプ全般  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。