12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#16 『悲劇への序章』 

沙慈君の存在といい今回のハーキュリーさんの言い分といい、良くも悪くも説教臭いアニメなんですよね、この作品。
因みに私は、00のそういうトコロが結構好きだったりします。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2009/01/25 Sun. 23:56 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 1    CM: 0

25

ネタバレ注意 

ヴェスペリアプレイは現在料理熟練度上達のために隠しダンジョンを延々ループ中。既にクラトスパパンの顔を三回くらい見ました。四対一で天使様ふるぼっこ!ロイドの父ちゃんふるぼっこ!
…正直もうあのダンジョン嫌になってきたんだぜorz



EDから数年後、エステリーゼがユーリ達の旅を実名を伏せて物語風に書いた『テイルズオブヴェスペリア』がテルカ・リュミレース全土でハ○ー・ポッ○ー並の大ヒット。
書いた本人は「この物語は私が考えた完全なるフィクションです♪」と公言するものの、ファンの間では歴史の裏で世界を救うために暗躍した黒髪剣士の主人公は実在していたのではないかという噂がまことしやかに囁かれたたり囁かれなかったり。
因みに真実を知ってるフレンとかヨーデルとかカウフマンとかハリーとかは本を読みながら苦笑い。変にヴェスペリアの名前が有名になったことでギルド・ブレイブヴェスペリアとして活動する度に「あのテイルズオブヴェスペリアと関係があるのか?」と尋ねられ、そんなまさかと毎回のらりくらりと交わすユーリ。

……妄想って楽しいよね。

Posted on 2009/01/24 Sat. 14:03 [edit]

category: TOV

thread: テイルズオブヴェスペリア プレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0

24

追記 

おっと、大事なことを書き忘れてた。



・ミレイナ超可愛い。
「惚れてはだめですぅ……」超可愛い。あくまでもティエリアとは×じゃなくて+ですよね監督。
ティエリアとどっちが年上なんだろう。ていうかティエリア幾つなんだろう。もしティエリアの方が年下だったりしたら相当に燃え上がるんですけど(何がだ?)(何かがだ)、イノベイターの年齢設定早く明かしてほしいです監督。

・マリーのパイスー姿超可愛い。
ソーマが着てるんじゃなくてマリーが着てるんだってところがツボ。いや7話でも普通に着てましたけど。ソーマも美人だけどマリーも可愛い。両者が同一人物ってことで色々と二乗化してる気がします。
ガンアーチャー、今回は乗らずに済みましたが、来週あたりでアレルヤと口論した挙句にマリーが説得勝ちして乗り込みそうな予感が。死ぬなよ…。

・OPEDでアニューが優遇されてて地味に悔しい。
OP裸祭ではソーマリーがEDでは姫がいないのに総じてアニューが居るのは何故なんだ、くそぅ10話からのポッと出のキャラのくせに生意気だ!可愛いけど!



00の女性キャラは揃いも揃ってとても好みで困ります。…嘘です全然困りません。
スメラギさんやカティさんみたいな大人の女性もいいですよね。あの刹那とマリナ様の二人の空間をシーリンが見たらどういうリアクションをしてくれたのか…、不在が残念。

Posted on 2009/01/19 Mon. 14:54 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

19

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#15 『反抗の凱歌』 

マリナ様と刹那の邂逅、ティエリアの毛布、神がかったEDの出来、の三大神器(?)のせいでテンションがヤバいです。
さて、いよいよ残り10話……。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/01/18 Sun. 23:09 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 1    CM: 0

18

 

TOMORROWTOMORROW
(2009/02/25)
マリナ・イスマイール(恒松あゆみ)

商品詳細を見る



シングル…だと…?何を血迷った日の出!とても需要があるとは思えな……、げふげふごほごほ。
や、買いますけどね。



あ、そうそう。今週のソレスタルステーションのゲストはマリナ様役の恒松あゆみさんでした。
最後爆死してましたが(笑)、お悩み相談コーナーの天のお声が神々しすぎるよ恒松さん……。

フェルト 「アドバイス射出準備完了、タイミングをマリナ様に譲渡」
マリナ 「了解」

入野君や高垣さんにナチュラルに様付けされてる姫様萌え。

Posted on 2009/01/14 Wed. 20:01 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

14

泪のムコウとマリナ様の歌について 

オープニング、改めて見ると歌詞とシーンのマッチがぱねぇ。
改めて、ワンシーンずつ突っ込んでいこうと思います。


・裸祭(笑)

00の女の子(『子』じゃない人もいますが…(汗))は例外なく可愛くてほんともう大好き。
しかしマリナ様・フェルト・ルイス・アニューという不思議なキャラチョイスなんですよね、此処。マリナ様とルイスは分かるんですが、ここにきてフェルトとアニューがピックアップされてマリーが除外されているというのが何とも意味深。
主役男性陣に対応するヒロイン、という意味でのチョイスではないっぽいので、フェルトやアニューがシナリオ上で前面に出てくる展開があるんだろうなと期待しておきます。いやでも、伏線敷かれまくってるアニューは兎も角、フェルトが前面に出てくる展開なんて来るのかなぁ…。
そしてあの蝶も、何かを象徴する意味があると思うんですが、何だろうなぁと首を傾げてます。姫とフェルトが手を伸ばして、ルイスが顔を背けて、アニューの手に留まるもの、…んー。

・男性陣

ライル・アレルヤ・ティエリア・沙慈・刹那と、沙慈君がめでたくメインキャラの仲間入りを果たした以外は特に捻りのないチョイス。それぞれのポーズにも特に深い意味はなさそうな気がします。


・刹那

捨てられたゴーグル、墓のように立てらてた銃、黄色い素朴な花、と主人公なだけあって刹那は小道具が豊富。舞い上がった花弁を見送る刹那の表情が印象的でした。花はマリナ様の暗示だと思うんですよね。姫が相手だと無表情がデフォの刹那が悲しそうな表情を見せることが多くて切ないなぁ。
コマ送りしてみると、一瞬マントが捲れて中で刹那が右肩を押さえている絵が見えました。本編でアリーの銃から赤い粒子が上っていたいたのにさっき気付いたんですが、あの銃で撃たれたせいで刹那もルイスやラッセみたく細胞障害患ったり右腕が使えなくなったりしたらどうしよう…。

・ライル

「降り続く現実に傘などない」の歌詞を映像にぴったり当て嵌めてくる演出がナイス。あ、それと、煙草に火を付けたあと傘を背負い直す仕草が、なんかこう、イイです。
駆けていくレインコートの二人組はライルとニールの暗示なのか、ニールとエイミーの暗示なのか。刹那やティエリアがニールの影響を多大に受けている反面、当の弟であるライルは今は兄の影響を見せることが殆どない状態なんですが、今後ライルがニールを意識するようなシーンは来るのかな、来てほしいな。

・アレルヤ

珍しい私服姿。もうマリーに関しては嫌な予感しかしないんだぜ…。
大佐-ソーマ-マリー-アレルヤの関係性の決着は近いうちに来そうな気がします。アレルヤという稀代のテロリストが絡んでいる時点でこのまま彼らが順風漫歩にいける筈がないのは分かってるんですが、この四者にはついつい幸せを望んでしまいます。

・ティエリア

脱いだ!ティエリアが脱いだ!(喰い付くな)
此処の数秒のシーンが意味深すぎてテンションがやばいです。場所がヴェーダルームなのも、後ろにリジェネとリボンズが映っているのも、何故かティエリアが苦しそうにもがいているのも、目が金色に光った瞬間表情が抜け落ちるのも、直後に同じ金眼のリボンズらが映るのも、深読みをしようと思えばいくらでも出来る絵なんで、後の展開への怖さと期待が半々な気分。少なくともイノベイター関係でもう一山来るのは確実でしょうね。
直後のリボンズのシーン、後ろにイノベイターのあのひらひら服を着たアニュー(多分)が居るのが気になります。一度イノベイターの方に帰るのかなぁ彼女。ってか今から彼女のドラマに割ける尺の余裕があるのかが一番気にn(ry


・戦闘シーン

ぐりぐり動くなー。これに肉薄するレベルで本編戦闘シーンも動かすんだから、00の作画は軽く週一アニメのレベルを超えてますよね。流石ガンダムブランド、予算もパネェぜ。
新機体・新武器っぽいものとかもちょくちょく出てたんですが詳しくないのでパス。特に気になったのは前OPでも出ていたセラヴィーの赤い十字架ですな。セラヴィーは色々と仕込みがあるそうなので本編お披露目が凄ーく楽しみです。セラフィム版トライアルシステムに期待。
しかし、イノベ勢の中で戦闘シーンで映ったのが唯一リヴァイヴだというのは何故…?


・ルイスと沙慈

「小さな窓にはあの頃みたいに青い空が映る」
あああ歌詞と映像のシンクロダブルコンボが心に沁みる…。ルイスが笑ってた、笑ってたよ……(泣)。
「こんな夢みたいなシーンは二度と訪れないんだぜ」的な監督の最上級の皮肉ではないと思いたいです。ルイスの手元にあるペン・手紙らしき紙・二枚の写真(何が映っているのかは不明)はどんな意味があるのか…。沙慈はすぐ後ろにいたので、沙慈当ての手紙ではないと思うんですが、他に彼女が手紙を送る相手なんているのかなぁ。
手紙といえば、ファーストシーズンでフェルトが天国のニールに向けて送った手紙はどうなったんでしょうね。何かの因果でルイス辺りの敵側に位置するキャラクターがフェルトの想いを読むことになるシーンが来たら素敵だなぁと思うのですが、監督、フェルトの手紙の存在覚えてるかな…(汗)。


・刹那と(多分)マリナ様の手

「誰かを悲しませた時、感じる痛み。忘れないように、そっと目を閉じて、泣いた。」
此処の部分の歌詞は刹那にかかってそうだな、と。マリナが望んでくれる道を自分は行けないけれど、戦いの道を選ぶ自分を悲しんでくれるマリナの存在を忘れたくないと想う、みたいな。
二人の手が触れ合う直前に画面が別のシーンに切り替わってしまう、という図がこの主人公ヒロインの関係を暗示してて良いなぁと思います。お互いに凄く強い影響を与え合う存在なのに、決して手を取ることも横に並び立つことも出来ない。切ないなぁ。


・ばらばらに歩いて行くマイスター

直後に別の道への軌道を辿る四つのGN粒子の軌跡というオマケ付き。
ただ、それぞれが自分の意思で違う道を辿っていくという風に見えるので、このシーンに関してはあまり怖いという印象は抱いてないです、実は。私的に一番怖いのはキャラクターの不幸フラグではなく死亡フラグなんで、寧ろこのシチュエーションは刹那達のそれぞれの固有の意志のようなものが垣間見えて喜んでいるくらい。
主人公たちのフィナーレはマイスターとしての決着ではなくそれぞれ一人の人間としての決着になるのなら、それはそれでいいんじゃないかな、とね。


・オープニングにいなかった人たち

ミレイナとか、コーラとか、スメラギさんとか、カティさんとか、アンドレイとか、カタギリとか。
普通、OPから除外されている=死亡フラグなんですが、今回の場合はただ単にメイン以外のキャラを入れる猶予がなかっただけの気が。前OPのようにジェットコースター映像でほぼ全員を詰め込むのもいいんですが、映像に緩急を付けるために焦点を絞るのもアリだと思います。出なかった人達もちゃんと本編で何らかの活躍をしてくれると思いますしね。




お次は特別ED。
姫様ファンとしては「何故あのタイミングで持ってきた」と脚本家の首根っこ掴んでがっくんがっくんしてやりたいくらいのシチュエーションで挟まれたアレですが(汗)、黒田さんが直々に歌詞を書いている歌らしいので割と意味のある言葉を繋げてあるんじゃないかなぁと思って歌詞書き出し。


失くすことが拾うためなら 別れるのは出会うため
さようならの後にはきっと こんにちはと出会うんだ
緑色芝生に 寝転んでいたい
動物も一緒に ごろごろしたい
今日はいいことが沢山あったから
明日もいいことが沢山あるように
お日様出て 夕日綺麗で
星に願い 明日が来る
どうして行っちゃうの 一緒に帰ろう


恒松さんの歌声、良いなぁ。
子供たちの声を温かで包容力のある声でリードしてる雰囲気が出てて関心しました。ホント、この声優さんはナイスキャストだと思います。
あぁ、アレがちゃんと刹那が手を止めてよかったと思えるシチュエーションであったら…。今後、この時相手を殺さなかったことがプラスに働くシーンでもあればまだ救われるんですが、よりにもよって相手はそういう可能性が一番薄いアリーだからなー……orz
歌詞に関しては、最後のフレーズ「どうして行っちゃうの 一緒に帰ろう」がちょいと気になりました。戦場に行こうとしている人を引き留める意味の歌詞だとは思うんですが、此処の「行く」に「逝く」の意味を掛けてるんだったら凄いなぁと思ったり。



それと、来週以降のED、決まったみたいですね。
よくは知らないんですが、一定数のファンがついているようなプロの歌い手によるしっとり曲なんだそうで、かなり楽しみにしてます。意味深な映像もどんどん来い!

Posted on 2009/01/13 Tue. 18:23 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 1    CM: 0

13

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#14 『歌が聞こえる』 

相変わらず大貫さんの絵は綺麗だなぁ。刹那の象徴的景色でもある廃墟の夕日をバックにした金眼リボンズの図の禍々しい美しさの表現がなんとも良い感じでした。
しかし何だろう、スタッフはひょっとしてマリナ様が嫌いなんだろうか……。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/01/11 Sun. 23:28 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

11

ムック届きました。 

機動戦士ガンダム00 300YAEARS LATER―ガンダム00が描いた300年後の世界 (講談社ヒットブックス)機動戦士ガンダム00 300YAEARS LATER―ガンダム00が描いた300年後の世界 (講談社ヒットブックス)
(2009/01)
不明

商品詳細を見る



まだ全部読んでないんですが、本編放送のある明日では記事が書けるかどうか分からないので、今のうちに簡易感想をば。

全66ページで、内半分近くが画像に費やされているという、やや1800円っつー値段に不満が残る気がしなくもないボリュームなんですが、記事内容は結構充実してます。
主にファーストシーズンの舞台を前提に、国家・軌道エレベーター・モビルスーツ・医療など、(GN粒子を始めとしたCB特有の技術を除き)あくまで21世紀現在の延長線上の技術として、現代の話を織り交ぜつつ丁寧に解説されていてかなり面白かったです。
まぁ殆どが、ただ本編を見る上では必要のないトリビア的なんですけど、00のディープなファンで尚且つそういう雑学が好きな人にゃこのムック本はオススメ。特に軌道エレベーターに関しては、倒壊防止用の仕組みや内部構造・素材・エネルギーの送電システムなどなど、かなり詳しく書かれてます。
逆に、最後の方に載っているCBに関する記事は、(此処はまだ最初の方しか読んでないんですが)かなりぼかして書いてある感じですな。イノベイターのことについても結構触れられてるんじゃないかと期待してたんですが、そこに関しても生物系の記事で超兵との違いにちょこっと触れられてる程度で、しかも「~なんだろうか?」という考察形式で曖昧にされてました。流石にネタバレになる内容は抑えてきてるなー、ちっ。

まぁそんなこんなで、00の設定の濃さを改めて認識させられる、中身のある本ではありましたぜ。

 

Posted on 2009/01/11 Sun. 01:27 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

11

『まりあ†ほりっく』簡易感想 

き た こ れ !!www

前知識0で見たんですが恐ろしくツボでした。設定が。
ホスト部といい、少女漫画ってこういう捻った設定使うのがえらく上手いんですよね。
昔、フルーツバスケット目当てで花とゆめっつー雑誌を買ってたことがあるんですが、そこでも何やら特異な女性向け設定持ってる漫画があったなー。確か、前世の記憶を持ってる男主人公が、前世で最愛の恋人(♀)・現世で友人(♂)な人と、前世で無二の親友(♂)・現世で幼馴染(♀)な人の二人の間で悶々とするような漫画でした。後者現代Verがすっげー可愛い子だったんで「おまえ昔の女は忘れて今♀な方を選ぶべきだろ常識的に考えて」と真剣に突っ込んでた記憶があります。
…話題が逸れました。ええと、まりあほりっく面白いねって話ですよ。
鞠也(マリアじゃなくてマリヤなのか…?)のキャラ最高。小林ゆうさんの本性演技がツボでした。このまま180度ぎゅるりと捩れた(要するに、結果的には元に戻る)設定を生かしつつシャフト節な感じでテンポよく突っ切ってくれれば相当に楽しめるアニメになるんじゃないかと。

そして自分でも薄々勘付いてはいたんですが、主人公の思考回路に妙に共感できてしまう私は真正のレz…………、いやいやいやまさか。



[追記]

ちょっとリサーチしてきましたが、鞠也にデレ期を期待してはいけないんだとか。ちっ。
私的な感覚ではこの手の作品はツンキャラがデレデレになると途端に話が面白くなくなるパターンが多い気がするんですが、過不足なく適度にデレを織り交ぜてきてくれたならドストライクで好みのキャラになりそうなのになぁ鞠也、ちょっと残念。
あ、因みに私の至上のツンデレキャラはラハール殿下です。
 

Posted on 2009/01/08 Thu. 21:43 [edit]

category: その他アニメ

thread: まりあ†ほりっく  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

08

ソウルイーターの話。 

正月休みにダラダラしすぎたせいか、ばっちり風邪引きました。微熱なんで家に閉じこもらなけりゃならない事態は回避できてるんですが、その分ずるずる不調を引きずりそうで怖いです。あー、ダルい。


アニメ版ソウルイーターがじわじわ原作から離れ出してますね。
それまでに積み上げられてきたフラグをきちんと生かしてあるみたいですし、原作では存在が忘れられて久しい鬼神さんもちゃんとストーリーに絡めてくれるようで、今のところアニメオリジナルストーリーは好印象な出来。
ただ、空回りしているキッド君の存在が、個人的な好きキャラでもあるだけにちょっと残念です。今更死武専が敵に回るわけがないでしょうし、彼のこのストーキング行為がシナリオ的にどういう意味を持ってくるのかが分かんないんですよね。
残り1クール、アニメなりにの綺麗な〆が出来ることを期待してます。


Posted on 2009/01/06 Tue. 20:38 [edit]

category: その他アニメ

thread: SOUL EATER -ソウルイーター-  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

06

そういや特番姫様出なかったな……。 

今日アニメ誌立ち読みしてきました。16話タイトルぎゃーーーーす!!


ついでに『機動戦士ガンダムOO 300 YEARS LATER 』なるものを予約。
某掲示板で存在と風評を聞き、ぼやぼやしてると売り切れそうなんで思い切って予約してみたものの、うっは高ぇ。SF考証とか凄い興味あるんで楽しみにしてるんですけど、果たして内容とボリュームはどうなることやら。
買ったら、せめて読み応えがあったか否かくらいの感想は書きます。


SFとは別に、今もやもやと累積してるセカンドシーズンへの疑問の公式回答どっかに来ないかな。
ファーストシーズンで出てきたヴェーダ至上主義っぽかったCBの監視者達は当のヴェーダがなくなっても援助してくれてるのか、とか、なんであんなにメンバーいるのに(ヴェーダに選出されていたフェルトなんかは兎も角)ミレイナみたいな子供が激戦区に出てるんだ、とか、まぁ主にCBについて色々、色々。

Posted on 2009/01/06 Tue. 00:04 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

06

機動戦士ガンダム00 特別番組 

ギアスのせいで戦々恐々として見たのに結構普通だった!!

ちゃんと00を見てる人が討論してて、基本清々しいまでに芸人に興味のない私でも普通に楽しかったです。勿論本編が流れてくれるにこしたことはないんですが、まぁ今週は正月休みということで。
ってか00はまだマシですよ、MBSだとクラナドとキャシャーンどんだけ待たされると…orz

しかし、それまで普通に00の特徴だとか好きなキャラクターだとかを討論してたのに、突如乙女座の人の特集が流れ出して吹いたw 私も00の世界にはツッコミが足りないと思うな!思えば刹那の「愛ィ!!?」は渾身のツッコミだった気がします。


基本的には今までのシーンのおさらいと駄弁りという感じだったんですが、番組ラストに水島監督から一言(本当に一言だけ)メッセージが。

「『軌道エレベーター倒壊』…か?」

……「か?」
…うん、考えてみれば如何にも壊して下さいって感じで建ってますよね、アレ。寧ろ一度壊さなきゃ建ってる意味がないだろう的なノリですよね(ぇ
もう既に私の目には、最終話エピローグでツインドライブの量子化を利用した外宇宙進出用の宇宙船に乗り込んで体が輝き量子化していく中でそっと手を繋ぎ目を閉じる沙慈とルイスの姿が映ってるんですが(気が早いわ)、自身の命を犠牲にして軌道エレベーター倒壊を阻止したトレミーメンバーの写真をルイスと繋いだもう片方の手で握り締めてる沙慈の姿が追加されました。
あはは、泣きてぇ。

Posted on 2009/01/04 Sun. 21:40 [edit]

category: ガンダム00(セカンドシーズン)

thread: 機動戦士ガンダムOO  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

04

折角なので0分更新。 


あけましておめでとうございます。
こんな辺境ブログのカウンターをこつこつ回して下さっている皆様、昨年は本当に有難う御座いました。自己満足のために更新しているブログではありますが、見て下さっている方がいるんだと思えるのは嬉しいものです。
出来れば来年もよろしくお願い致します、っと。


…さて、00終わったら此処どうしようかなー。あー寧ろ終わるとか考えたくもないなー。
今のところ特別楽しみにしているのはハガレンくらいなんですが、ガンガン本誌で原作既読なんで、感想が書けるかどうかは分からないです。他に何かツボに入るアニメがあるといいんですけどねぇ。
 

Posted on 2009/01/01 Thu. 00:00 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 1

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。