01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

STAGE18 枢木スザクに命じる 

えー。とりあえず、先週「スザクとユフィが嫌い」なる一文を書いたんですが、‥‥すみません衝動でした、撤回しますんで忘れてください。スザク好きさん、ユフィ好きさん、すみませんでした。嫌いになんかなりません。二人ともちゃんと好きですよ。



さて。本編の方は先週の総集編のワンクッションを置いた分を盛り返してくれるくらい、鳥肌モノの急展開でした。私的には、こういうのを待ってたんだよ!って感じです。しかし良いところで切られたなぁ。

新OPは気になるカットがいくつか‥‥

・背中合わせですれ違うスザクとルルが、向かい合う構図に二人がいよいよ本格的に対峙するor正面から向き合う展開を暗示?

・専用機っぽい黒ナイトメア登場今回のラストでルル達に攻撃したナイトメアと同一?

・オレンジ復活
生存を喜ぶべきか、すさまじい形相に衝撃を受けるべきか、マジで改造されていたことに笑うべきか‥‥。

・囚人写真
序盤のルルとスザクのを除けば、咲世子さん、ニーナ、シャーリー、扇さんの四人の面々。いずれも行動が気になるキャラばかりなので、楽しみにさせてもらいましょう。


本編の方は‥

・黒の騎士団新組織図発表
藤堂やラクシャータ達も、団員にしっかり組み込まれた様子。役職のないC.C.も、ルルーシュ不在の次回あたりにゼロ代理として指令出すくらいはやりそう。

・「わかった、わぁかったよ」
ゼロに対してこういう口利ける玉城の存在はある意味貴重かも。ゼロの正体が割れたときにコイツがどういうリアクションをするのかが非常に気になるんですが。

・零番隊隊長、紅月カレン
ゼロに傾倒するカレンはすごく可愛いのですが、同時に、それで良いのかなぁ、とも思うんです。ゼロ至上主義な彼女も私的にはアリなんですが、ゼロを信頼した上で、依存的にならずに彼を見ることの出来る存在になって欲しいなぁ、と。
でないとゼロに駒以上の存在として見てもらえないぞ、カレン。

・スザク騎士着任のライブ映像
一悶着あると思ったんですが、陰口は叩かれているものの一応問題なく騎士になれたんですね。ルルの思惑を知らないナナリーが素直に喜んでいるのが、ちと複雑。

・「ロイドさんが話は通したみたいですよ」セシル 「あの方に?」特派メンバー 「えぇ、私もお会いした事はないのですが」セシル
あの方ってシュナイゼル、ですよね?人種差別はしない人物のようで。また持ち前の強運で上司に恵まれたねスザク。

・真っ先に拍手をするロイドさん
他にも、スザクに難癖をつける軍人にチクリと一言言ってやったり、スザクを囮にする作戦を誰が立てたか悟って目を泳がせたシーンを見たりして、今回でロイドさんを見る目が変わったよ私。勿論マッドサイエンティストなきらいはあるけど、普通に良いお兄さんな感じがした。あれ‥‥?

・「意地か?それとも友情?プライドか?」C.C. 「‥‥全部だ!」ルルーシュ
おお認めた(笑)。自分が確固とした信念を持っている人間だから、ルルーシュは人の意志というものを神聖視してるんですね。だからギリギリまでスザクに自分の意思で生きる道を選ばせようとする。ああ健気なヤツ。

・「では私が変えてみせます!」ユフィ
ユフィも皇帝の座を狙うのか‥‥。しかもブリタニアのルールを変えるという目的で。‥‥ルルーシュと対話して欲しい。例え相容れなくても、一度面と向かって話をして欲しい。う~ん、次回に期待。

・皇帝がいる謎の神殿
OPのC.C.のバックにも出ているあの神殿のような場所、どう見ても宙に浮いてますよね。FFⅩでの「異界」のような場所なのかなぁ、と思うんですが‥‥。

・ロイドとニーナ
以前の「分裂した♪」はウランのことだったんですね。話のわかる相手に出くわした途端、急に凄い勢いで話し出すニーナ可愛い。この組み合わせ好きかも。

・「ゼロのためよカレン。ここでやらないと!」カレン
ゼロの為ならスザクも殺せるんですね‥‥。

・カレンとルルを見てムッとするシャーリー
シャーリー復活フラグと思って喜んでもいいですか?舞ってもいいですか?

・婚約者の登場に後ろを(多分ルルーシュの目を)気にするミレイ
ユフィを除いた女の子キャラは皆ルル(ゼロ)が大好きなのに、当のルルは誰にもなびかない。ノマカプ好きのこっちとしてはよりどりみどりで非常に楽しいんです。
それにしても、リヴァル哀れ。

・「大事なお客様が船でいらっしゃるんでね、お出迎えを。勿論ランスロットとユーフェミア皇女殿下も一緒に」ロイド
ロイドさ~ん、ゼロが後ろで聞いてますから~!

・「ユーフェミアが本国からの貴族を出迎えに、あの島にやってくる」ゼロ
実際には貴族どころの人物じゃないんですけどね。お忍びでわざわざ孤島にやってくるあたり、ひょっとしたらゼロの襲来を予見してたんじゃないでしょうか。

・「ゼロ!これで!」スザク 「おまえを!」ゼロ 「捕まえたぁ♪」ラクシャータ
この台詞の流れでゲシオンディスターバー?が発動する流れがすごくカッコいい。此処からラストまでの展開は燃えました。

・戦場に飛び込んでスザクを助けようとするユフィ
よくやったユフィ!いざというとき大胆な行動を取れるのが彼女の魅力ですね。この調子でいずれスザクを引っ叩いて欲しいものです。

・シュナイゼル登場
最後に悲しそうな顔をしているあたり、冷酷非道ではない感じ。けれど兵士や妹を犠牲にしてでもゼロを倒すための作戦を実行できる精神の持ち主のようです。成る程、これからルルが苦労しそうな敵ですね。

・「このわからず屋がッ!!!」
まったくだ。
理想に準じて死にたいスザクにとっては絶好の好機だったんでしょうけども。ルルがギリギリのリスクをおかしてまで生かそうとしたスザクが、自分の命を捨ててまでルルを殺そうとするんだから、やるせない。ユフィもルルーシュもナナリーも、本当にスザクを大切にしていて、スザクに生きてて欲しいと強く願っている。それを本人にもちゃんと理解して欲しいと切実に思います。

・アヴァロンからの攻撃
謎の少女(少年?)が一瞬映り、C.C.の目に重なるような演出でアヴァロン内のナイトメア?から何らかの力が発射。此処、思わず鳥肌が立ちました。
ルルーシュがギアスを使おうとしたことで何らかの(C.C.絡みの)力が働いたように見えたんですが‥‥。


・次回STAGE19「神の島」
俺のギアスは命じる力。誰も俺に逆らう事はできない。そして命じられた対象者は自分の倫理を、考えを、思いを踏みにじられる。そんなことは全てわかった上で、俺はスザクに‥‥
冷酷非道なフリをしながら、こういうことを悶々と考えてわざわざ不必要な苦しみまで背負うルルーシュが大好きです。
ところで、最後に笑っている人物が気になるんですが、多分今回の最後の方でワンカットだけ出てきた人物ですよね。C.C.の謎関連の新キャラかなぁ、どういう立ち位置になるんでしょう?

あにメディア次回ネタバレ↓(※かなり事細かに書かれてます)
ルルーシュとスザクが戦っている最中に現れたブリタニアの軍艦はルルーシュたちを目掛けてミサイルを発射してきた。ブリタニア軍の激しい攻撃を受けたルルーシュたちは、気を失ってしまう。しばらくして彼らが目を覚ますと、そこは島の海岸だった。その島の西側にいたスザクは、島の森を進む途中、カレンと出会う。カレンが黒の騎士団のジャケットを手に取ったとき、スザクはそのジャケットから、彼女が黒の騎士団の一員であることを知ってしまう。学校の同級生であるスザクに、隠し通してきた自分の正体を知られ、焦るカレン。同じ頃、島の東側にいたルルーシュは海岸を歩いていたユフィと出会っていた。ユフィはゼロの姿をしていたルルーシュにあることを問いかけるのだが‥‥。
スポンサーサイト

Posted on 2007/02/23 Fri. 02:53 [edit]

category: コードギアス

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 8    CM: 2

23

STAGE17.5 

「おまえはユフィを選ぶのか?俺達ではなく、ユフィを」


スザクとユフィが嫌いになりそうだ‥‥。ていうかルルを苦しめる奴は皆嫌いだ!と思うくらいにはルルが好きなんです。


「全力をあげて奴らを見逃すんだ!!」
コレをわざわざきっちり入れてくるあたりにスタッフのこだわり(遊び心?)を感じた(笑
「男女逆転祭、絶対無言パーティー、ネコ祭、オレンジデー。そこまでは許そう、言われれば付き合いもする。だが、あの小学生の日だけはっ!!」
ゼロ声でのこの台詞に笑。逃げずに(逃げられずに?)全部付き合ったようで。
「だからこそ、俺がゼロだと知られてはならない。そんなことになれば、この日常が壊れてしまう。守らなければならない。ナナリーのことも、ゼロの秘密も、ギアスのことも」
全てはナナリーのためみたいな言い方してるけど、ルルだって絶対楽しんでたし癒されてた。だからシャーリーのことであんなに苦しんだんだろうに。
「そう、全ては俺の計画の範囲内だったんだ」
仮面騒動の後で言われても説得力なし(笑
「頑なにルールにこだわるのも、ブリタニア軍人になったのも、全ては贖罪のため」
ルールに拘るのは贖罪というより自分の行為を正当化させるために思えるんですがね。ゼロのレジスタンス活動なんかが正義としてまかり通ってしまえば、父を殺しブリタニアの支配を受け入れた自分の行為が否定されてしまうわけですから。だから私はスザクが「軍に入りブリタニアの内部から変えていこうとする」行為を、自身のトラウマに触れないように掻い潜った上での苦肉の策であまり肯定できない行動、として捉えてるんです。だから先週藤堂さんに肯定されたときは「あれ?」と思ったんですが。
「俺は、いつまでもナナリーの傍にはいられない。今の計画が順調に進めば、俺はいずれ‥‥」
死ぬとか言わないよね?学校から消えるってことだよね(否そっちも充分に悲しいことだけど)。自分の死も計画に組み込んでるとか、そういう意味じゃないよね?ね!?
「ユフィ?スザクがユーフェミアの騎士になる?これはどういう事なんだ!」
ルルーシュにとっては、ランスロットのパイロットだった以上の裏切りに思えるんでしょう。またもブリタニアにナナリーの幸せになるはずの存在を持っていかれたわけですから。しかしユーフェミアをユフィと呼ぶくらいには仲が良かったんですね。ユフィも父の為政を良く思っていないようなので、決定的に敵対する前にルルとユフィの対話が欲しいなぁ、と思います。
「奥の手はある。だが、必要ない。俺は既に勝利を手にしているのだ。あの白兜のパイロットがスザクだとわかった以上‥‥」
もう何か考えはあるんでしょうね。ナイトメア戦では最強でも、パイロットの素性が割れれば色々対策は立てれますし。面と向かって銃を突きつけても返り討ちにあいそうな身体能力は持っていますが、ルルーシュなら嵌めて殺すことは簡単でしょう。やらないだろうけど。

・次回「STAGE18 枢木スザクに命じる」
「柩木スザク。あいつが俺の敵?ナナリーを守るべき男がユーフェミアの騎士。黒の騎士団の陣容が固まったとはいえ、俺は決められるのか?それすら踏まえねばならないのか。世界を、俺が望む形にするために」

いつものように雑誌あらすじ投下。何故か次回の分は盛大ににネタバレされてます。
NTネタバレ↓
スザクは、弱者を犠牲にしながら戦い、支配地を増やすというブリタニア帝国の方針を内部から変えるべく、ブリタニア軍に志願した。「人々を守り抜く」という強い意志と優しい心をもつ彼は、ブリタニア第3皇女のユーフェミアに認められ、やがて彼女に仕える騎士に昇格。その報は民間人の間にも伝わった。そんなとき、黒の騎士団で諜報活動を担当するディートハルトは、ゼロに対しスザクの暗殺を進言。日本人のスザクがブリタニア帝国に従う光景は、黒の騎士団や日本解放戦線などの帝国反対派にとっては都合が悪いというのだ。その話を一緒に聞いていた黒の騎士団のメンバーたちは‥‥。
メージュバレ↓
ある日、ルルーシュはC.C.から、スザクにギアスをかけるように提案されるが、その提案を拒否する。その後、ルルーシュは黒の騎士団を率いてユーフェミアに奇襲をしかける。一方、ユーフェミアの危機を知ったスザクはランスロットに乗って出動するが、仕掛けられた罠によって、ランスロットは身動きが取れなくなってしまう。スザクにランスロットから投降するように命じるルルーシュ。しかし、スザクは決してランスロットから降りようとしなかった。ルルーシュとスザクの膠着状態が続く中、二人の前にブリタニアの軍艦が現れた。

Posted on 2007/02/16 Fri. 10:39 [edit]

category: コードギアス

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 6    CM: 0

16

STAGE17 騎士 

このいいところで総集編かこんちくしょうっ!!!


えー。とりあえずストーリーは予想範囲内のイベントが殆ど。
でも切ない。すんげぇ切ないよ。

2/10修正
気になった所をダーっとメモ。

・「物語は必要だからな」
お互い仮面を被っていない素に近い状態で出会って別れ、色々あって斜めに成長してしまって仮面を何十にも被った17歳で再会。運命の悪戯ってやつですね。
・ラクシャータ到着
ディートハルトといい、藤堂といい、ゼロの周りにはどんどん人が増えていく。でも本当に傍にいてほしい人たちは少しづつ離れていってるんですけどね。
でも思ってたより甘ったるい声をしてるんでびっくりしました。イメージとギャップがあったんで最初は戸惑ったんですけど、これはこれで良いかも‥‥(何が)
・パイロットスーツ
生存率が上がる、って単に耐久性があるってだけじゃなくて胸の紋章にも関係してるんじゃ、とか疑ってみても良いですか?
・師弟
この二人師弟だったんじゃないかなぁ、とは思ってました。まさか的中する日が来るとは思いませんでしたが。道場が枢木神社の直ぐ下にあったので、藤堂はルルナナと会ったこともありそうですね。
・ゼロと藤堂
誇り高い(ように見える)死を選ぶか、惨めに足掻く生を選ぶか。ルルーシュの生き方は後者。
藤堂にとって今までにないタイプだったんでしょうね。むしろゼロの方が奇跡(という名の戦術的勝利)を起こす側ですから。どうやら気に入ってもらえたようで、完全に黒の騎士団の傘下に入ってくれそうです。
それにしても、その台詞をスザクにそのまま言ってやってほしい。
・挿入歌
微妙。っていうかこの作品にゃ合ってない気がするんですが。気がついたら終わってたし。
・ナナリーの騎士
離れることは覚悟してたんですね。切ない‥‥。しかし離れて大丈夫かな。ナナリーではなくルルーシュの方が危なそうな気がするんですが。精神的に。
ところでセシルさん、スザクを呼びに来た際にルルーシュ(とナナリー)の顔を見てるんですよね。今後の伏線かなぁ、と勘繰ってるんですが‥‥。
・「私が騎士とするのは、あそこにいるあのお方」
しちゃいました、騎士宣言。
うん、ユーフェミアは好きですよ。打算的な政界に甘んじず、自分の目で戦場やゲットーを見ようとする彼女は好きです。でも私は兎に角ルルーシュが一番なんで、壊れ気味なルルーシュに追い討ちをかけそうなこのタイミングは辛い。
でも、ユフィがスザクの死に逃げない理由になってくれるのなら、それも良いかと思います。ユフィが、って所がちょっと悔しくはあるんですが。(ルルorナナリーであってほしかったな!)
・白兜のパイロット発覚
基本的に私はルルーシュ本位でこの番組見てるから、なおのこと切ない。一方通行だもんなぁ。スザクは何も知らないのに、ルルーシュだけが知ってるのって残酷だ。生きる目的であるも同然の妹を託そうとしたほどの相手なのに。
どうするのかなぁ、これから。やっぱりスザクでも容赦なく排除しようとするんだろうか。今までのルルじゃ無理だと思う。最後タカが外れたみたいに笑ってたし、次々週の放送でどっか壊れてないといいんだけど。
スザクだって知れば「僕はあなたの敵です!」なんて言ってられないと思うんだけどなぁ。ああすれ違いがもどかしい‥‥。
・「頑張れ!白の騎士!」
と叫んでいるマスコミがいたのですが、皇族であることをバラした(orバレた)後は、ゼロも「黒の騎士」と呼ばれるようになるんでしょうか。


次回STAGE17.5「仮面の真実」

俺の友達、スザク
空白の7年で何が奴を変えたのか
いや、俺が “ゼロ” になり、奴がまた別の仮面を被ったというだけだ
あの夏の日から、俺たちはこうなる定めだったのだろう
だが俺は勝つ!
敵が誰であろうとも


うわもう新番組の予告やってるよ寂しい!



うっかりアニメディアを買ったら向こう3話のネタバレ(総集編含まず)がやたらと細かに書かれていて焦りました。や、見ましたけどね。全部。
気になるシュナイゼルの性格も少しだけ、ほんの少しだけ言及されてました。簡単に言うと「良い人」で「フェミニスト」らしいです。意外。

Posted on 2007/02/09 Fri. 03:32 [edit]

category: コードギアス

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 3    CM: 0

09

STAGE16 囚われのナナリー 

つ め こ み す ぎ だ!





・幼少の三人

屍の群れの中でのスザクの涙の本当の意味に、スザクが「これは俺のせいなんだ」と言おうとしていたことにルルーシュは気づけなかった。予告の「あの時、俺が向き合ってさえいたら」は此処に掛かってるんでしょう。

しかし、ナナリーに状況を悟らせないようにする為に10歳の子供でありながら死体の間を顔色一つ変えずに歩いていくあたり、この頃のルルーシュは本当にしっかりしているというか、今より真っ直ぐで強かな感じがします。7年経って変な風に歪んじゃった気が‥‥。


・マオ生存 囚われのナナリー

一命を取り留めたらしいマオ。‥‥不死じゃなかったのか。
逮捕されブリタニアで治療されてから脱獄してきたものと思われます。

それにしても、縛られたナナリーの写真を囲むように置かれた折鶴の存在が気になります。
折鶴はナナリーが絡むシーンでちょくちょく出てくるんで多分ナナリーは千羽鶴を折ろうとしてるんだと思うんですが、ナナリーが千羽鶴にかける願い(「優しい世界になりますように」とはまた別のもの)が今後重要なシーンに使われるんじゃないかと妄想。


・ミレイのお見合い

どうやらロイド自身がお見合いにミレイを指名したようですが、なんで?
本当に惚れたとかそういうオチじゃなければ、何か(特にランスロットとか研究に対すること)に利用しようとしてるんじゃないかと思うんですが、それにしても何で没落貴族のアッシュフォードなのか。
このお見合いは実はロイドの上司シュナイゼルの指示で、そのシュナイゼルはルルーシュたちの生存を知っていてアッシュフォードを掌握することでルルーシュを何らかの理由で利用しようとしているのでは!?‥‥とかは穿ちすぎですかね?


・生徒会の人間模様

何がびっくりって、あのシャーリーの恋心にすら気付いてなかったルルがリヴァル→ミレイに気付いてたとこが吃驚(違
面白いリヴァル(ぇ)とあらぬ方向に思考を飛ばすニーナとどうでもよさげなカレンと何気にお見合いを「そんなこと」と言い切るスザクが良い。

前回の「君がいない」といい今回といい、ほんとルルーシュが好きなんだなスザク(いや変な意味ではなく、‥‥多分)。学校に来ている目的の3分の2はルルーシュとアーサーで占められているに違いありません。

ニーナの妄想はユフィに向けられたものでしょうが、ミレイの見合い自体にも不満顔っぽい感じ。
ていうか私、ニーナの好みが理解できる‥‥。いや流石にそっちの気は無いですよ。無い、んですが。
自分にコンプレックスを持ってるから、ミレイやユフィのような強くてカッコよくて自分を守ってくれそうな女性に憧れる、っていう気持ちが分かるんですよ。異性に興味ないなら尚更だろうし。う~ん‥‥。

ていうかあの放送は何だ、遊びすぎだよ放送部(笑)

・ヴィレッタ

どこの新妻だぁぁっ!
ごめんもう可愛い。この人可愛い。記憶戻らないで!
しかし「ブリタニアが怖い」ってことはブリタニア人じゃないんでしょうか。肌褐色だし。


・ルルとスザクの共闘

ルルにない運動神経で状況を打破し、動転して周りが見えなくなっているルルをフォローするスザク。息ぴったりの良いコンビ。
両極端なこの二人が共に戦えればもっと色々楽になるだろうに、共闘はもうまず見られないでしょうね。


・皇女姉妹

そうじゃないかとは思ってたんですが、やっぱり仲良いんですねこの兄弟姉妹たち。微笑ましいような切ないような。
ライバルですか。きっとクロヴィスが一方的にライバル視しててルルーシュはそれを嬉しさ半分ウザさ半分(ぇ)で相手してたんだろうなぁ、と膨らむ妄想。


・ルルーシュ

水音に気付かない爆弾に気付かない焦るコインにびびる叫ぶ尻餅をつく。おまけにマオに掛けたギアスは死ねではなく「おまえは黙っていろ」。ルルーシュ、テンパりすぎ。ドサって尻餅つく音がなった時、気絶したのかと思いました。
ナナリーを中心に回るルルーシュの世界。ナナリーが死んでルルーシュが壊れるor復讐の悪鬼になるって展開もあるかもしれない。‥‥実現して欲しくはありませんが。


・自分にギアス

自分がどう考えてどう動くのか、悲鳴を上げて半乱狂になることまで予想済みのルルーシュ。自分のことをよく理解していますね。それだけルルーシュという人間がシンプルってことでもあると思うんですが。

しかし此処で使っちゃうんですね、勿体無い。
シャーリーの一件以来、最悪なことが起こったときには忘却に逃げるって手もあるなぁ、と思ってたんですがこれでルルーシュはもう何が起きても何をしても忘れられないわけですね。


・咲世子さん

警察にも知らせずに二人でナナリーを助けようとするルルにあっさり協力するということは、彼女も皇族のことを知っているんでしょうね。
ていうかこの人早く動いてくれないかなぁ。すごい楽しみなのに。


・スザクの過去と軍に入った目的が発覚

父を殺した自分を、誰も断罪してはくれなかった。ファフナー的なトラウマだなぁ。スザクの方がスケールが断然大きいけど。
理想的な死に場所を探していたわけですね。だからガスマスクをルルーシュに被せた。ルルーシュを庇って命令違反を犯した(#2のロイドの「ざ~んねんでしたぁ天国に行きそびれたね」はそんなスザクを判ってて言ったのかそうでないのか)。ゼロの手を拒んで法廷に戻った。崩壊するタワーに飛び込んだ。無茶な作戦を躊躇わずに敢行した。
‥‥それでもまだ生きてるあたり相当悪運が強いですね、スザクも。


・マオ、C.C.の手で死亡

死ぬことによって瞳からギアスの紋章が消える、能力からの開放を暗示させる演出にはグッときました。トドメをC.C.自身が刺したのも良かった。ルルーシュにやらせるのではなく、やはり彼女自身の手で終わらせるべきだと思うので。

そして、不老不死の筈のC.C.は、マオに「先に行って待っていろ。死への世界で」と語りました。
元々不死ではなくいずれ終わりの来る命なのか、または終わることのない自らの運命を曲げて何らかの方法で死ぬつもりなのか。
後者だとすれば、それがC.C.が契約時に言っていた願いなのかもしれません。与えられたギアスが発展していけばいずれC.C.を殺せるようになる、とか。




次回STAGE17 「騎士」

俺は愚か者だ
結局マオに契約のことは聞けないまま
そしてスザク
何故再会した時に!
いや違う、昔からあいつは伝えようとしていたんだ
あの時、俺が向き合ってさえいたら


・普通にナナリーと笑っているスザク。虚勢でしょうか。こいつも仮面被るのは上手そうだからなぁ。
・よっしラクシャータ登場。カレンのコスの紋章からしてギアスに関係があるかもしれません。
・愕然とするルル。ナレーションを聞きながら見るとランスロットの中身を知ってしまった感じですが、果たして‥‥?


NTネタバレ↓
日本解放戦線のメンバー達は、ブリタニア軍に捕らえられた同士・藤堂中佐を救うべく、黒の騎士団に協力を依頼した。

Posted on 2007/02/02 Fri. 02:47 [edit]

category: コードギアス

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 4    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。