03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

手探り。

半ば絶チル感想ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ロックマンゼロ4 プレイメモその2 

どう考えても被害に遭ってるのはレプリロイドの方なのに、当の人間はレプリロイドこそが悪で野蛮な奴らなんだと心の底から信じてしまっている。……情報操作って怖いですよね。それが自分にとって心地良い情報であればあるほど、安易に信じ込んでしまう。色々と自分にも思い当たるフシがあって心がチクチクします……。

アルエットも今回はお仕事を任されてるんですね。4でのこの子の担当は新型サイバーエルフの管理。
サイバーエルフの名前は、あえてアルエットのを断って皆に聞いて回ってみました。ダメ出しされて凹む皆の反応が可愛いったら。そしてオペレーターさんのネーミングセンスが独特すぎる。
一通り皆をからかった後、最後にはシエルさんのネーミングで決めました。…そこ!贔屓とか言わない!
名前はシャリテ、意味は博愛だそうです。

今回はエルフのシステムも一新されていて、一匹の特殊なエルフを相棒にする形になっているようです。
話しかけると「ミッ、ミミミ‥」。…うわぁベビーエルフを思い出してちょっと凹。この子はちゃんと育ててあげよう、うん。



さ、ストーリーを進めていきましょう。
エリア・ゼロをバイル軍が襲うという情報を手に入れたゼロは、人間たちに警告するために、徒歩で人間の居住区に向かいました。そしてそこでゼロとシエルさんは、自分と人間たちとの空恐ろしい認識のズレを目の当たりにすることに…。

「‥‥フンッ、またレプリロイドどもの争いか」
いやいやバイルは人間だからね?あと何か他人事みたいな顔してるけど襲われるのはあんたらでこっちは救助に入ってるだけだからね?
「あんたらは自分たちレプリロイドのために戦ってるんだろうが、一体どれだけこの地上を傷めつければ気がすむんだ?」
いやいや事の発端は人間だからね?それはこっちの台詞だからね?
「お前たちレプリロイドの戦いでこれまでも多くの人間が巻き込まれてるんだ」
逆だ逆!人間の暮らしを守る為に沢山のレプリロイドが巻き添えになって死んでいったんだっつーの!

――なんてこの場でこの人達に言ったとしても、多分聞いてもらえないんだろうなー。
この人達は、沢山のレプリロイドが無実の罪で殺されたことも、シエルさんたちが生きるために仕方なくレジスタンス活動をしていることも、もしかしたらエネルギー不足問題が起きてることすら知らないのかもしれないですね。コピーエックスがそういう都合の悪い情報は徹底的に隠してきたんでしょう。
そうやって自分たちに都合の良い情報を信じ込んじゃってる人に「それは違うんよ、本当はこうなんだよ」なんて言っても、多分「またレプリロイドが何か言ってるよ」とか言われて終わりで、信じてもらうのはきっと凄く難しい。だから真実を知ってもらうためには時期と機会を待たなくちゃいけない。……シエルさん頑張れ、マジ頑張れ。




・ミッションその3

しかしこんな言われたい放題されてもなお影から人間たちを守ろうとするシエルさんマジ聖母。
当然人間達だけでエリア・ゼロが守れる筈もないので、ゼロたちもミッションを組んでバイル軍を叩きに行くことに。早速8つのミッションが表示されましたが、今回はミッションは左下(南西?)から順にやっていきたいと思います。

まずは爆薬を積んでいる潜水艦を叩く『しんかい』のミッション。
どうやら、海の奥深くーにまで潜って直接潜水艦に潜りこむという荒技を使っていくようです。ゼロさんマジ万能。
水圧が高いので、ゼロのボディが耐えられる140秒間の制限時間が付くステージ。迷路になっていて迷い易い構造になってますが、単に潜水艦の扉を見付けるだけなら適当に進んでれば着いちゃうのでそんなに難しくはないです。しかし、取れそうで取れないあの謎のチップが…!あそこへ行く道がどうしても見付けられない…!

そして中ボスが早速めちゃくちゃ強いんですけどぉおぉ!!
まだ1ステージ目なんで属性チップもないですし、コツコツセイバーやバスターを叩き込んでいくしかないんですが、コイツ地味にHP高いんで苦労しました。
氷の矢を避けるのもしんどかったですけど、一番大変だったのがあの掴み攻撃。カラクリが分かれば簡単なんですが、最初の頃は一体どうやって避ければいいんだろうと無駄な工夫を重ねてはティウってました。単に攻撃して相手の行動を止めれば良いだけだったんですね…。

ステージ後半の雑魚の配置も中々嫌らしい感じでしたが、何とか乗り越えてボス部屋に到着。
ボスは元ファントムの部下、テック・クラーケン。主の仇を討つために、屈辱を飲んでバイルに仕えているんだそうで。
「我、復讐の刃なり!」 ボイスかっちょいいなぁ。でも弱いなぁ(笑
技の大半が落ち着いていけば簡単にかわせるものばかりなので、冷静に見て冷静に避けていきましょう。ファントムを彷彿とさせる手裏剣飛ばしは近付いていると避けにくいので、ちょっと距離を取ったポジションを取るほうが良いかもです。ほい撃破。正直中ボスの方が強かったよ!

とりあえず、ファントムを敬愛してるんなら、復讐は兎も角人間を見捨てちゃあ駄目ですよークラーケンさん。自覚はあるみたいですけどね。
でも渋くてカッコ良いキャラでした。合掌。

ミッション 20P
クリアタイム 16P
ダメージ 13P
エネミーカウント 14P
リトライ 12P
ウェザーレベル 10P
エルフ 0P

---

トータル 85P
アベレージ 83P
レベル B
コードネーム カンゼンシュギのセンシ

「やっぱり‥私達が戦うと悲しむヒトが増えてしまうのかしら‥」
うん、でもそれを謝ったりしちゃあ駄目だからねシエルさん。




・トレーラー徘徊

アルエット 「私ね‥。大きくなったら、エルフを研究する人になりたいな」
お、アルエットの夢はシエルさんみたいな研究者か。
なんとなく、この子は(精神年齢的な意味で)大きくなったらシエルさん2号みたいになりそうな気がします。

今回のイロンデルは説明書のない私には色々と親切な存在。
ほうほう、今回は衛星軌道上にあるウェザーチェンジングマシーンを使って天候を変える事ができて、ボスの一部の技は天気によって封印することもできる、と。あ、ってことはリザルトにあったウェザーレベルってのは天候のことなんですね。あえて不利な天候にすればリザルトで10P加算される訳だ。
…しかし凄いなー、ただの一レジスタンスが天候を自在に操れるなんて。何かもう色々凄いなこの組織。

名前もないのに4でシエルさん同行メンバーとして出世できたおじ様、ちわっす。
「聞くところによると、イロンデルさんは‥、世界を旅するために予備のサブタンクを持っておられるようです。Sクリスタルというアイテムを開発することができれば交換してくれるみたいです」
イ ロ ン デ ル ! おまえふざけんなよ毎度毎度戦場に身一つで飛びこんでるのはゼロなんだぞそれ寄越せ!寄越せ!いやマジで下さいお願いします!
…はぁ、サブタンクが欲しい。結構切実に欲しい。Sクリスタルかー、レシピ探さないとなー…。



・ミッションその4

次は深海の北にある『じば くいき』。…思わず自爆域とか読んじゃいそうですが、『磁場区域』です。
環境維持システムが磁場でダメになる前に、磁場を発生させているバイル軍の施設を無力化するミッション。天候はあえて雷でいきます。何事もまずはチャレンジ。

あーそっか、ゼロも金属製だから磁力に影響されるんだ。
このステージでは、ゼロが帯びている磁力とその場の磁力が同じなら反発しあうせいでジャンプ力が高くなり、逆にゼロとその場の磁力が違えば引き合うせいでジャンプ力が落ちちゃうそうです。操作キャラがロボットであることを利用した面白いギミック。
しかしステージが難しい…。ホント絶妙なポイントに敵が配置されていて鬱陶しいのなんの。これはもう雑魚の出現ポイントを覚えて、敵が見える前に対処するしかないですね。いやロクゼロはいつもそんな感じなんですけど。もうほんとドSだわこのゲーム。
あと、私、あの棒に掴まるの苦手なんですよね。咄嗟に上を押すことが中々出来なくって、ステージ後半ではよく上から行こうとして落下してました。だってこのゲーム今まで方向キーの上を押す機会がなかったじゃないですかー、いきなりそんなのやれって言われたって順応の遅い私じゃ無理だってー!

そんな感じで四苦八苦しながら辿り着いた今ステージのボスはミノ・マグナス。あの喋るのがやたらめったら遅くて仲間に怒られてたヤツです。
しかし、今作のボスもバイル八神官に負けず劣らずの個性派揃いっすね。あんまりにも喋るのが遅いので、無口なゼロまでもが途中で台詞を中断させて有無を言わさず戦闘に突入。
…そして強い!見掛けに寄らずにこれがまためっさ強い!あの分離攻撃どうやって回避するの…分からないよ…。
結局回避方法の分からない技を幾つか残しながらゴリ押しクリア。悔しいなー2周目でリベンジしてやる!

因みに敗北時のコイツの台詞は「‥やったど‥‥‥、‥‥やったどーー!‥‥オラの‥‥、‥オラの‥‥‥、‥勝ちだどーーーーー!!」 ――くっ、こいつ地味に可愛いな。


ミッション 20P
クリアタイム 6P
ダメージ 10P
エネミーカウント 15P
リトライ 15P
ウェザーレベル 0P
エルフ 0P

---

トータル 66P
アベレージ 78P
レベル B
コードネーム レイケツのケンシ

冷血の剣士…、おお何か厨二っぽくてカッコいい。
ってあ!リトライした後天候変えるの忘れた!


スポンサーサイト

Posted on 2010/11/10 Wed. 00:12 [edit]

category: ロックマンゼロ4

thread: ゲームプレイ日記  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 3

10

コメント

 

まともな方がいて嬉しいです。僕も4の人間達にはうんざりしていました。
そして4のドラマCDのゼロにも…。
スレ眺めててもあまりこの手の話に突っ込む人がいないので理解してない方が多いのかなと思ってました。
本当に人間達の言ってることが不可解ですよね。ゼロが救助に来た時もネージュに罵倒される始末。
本当にレプリロイドと人間の為に戦ってくれた人間はシエルだけなんです。
なぜネージュが善人というか正論言ってる風なのかわかりません。レジスタンスを見殺しにしたのは人間なのに。
コピーエックスを倒したのだってネオアルカディアが無実の者を殺そうとするからだ。
何も言わず見殺しにしたネオアルカディアの人間達に文句を言える道理は通らない。
そもそもバイルの件も主さんのおっしゃる通り自業自得だ。
本当に4の人間達には不可解な点が多い。救助されたのを目の当たりにしたのに罵倒するとは理解できない。

URL | 名無し #- | 2014/05/16 04:12 | edit

 

まともな方がいて嬉しいです。僕も4の人間達にはうんざりしていました。
そして4のドラマCDのゼロにも…。
スレ眺めててもあまりこの手の話に突っ込む人がいないので理解してない方が多いのかなと思ってました。
本当に人間達の言ってることが不可解ですよね。ゼロが救助に来た時もネージュに罵倒される始末。
本当にレプリロイドと人間の為に戦ってくれた人間はシエルだけなんです。
なぜネージュが善人というか正論言ってる風なのかわかりません。レジスタンスを見殺しにしたのは人間なのに。
コピーエックスを倒したのだってネオアルカディアが無実の者を殺そうとするからだ。
何も言わず見殺しにしたネオアルカディアの人間達に文句を言える道理は通らない。
そもそもバイルの件も主さんのおっしゃる通り自業自得だ。
本当に4の人間達には不可解な点が多い。救助されたのを目の当たりにしたのに罵倒するとは理解できない

URL | 名無し #- | 2014/05/16 04:14 | edit

返信です。 

で す よ ね !

なんか昔の途中で止めちゃったプレイ日記にコメント付けて頂いて何というか、……すいません。コメントありがとうございます。

人間は何も知らない、というかレプリロイド側の事情に何の興味もないんでしょうねー。基本的に見下してるから、人間より劣悪な環境に置いてるのも、無償奉仕されるのも、当たり前だと思ってそう。すごい無意識レベルで。
ただ、そーいうこっちの事にまるで興味ない、悪意はないけど残酷な人たちに、どうやって自分達の話を聞いてもらうか。っていうのが4のテーマなんでしょうね。
正直、なんでレプリロイド側がだけが譲歩してこんな苦労せにゃならんねん!……とは思いますけど。

URL | 藍(管理人) #- | 2014/05/22 08:29 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanesi.blog61.fc2.com/tb.php/695-8ba383ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。